米国の規制当局が市場への慎重なアプローチを表明したことで、仮想通貨価格が急騰

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米国の2大規制当局が、とても注目されていた火曜日の上院聴聞会で、仮想通貨規制への慎重なアプローチを示した後、仮想通貨価格はポジティブな領域に戻ってきました。

ジェイ・クレイトン(Jay Clayton)証券取引委員会(SEC)委員長と商品先物取引委員会(CFTC)委員長のJ.クリストファー・ジャンカルロ(J. Christopher Giancarlo)会長は、上院銀行・住宅・都市委員会の委員会の前に、2時間以上にわたり講演し、事前に準備された発言を行い、委員から指摘された質問に答えました。

CCNが報告しているように、クレイトン委員長とジャンカルロ委員長は、聴聞会で大部分、事前に準備された原稿に基づき、連邦レベルでの仮想通貨取引所への「慎重に調整された」規制を求めましたが、議会による過度な規制や早急な対応には釘を刺しました。

特に、ジャンカルロ氏は、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーの潜在的な利用可能性については楽観的な見通しを示しました。また、こういった議論の時にしばしば忘れられがちである、「Bitcoinがなければ、ブロックチェーンは存在しないだろう」という言葉を嘆き、議員にそのことを思い出させました。

トレーダーは、その聴聞会を受け、ポジティブに反応し、仮想通貨マーケットは聴聞会中とその終了後の両方で、仮想通貨価格の上昇を特徴づけました。

執筆時点では、大部分の主要コインの24時間チャートは緑色に変わり、ここ最近の赤色の海を反転させました。

Bitcoin価格とCardanoの価格は、それぞれ1日で1%上がり、7,168$と0.33$にまで上がりました。

一方、Eth​​ereumは、723$と、5%の増加でトップ5の仮想通貨の導き、Rippleは約2%増加しました。

Bitcoin Cashは、上位15の仮想通貨の中で唯一孤立した仮想通貨となり、24時間チャートは赤色のままでしたが、回復がさらに進めば、緑色に戻ると思われます。

上のグラフには示されていませんが、NEOとNEMはそれぞれ時価総額で8位と10位になり、12%を超える利益を上げ、上位の仮想通貨の中で最も高いパフォーマンスを示しました。

Cryptocurrency Prices Make Bullish Pivot as US Regulators Signal Cautious Approach to Markets