金融取引および金融テクノロジーの開発スペシャリストであるMark Sulavka氏がIOTA財団に参加

Translate this article into English

シェアする

Mark Sulavka氏はAquilon Holdingsのマネージングパートナーであり、特許取得済みのlimbo-thalamo-corticalアルゴリズムに基づく人工ニューラルネットワークシステム(脳機能に見られるいくつかの特性を計算機上のシミュレーションによって表現することを目指した数学モデル)のExascale AI共同創業者兼会長です。このExascale AIは2018年第3四半期に開始が予定されています。

Mark Sulavka氏は、SEC登録の証券取引所および自主規制機関(SRO)であるNational Stock Exchangeの元会長兼CEOであり、MatchPoint Tradingの共同創設者およびCTO(最高技術責任者)です。

このMatchPoint Tradingは株式ポートフォリオをベースとしたコール市場(金融機関同士が短期の資金を融通し合う市場)のマッチングシステムなのですが、これは独自の賃貸しコストのマッチングアルゴリズムを使用しており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でも採用されました。

Mark氏は、メディア機関であるバイスメディアが保持するStarworks Groupと、次世代のAIおよびデータプラットフォームであるAISHAREの諮問委員会にも従事しています。

Mark Sulavka氏は、500社以上の企業、ファミリーオフィス(資産家のファミリーの資産管理を行う組織)、機関投資家向けに、50以上のテクノロジーと投資の査定を行ってきました。彼は、世界金融市場における卓越した技術分野での首脳部であり、革新的なリーダーおよびチームビルダーとみなされています。

Mark氏は、25年以上にわたり、エンタープライズソフトウェア(企業向けソフトウェア)と、国際取引およびリスク管理に関するプラットフォーム(コンピュータの基礎部分)の開発を主導し、時間厳守で予算よりも低コストに済まして機知をもたらし、一貫した実績を実証してきました。

彼はまた、為替やグローバル資本市場の首脳部、金融市場の規制委員であり、売り買い両方のサイドでの、FX、OTCおよび為替デリバティブ(金融派生商品)の国際レートの裁定取引(金利差や価格差を利用して売買し利鞘を稼ぐ取引)を専門とした元トレーダーです。

これらの重要な経験も彼はもたらしてくれます。彼の幅広い経験は、今日の変化する市場構造と規制環境に参入する者に価値ある360度の柔軟な視点を提供してくれます。Markの技術、ビジネス、および管理の専門知識はIOTAの複数分野の戦略を補完してくれるでしょう。

Mark Sulavka氏が連れてきた以下のコアチームを紹介します:

Jeffrey Diedrich 元National Stock Exchange(国家証券取引所)のCTO、20年以上の有価証
券および取引技術のベテランです。

Kenny Byrne       PartStoreの前CTOで、20年以上も上級管理職として、初期段階の会社の
設立と資金調達、ならびに転換期を迎えています。

Egor Agafonov  上級設計者 / 上級開発者である彼は、30年以上、システムとトレーディン
グソリューションの開発を行っています。

Mark Kemna   複数の企業の前CTOおよび上級技術者。アドテックおよびビッグデータに特
化しています。

IOTA財団に参加するにあたって

IOTA財団に参加することは非常に光栄です。私は、IOT業界全体のプロトコルをベースとしたユースケースの全域で、IOTAが分散型元帳技術(DLT)の将来を形作る役割と機会を担うというIOTAの見解に共感します。

IOTAの技術は、その核心とその開発の中のいたるところで、保護されて安全な通信や、価値の転送と規模のニーズを完全に満たすために独自かつ有機的に開発されています。このような素晴らしいスタートと献身的なコアチームにより、数十の業種の生存率、コストの基礎部分、実行を変える素晴らしい機会が得られます。

Mark氏は、取引と金融市場分野から来る比類のないレベルの専門知識と生涯にわたる経験をIOTA財団にもたらします。

我々にはFinTech(ファイナンス・テクノロジーの略)の分野においてMark氏と彼の優れたチームと共に達成していくための重要なロードマップ(企業が将来どのような製品をリリースしていくかという計画を時系列でまとめた図)があります。

彼は現在、Iota eXtension Interface(IXI)ハブモジュール開発の重要な発展を達成するための指揮をしています。このIXIハブモジュールは、取引をする際の障壁をより少なくし、取引のための設定を自動で行うことを可能にするでしょう。

これによってIOTAエコシステム(収益構造)は世界の仮想通貨愛好家の市場に開放されるでしょう。Mark氏は、確立された金融機関や規制環境とIOTAの架け橋をかける重要な役割を果たすでしょう。彼に暖かい歓迎を!

新しいIoTの技術を使っているIOTAは、今後IoT化が進むにつれて注目に値する通貨です。どのような特徴を備え、決算が行われていくのかを解説しています。また最近のニュースから、MIOTAの今後の可能性についても考察しています。

Welcome Mark Sulavka to the IOTA Foundation – IOTA