Bitcoin崩壊の歴史

Translate this article into English

シェアする


Bitcoin価格は、2017年12月17日から、大きな苦痛を伴う、64.5%もの下落が起こりました。仮想通貨全体の時価総額は、現在わずか3,380億ドルです。

それは、どんな市場にとっても大きな打撃となります。しかし、Bitcoinやその他の仮想通貨の価格の急落は、何も新しいものではありません。Bitcoinは、定期的に死んでは蘇ってきます。あるウェブサイトでは、2010年から起算すると、Bitcoinが死んだ回数は249回だと推定しています。

2017年では、109回も死亡宣告された様な状態が起こりました。

何が、Bitcoinのクラッシュをもたらしているのか

全体的な部分にかかる、多くの悪い知らせが、仮想通貨エコノミーの大きな下落につながっています。ビットフィネックス社(Bitfinex)は、ユーザーに仮想通貨を米ドルでペッグするオプションを提供していたため、アメリカ商品先物取引委員会を怒らせています。ビットフィネックスとテザー社(Tether)のどちらも、USDTトークンをバックアップするのに十分なお金が銀行口座にあることを、必ずしも証明できてはいません。

海外を見ると、インドではトレーダーを取り締まっています。インド政府は、税収を集めるために、複数の取引所で取引を調査しています。推測では、2018年までの17カ月間に、35億ドルの取引がインドを経由しています。

そして、韓国の問題があります。韓国では、仮想通貨取引を完全に禁止するつもりはありません。しかし、政府は仮想通貨取引から匿名性を取り除くための措置を講じています。韓国のトレーダーは、今では本名を使用する必要があります。

これらすべてが、仮想通貨の大惨事をもたらしています。

ところで。ダウ・ジョーンズ工業株平均は、米国国債利回りの上昇により、3週間ぶりの安値を記録したばかりです。これによって、火傷を受けているのは、仮想通貨マーケットだけではありません。法定通貨の世界も同様です。

固い底値を見つける

ほとんどの初心者の投資家でさえ、古い格言である「安値で買い、高値で売る」を知っています。問題は、十分に低い価格がいつであるかということです。真実は、誰も分かりません。過去のチャートを見ると、Bitcoinの最悪のクラッシュは411日間続き、2015年1月に終了しました。この急降下は、ビットコイン価格が87%安にまでなりました。

今日の時点で、価格はこのほんの51日間で64.5%減少しています。それが株式市場で起こった場合、ニュースメディアは、それを208年の再来と呼ぶでしょう。もちろん、10年前の世界的な経済危機の大半は、米国政府がサブプライム住宅ローンを、自身が住んでいる住宅の資金を払う余裕がない市民に配りまわったためです。

仮想通貨の場合、規制の強化がクラッシュの理由です。それは間違いなく短期投資家にとっては、悪いニュースです。しかし、長期目線で強気の投資家は、規制を仮想通貨を正当化するための継続的な戦いにおいて、必要なステップであり、今後さらに多くの流入での地ならしであるとみなしています。

あなたがどんな乗り物を選んだであろうとも、ローラーコースターに乗ることに対し、幸運を祈ります。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

A History Of Bitcoin Price Collapses Over the Years