イーサリアムを使った、スーパーボールへのベット

Translate this article into English

シェアする

今夜午後6時30分(EST:東武標準時間)、アメリカ中のトレーダーが取引所から離れ、スーパーボウルにチャンネルを合わせる。残念だが、もし彼らがそれを見逃してしまったなら、月曜日に仮想通貨で関わりのある友人以外とは、ほとんど話すことはないでしょう。今年は世界中の仮想通貨の専門家と愛好家が、イーサリアムのスマートコントラクトでスーパーボールに賭けを行うことができ、それによって彼らは2つの愛するものをつなぎあわせることができます。

仮想通貨でのギャンブルは、新しいものではありません。実際、クレジット・スイス(Credit Suisse)のレポートでは、今夏、ギャンブルに関係するICOが市場を独占しています。実際、XWINのようなICOでは、全体的にスポーツギャンブル用のトラストレスなプラットフォームを作ることに専念してきました。

これらのプラットフォームはどれもまだローンチされてお​​らず、その多くは、ICOを実施してから数ヶ月程度です。それでも、クリプトボール(CryptoBowl)がどれほどシンプルであるか、ということを区別していることは何でしょうか?

イーサリアムのスマートコントラクトでは、コード技の行数は約1200行です。ウルフレームアルファ(WolframAlpha)のAPIをチェックし、誰がスーパーボールに勝ったのか確認し、それに応じて支払いを行います。スマートコントラクトは、オラクルを利用します。これは、イーサリアムのスマートコントラクトに結果を返すためのAPIです。最近の仮想通貨マニアにとっては、そのシンプルさは信じられないほどすっきりとしたものです

実際、このウェブサイトのスローガンは、「No ICO, no bullshit」という極めてシンプルなものです。このプロダクトの存在は、ここ数ヶ月の爆発的なICOや急激な価格変動、不確実なマーケット状況といった、最近の仮想通貨トレーダーの疲弊を反映したものだとも言えます。それにもかかわらず、これまでのところ、あまり普及したとは言えません。プレス時現在、約200ドル相当イーサリアムが、ニューイングランドと並んで貢献している模様です。

分配メカニズムは、セルフクリエイティングの拡散の結果でもあります。ウェブサイトの下部にあるFAQによると、受賞者は貢献度合いに応じて、自分の掛け金と合わせて敗者のお金(ウェブサイトのクリエイターにあてられるため、10%惹かれる)を受け取ることになります。このセルフクリエイティングと調整の拡散は、トラストレスなプラットフォームを推し進める興味深い方法であり、今後のトレンドになるかもしれません。

このスマートコントラクトは、明らかにスポーツギャンブル市場の微視的な部分を表していますが、それは仮想通貨界隈に生じてきている、明確な兆候ともいえます。より多くのICOがローンチされるにつれ、彼らはどう拡散さえていくかという問題に対処しなければならないでしょう。さらに重要なことに、彼らは中央集権的なシステムに頼らずに、結果を検索する、より良い方法を見つける必要があります。私は、今夜が終わるまでに、どれくらいの賭け金がこれに投じられているか、見るのを楽しみにしています。

Betting on Superbowl…with Ethereum