ビットコイン価格が6,000ドルを下回り12週ぶりの安値に

Translate this article into English

シェアする

仮想通貨市場の急落が続く中、ビットコインの価格がパーセントで見て2桁台の下落をし、12週ぶりに6,000ドルを下回りました。

CoinDeskのビットコイン価格インデックス (BPI) 上の数値で、世界協定時の07:59にビットコインは5,967.34ドルの安値を付けました。これは昨年11月13日以来最低の水準です。執筆時点では、この時価総額でみて世界最大の仮想通貨であるビットコインは6,156ドルで売買されており、24時間ベースで約22%下落しています。

急落はすさまじく、世界協定時00:45から05:00の間に1,000ドル下落しました。さらにこの間にビットコインの時価総額は110億ドル以上下がり1,060億ドルになりました。すべての仮想通貨の時価総額の合計も2,824億ドルに下落しました。これは昨年11月26日以来最低の水準です。

一方、時価総額上位10位に入るその他の仮想通貨はそれぞれ20%以上下落しました。CoinMarketCapのデータによるとNEOは過去24時間で36%下落しており、これは上位10通貨の中で最大の下落幅です。

上位5通貨の中では、イーサリアムのイーサトークンが29%下落し、リップルのXRPが24%、ビットコインキャッシュが28%、カルダノが24%下落しています。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Slumps to 12-Week Low Below $6K