Amazonがビットコイン支払いを受け入れるのはいつになるのか?

Translate this article into English

シェアする

暗号通貨の将来は、主要なインターネット小売企業からの定期的な支払いとして受け入れられるかどうかに大きく依存する、という考えに専門家たちは同意している。さらに、その兆しは今のところ悪くない。

ここ数ヶ月に暗号通貨が”幸福感”を引き起こしてくれた一方で、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどは、実際の経済にまでは到達してきていない。一部のインターネット小売企業(一部はあまり知られていない)や恒久的な店舗を除いて、暗号通貨は支払い手段として受け入れられていない。

為替市場との関連性

これは、Amazonのような業界最大手に対して暗号通貨が昨今生じている問題を見れば理解することができる。そこには為替市場の大きな変動性があり、ここのところ20〜30%の変動は珍しいことではない。したがって、通貨の採用には、小売業者にとってかなりのリスクが伴うのである。さて、為替取引のビットコイン先物の時代には、先物市場を通じたヘッジが可能になるだろう。しかし、これは取引コストと結びつくため、すでにビットコインに対して高額な手数料に跳ね上がってしまう。

トランザクションスピードの問題

しかし実際にはもう一つ重要な点があり、それはトランザクション(取引)スピードである。 ビットコインブロックチェーンは現在、1秒あたりわずか7トランザクションしか使用されていない。 イーサリアムの場合は、この値は約2倍である。 Amazonは昨年、ピーク時に600トランザクション/秒を報告した。 Amazonの顧客のほんの一部がビットコインまたはイーサリアムで支払いを行うと(他のビットコイン取引は世界中で行わていない)、現状の技術ではすぐに合理的ではない長い待ち時間につながってしまう。

しかし、暗号通貨の専門家たちは、これらの問題は近い将来に解決されるためのほんのわずかなトラブルであると述べている。既存通貨のブロックチェーンの改善または、新しいより良いコインによるという。たとえば、リップルは現在、1500トランザクション/秒に耐えていて、Amazonの要求を満たすことができる。専門家にとって、いつ大手小売企業が暗号通貨で支払いを受け入れるのかは問題ではなく、それが最終的な大躍進となる。例えば、Amazonがビットコインを支払い方法として受け入れると、デジタル通貨に多くのクレジットが与えらる。

暗号クレジットカードの実現

遠い未来のことではなく、力を持つプレーヤーたちがこの問題に取り組んでいるという明確な証拠がある。 例えば、Amazonは暗号化に関連するいくつかのドメインを保護している。また、スターバックスはすぐにでも暗号通貨を受け入れたいと述べている。

したがって、ビットコインでの支払い方法を見届ける価値はある。暗号クレジットカードのになる可能性も高い。実際これらのクレジットカードはすでに利用可能になっている。そのようなカードの3つのプロバイダが目立つようになってきていて、まずはスイス企業のMonaco社で、最近ICOで2500万ドルを回収している。

もう一つはシンガポールのTenX社で、ICOで合計8000万ドルを借りたという。そして最後に、現在ICOの真っ最中であり暗号クレジットカードの発売を発表しているフランクフルトのsavedroid社である。

暗号クレジットカードは、少なくとも理論的には、オンラインショッピングですでに利用できるはずである。一方で、ユーザーは取引ごとに支払い前に請求書をフィアットカレンシー(法定通貨)に換算する必要がある。これによって、支払いは高額かつ面倒なものになってしまうのである。つまり、今日において暗号クレジットカードで買い物をしている人はほとんどいない。しかしこの問題は、大手小売企業が暗号通貨支払いを受け入れるとすぐに解決されるだろう。そして、この新たな支払い方法とさらなる暗号通貨一般化のために、サービスの始まりを知らせる信号が灯るだろう。

Monaco(モナコ)とは?基本情報 Monacoは2016年に設立されたばかりの仮想通貨でスイスに本社があります。2017年5月...
TenX(テネックス)とは?基本情報 TenXは、2017年7月に取引が開始された仮想通貨で、略号はPAYになります。 TenX...

When Will Amazon Accept Bitcoin Payments?