仮想通貨の資産管理をPCでやってみよう。便利なツール3つを紹介

Translate this article into English

シェアする

仮想通貨を始めたなら、各通貨の資産管理をする必要があります。どの通貨をいくら持ち、損益はどれくらいあるのか、すべてを管理するのは簡単ではありません。

今回は、PCでできる仮想通貨の資産管理について、その方法とおすすめのツールを紹介します。

仮想通貨の資産管理はPCでできる?

仮想通貨の資産管理をするなら、ポートフォリオ管理ツールを使うのがおすすめです。ポートフォリオとは、各仮想通貨をいくらずつ保有しているか、その量やバランスを表すものです。

PC上にツールをインストールしておけば、基本的には入力作業せずにポートフォリオを管理することができます。保有の多いコインはどれか、これまでの資産総額の推移はどうなっているか、一目でわかるようになり大変便利です。

メリット:API連携での自動入力

ノートやExcelを使って自分でポートフォリオを管理することもできますが、PC上で管理できるツールが大変便利です。ポートフォリオ管理ツールを使う最大のメリットは、API連携(※)による自動入力です。

自分がコインを保有している取引所のアカウントと、ポートフォリオ管理ツールを連携させておけば、その後の価格変動による資産変動や、資産総額の推移、各コインの保有バランスなどが自動的に入力・表示されます。

長期保有の場合は、自分でノートなどに記録していくのもよいでしょう。しかし短期・中期的に売買する場合は取引回数が多くなるため、ポートフォリオ管理ツールでの資産管理が大変便利です。

※API連携とは、あるソフトウエアが持つ機能を、他のソフトウエアで共有できるようにする仕組みのことです。

デメリット:ウォレットと繋げない

ポートフォリオ管理ツールは、取引所とのAPI連携による自動入力が最大のメリットです。取引所にないコインの管理をすることは、基本的にはできません。

過去に大手取引所へのハッキングや不正流出などがあったため、PC上のウォレットにコインを移している人は多いです。しかし、ポートフォリオ管理ツールは、PC上のウォレットと繋げることはできません。

有名なポートフォリオ管理ツール『Coinboard』では、ウォレットと連携できるシステムを開発中です。ウォレットで通貨を運用している人は、今後の動きに注目しておきましょう。

Coinboardでできること

ポートフォリオ管理ツールを使うなら、Coinboardがおすすめです。bitFlyerやZaifなどの大手取引所とAPI連携できるため、仮想通貨初心者でも使いやすいツールです。

仮想通貨の割合をグラフで把握できる

Coinboardでは、自分が保有している仮想通貨(コイン)の割合をグラフで表示する機能があります。どのコインを何枚保有しているかが一目でわかり、さらにグラフ状になっているため保有バランスも簡単に把握できます。

仮想通貨への投資は、各通貨をバランスよく購入するのがリスク回避の基本です。保有コインの種類が偏ってしまわないよう、定期的に確認して調整を行いましょう。

取引履歴が確認しやすい

仮想通貨取引を繰り返していると、取引履歴がたまっていきます。投資において過去の取引履歴を振り返ることはとても重要なことです。

取引所で確認もできますが、毎回2段階認証を通過しないと見ることはできません。さらに、複数の取引所でコインの売買をしていると、その度にログイン・ログアウトを繰り返す必要があります。

Coinboardでは、過去の売買履歴を通貨ごとに確認することができます。複数の取引所の取引履歴も一括で確認できるため、税金の計算をする際の時間短縮にもなります。

全機能無料で日本語で使える

Coinboardは日本の会社が開発したツールなので、日本語に完全対応しています。ツールの導入からマニュアル、問題が起きた場合のサポートまですべて日本語対応可能です。

利用に必要なのはアカウントの登録と取引所へのAPI連携だけです。全機能無料で使えるため、銀行口座やクレジットカード情報の登録も必要ありません。

Coinboard(コインボード) – 自動仮想通貨ポートフォリオ管理ツール

CryptoCompareでできること

CryptoCompareはポートフォリオ作成だけでなく、取引所のレビューの確認や、各通貨のチャート分析などを行うことができます。取引所とのAPI連携はできないため、手動で通貨の種類と量を入力する必要があります。

様々な通貨建てで表示できる

『通貨建て』とは、取引における通貨表示を合わせることです。円建てであればすべて円で表示し、ビットコイン(BTC)建てであれば、ビットコイン何枚分という表示となります。

マイナーなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に投資している場合、特に海外の取引所では仮想通貨の基軸となるビットコイン建ての表示になっていることがほとんどです。

ビットコイン建てで見慣れている人はビットコイン建て表示、円建てで見慣れている人は円建て表示など、CryptoCompareでは自分の見やすい通貨建て表示を選択できます。

レビューが充実している

CryptoCompareでは、各取引所のレビューが非常に充実しています。さらにその取引所の特徴や手数料なども細かく表示されています。

すでに仮想通貨を始めている人も、これから取引所を選んで始める人も、まずは登録しておくことをおすすめします。簡単なアカウント登録を済ませれば、すべて無料で使用することができます。

ポートフォリオの非公開を切り分けられる

ポートフォリオは自分の資産管理だけではなく、ブログなどで公開するために作成する場合もあります。CryptoCompareはポートフォリオの公開・非公開を切り分けられるので、資産運用の結果報告をするときに大変便利です。

CryptoCompare.com – Live cryptocurrency prices, trades, volumes, forums, wallets, mining equipment and reviews | CryptoCompare.com

CoinTrackingでできること

CoinTrackingは、PCでポートフォリオを管理できるWEBサービスの一種です。かなり高機能なポートフォリオ管理ツールで、一部の機能は有料となっています。

多数の通貨に対応している

CoinTrackingはCSVファイルとAPI連携を使って、非常に多数の取引所と膨大な種類の仮想通貨に対応しています。取引所の取引履歴をCSV形式でダウンロードし、それをCoinTrackingにインポートすることで閲覧が可能となります。

2018年2月現在、CoinTrackingでは5275種類もの通貨に対応しています。非常に多機能ですが、英語表記ということもあり初心者には少し難しいツールです。

有料版なら自動入力も可能

CoinTrackingは基本的にはすべて手入力(CSVによるインポート)ですが、有料版を購入することでAPIによる自動入力が可能です。無料版では取引回数の制限もあり、200回以上は有料版を使う必要があります。

無料版ではウォレットを2つまで自動取得できますが、有料版では最低5つ、プランによっては最大50のウォレット管理も可能です。

CoinTracking · Bitcoin & Digital Currency Portfolio/Tax Reporting

まとめ

仮想通貨の資産管理はスマートフォンなどのアプリでも可能ですが、やはり高性能なPC上のツールを使うのがおすすめです。

特に、大手取引所でコインを保有している場合は、Coinboardなどのツールで簡単に管理できます。自分のPC上にウォレットを作成している人は、CSVのインポートや手入力できるツールを選びましょう。

面倒な資産管理も、管理ツールを使えば簡単にできてしまいます。正確なポートフォリオを把握し、理想的なバランスを維持するためにも、便利なツールを使ってみてはいかがでしょうか。