検索エンジン大手のBaidu、ブロックチェーン上で遊べるゲームをリリース

Translate this article into English

シェアする

検索エンジン大手のBaiduは、中国市場での覇権争いに挑戦するため、CryptoKitties(Ethereumブロックチェーン上で遊べる子猫のゲーム)スタイルのブロックチェーンアプリケーションを立ち上げました。

Baidu、CryptoKittiesスタイルのゲーム「Leci Gou」をリリース

「Leci Gou」と呼ばれるこのアプリでは、子猫の代わりに子犬が登場しますが、このコンセプトはCryptoKittiesのユーザーにはよく知られています。

ユーザーはデジタルペットを手に入れることができ、それぞれに希少性と価値を決定する固有の属性があります。 所有者はデジタル犬を飼育することも、他のユーザーに販売することもできます。

しかし、CryptoKittiesは公開されているEthereumブロックチェーン上で実行されていますが、Baiduは、Leci GouがHyperledger(ブロックチェーン技術の推進コミュニティー)に参加しているブロックチェーンの研究チームによって開発、維持されている私的ブロックチェーンを使用しているのか、公開ブロックチェーンを使用しているのか明らかにしていません。

もう一つの違いは、少なくとも現時点では、Leci Gouはこのブロックチェーン上のネイティブトークンのみを受け入れており、ユーザーはこのプラットフォーム抜きで取引しない限り、実際のお金でペットを買ったり売ったりすることができません。しかし、Baiduは、このゲームはまだベータテスト中だとしているので、後でこれを収益化することは可能です。

この間、Baiduアカウントを持つ新しいユーザーは、1つのデジタル子犬を選び、1,000個のゲーム内トークンを無料で受け取ることができます。

CryptoKitties 中国到来

Quartz reportによれば、Leci Gouのリリースは、CryptoKitties自身が香港のゲーミング会社であるAnimoca Brandsとの流通契約を締結して中国に進出する数週間前のことだそうです。

この刊行物によると、CryptoKittiesは2月16日から始まる旧正月に配布されるようです。そしてこれを記念して、休暇をテーマにしたネコ科の動物特集が予定されています。また、このゲームは迷恋猫(mi lian mao)と呼ばれることもあり、これをおおまかに訳すと「猫中毒」という意味になります。

仮想通貨取引における中国の禁止措置に関連する規制問題を避けるために、このアプリはEthereumを金銭的な通貨に交換する方法をユーザーに伝えません。

CryptoKittiesが他の国と同じように中国で人気があることが判明した場合、Ethereumネットワークの重大な混雑につながる可能性があり、プラットフォームの規模の問題をもう一度念頭に置くことになります。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)は仮想通貨時価総額ランキングで2位となっている、ビ...

Chinese Internet Giant Baidu Releases CryptoKitties-Style Game;Leci Gou