仮想通貨取引への規制開始:米国SEC委員長の証言

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

彼の事前に用意された声明の原稿によると、アメリカの証券監督者のトップが、仮想通貨取引の連邦規制を「開始する」と証言すると証言する予定です。

米国証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン(Jay Clayton)会長は、2月6日の米国上院議会の銀行・住宅・都市委員会で、この声明を発表する予定です。

現在、米国の仮想通貨取引所は、一般に州レベルで規制されており、SECまたは商品先物取引委員会(CFTC)の直接的な管理下に属さない「送金サービス」として登録されている。その結果、これらのビジネスを管理する規制は、州ごとに大きく異なっている場合があります。

SECのウェブサイトで公表されているその声明の中で、クレイトン委員長は、連邦レベルで規制され、SECかCFTCのどちらかによって管理される「有価証券やコモディティ、為替取引」に、仮想通貨取引のプラットフォームは機能的に類似していると表現する予定です。

「伝統的に、ファンクショナルの観点から、これらの送金サービスは、価格の相場を形成したり、有価証券、商品、為替取引に類似した他のサービスを提供したりはしてきませんでした」と、クレイトン委員長は委員会の前に証言するでしょう。

要するに、現在採用されている仮想通貨取引の規制の枠組みは、私たちが念頭に置くタイプの取引のために、設計されたものではありません。

その結果、クレイトン委員長は、委員会の前に仮想通貨取引所は連邦レベルで規制されるべきかどうか、連邦議会と共に調査・研究することに対し、「オープン」な姿勢であることを証言する予定です。

「CFTC会長のジャンカルロと私が最近声明を発した様に、私たちは、連邦議会や連邦および州の同僚と共に、仮想通貨取引のプラットフォームの連邦規制の強化が、必要であるか、または適切であるか、調査・研究を進めることにオープンである。そして規制や政策努力をサポートし、仮想通貨マーケットに明快さと公平さをもたらす」と、クレイトン委員長はが述べるつもりです。

クレイトン委員長は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)や仮想通貨ETF(cryptocurrency-based exchange-traded funds)を含む幅広い問題に触れながら、連邦レベルでの監督が、投資家を保護しながら、イノベーションを促進すると考えていると強調します。

聴聞会では、CFTC議長のJ.クリストファー・ジャンカルロ氏の証言も掲載される予定です。ジャンカルロ会長は、現在の規制上の枠組みが投資家を適切に保護していない可能性があり、詐欺や市場操作などの特定のリスクに対して「慎重に調整する」べきであるが、急成長しているデジタルレジャーテクノロイジー(DLT)のさらなる発展には負の影響を与えないよう、最善の努力をすべきである、と述べる予定です。

「適切な連邦レベルでの規制には、データの報告、資本要件、サイバーセキュリティの基準、詐欺や価格操作の防止対策、マネーロンダリング対策、「顧客を知る(know your customer)」などが含まれるだろう。そして、全体として、合理的な連邦による規制の枠組みは、基礎となる市場の完全性を確保する上で、より効果的かつ効率的になるかもしれない」と証言する予定となっています。

‘Open’ to Regulation of Cryptocurrency Exchanges: US SEC Chairman to Testify