Bitcoinの価格が7000ドルを下回り、売りが加速

Translate this article into English

シェアする

ビットコインの価格は、11月中旬以来初めて7000ドルを下回り、過去1週間に見られた市場の脆弱さを継続している。

CoinDesk社のBitcoin Price Index(BPI)は6,888.45ドルと、取引開始当初から15%以上の下落を記録した。報道時、ビットコインの価格はいくらか回復し、BPIあたり6,993.10ドルで取引された。

全体として、この動きは8,186.65ドルのオープン時から1,200ドル以上の下落を記録している。

最近のCoinDesk社の報告によると、全体的な時価総額が8000億ドルを超える1月初めの高値から、全体の暗号通貨市場は50%以上も下がっている。データプロバイダーのCoinMarketCapによると、その資本は現在約3,320億ドルになるという。これは、暗号通貨価格の大幅な下落を意味する。

影響を受ける暗号通貨の中には、700ドルを下回ったイーサリアムと、ビットコインキャッシュがある。これは、報道当日の取引で1,000ドル以下に下落し、暴落ともいえる。

中国の海外拠点アクセス制限問題や、クレジットカード購入を禁止している銀行の数が増加したことなどが、市場の落ち込みの理由として注目されている。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin’s Price Dips Below $7K As Crypto Selloff Continues