北朝鮮、昨年仮想通貨取引所から数百万ドルの仮想通貨を盗難

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国国内での報道によると、韓国政府当局者は、北朝鮮のハッカーたちが昨年、数千万ドル相当の仮想通貨を奪ったと報道しています。

共同通信は、国家情報機関(NIS)が、国会のサイバー攻撃に関する委員会の中で、フィッシング詐欺などの方法で数百億ウォンの顧客資金を獲得したと述べています。このニュースサービスは、韓国の当局が先月のコインクチェック攻撃の背後に同じハッカーがいるかどうかを調査していることを明らかにしました。この事件は5億ドル以上の仮想通貨が盗難されました。

昨年の仮想通貨取引所ビットハム(Bithumb)への攻撃は、コインデスクで以前リポートしたように、30,000人の顧客の個人情報とともに、約80億ウォンの盗難を招きました。

ロイターによると、韓国の国会議員の金炳圭(Kim Byung-kee)氏は、ユーザー情報をスキャンする、フィッシング詐欺メールの影響について注意を述べました。

「北朝鮮は、仮想通貨取引所や顧客の個人情報をハッキングできる電子メールを送り、数十億ウォン相当の仮想通貨盗んだ。」

敵対的な北朝鮮は、以前リポートされたように、取引所から仮想通貨を盗もうとして失敗しただけでなく、幾度もの取引所のハッキングやスキャンに関与しています。昨年、警察当局者は、北朝鮮アタッカーが、フィッシング攻撃で4つの取引所の25人の従業員を騙そうとしたと主張しています。この攻撃は、失敗に終わっています。

試行された盗難は、サイバーセキュリティ会社FireEyeによって最初に報告され、後に政府関係者によって確認された。

このごろつきの国は、最近の核ミサイル実験の後に実施された制裁などの、国連が課す金融制裁を回避する手段として、仮想通貨を追いかけているようです。

South Korea: North Korea Stole Millions From Crypto Exchanges Last Year