Bitfuryグループ、仮想通貨による犯罪を追跡するためのツールをリリース

Translate this article into English

シェアする

Bitcoinマイニング企業として2011年に始まり、その後多国籍ブロックチェーン研究グループに成長した有名な企業団体のBitfuryは、新しいツールであるCrystalをリリースして法的に使用が許される段階に移りました。

Crystalツールは、2つの主な使用例を念頭に置いて設計されています。その1つ目は、法的執行機関が犯罪行為に関連するbitcoin取引を追跡することです。ユーザーのデータを勝手に暗号化し、困ったユーザーがそれを解読するために一定の金額を支払うように仕向けるランサムウェアの攻撃でBitcoinが一般的に使用されます。そのような攻撃手段で悪名高いWannaCryは、2年間にわたってbitcoinで約2500万ドルを稼ぎました。

WannaCryのランサムウェア攻撃に対するCrystalツールの動作

WannaCryの作成者は、その損害規模の大きさ(約40億ドルの損害)や、コンピュータの防衛ソフトを撹乱するシステム(悪名高いkillswitchが例として挙げられる。これはランサムウェアがサンドボックスという防衛のための隔離スペースに入れられているかどうかを判断して攻撃を続行するかどうかを決定する)にも関わらず逮捕は行われていません。Crystalチームは、この攻撃を3時間で追跡できた可能性があると主張し、当局が取引所に、リアルタイムで疑わしい仮想通貨の口座から引き出しを停止するように指示することを容易に可能にできたと述べています。

このツールの2番目の使用例は、金融機関向けのコンプライアンス対策とリスク管理ツールとしてです。ケーススタディとして、CrystalはBitcoinベースの医療セクター向けベンチャーキャピタル企業を採用しています。この場合、このツールの目的は、国家制裁、テロ資金供与、マネーロンダリングに対するルールを遵守していることを証明することです。

資金の源泉やアクセス先の明確なレポートを作成することで、機関は国内法を遵守していることを証明できます。これにより、ベンチャーキャピタルファンドとその代表に対する訴訟が防止されます。Crystalはまた、マイニング事業がPonziスキーム(日本で言う自転車操業のようなもの)ではないことを確かめたり、役人の腐敗に対処するためのマイニング事業を監査する能力を宣伝しています(もちろんBitcoinで買収された場合の話です)。

新規開発ではない

Crystalツールは、ブロックチェーンでの匿名化を防止するためのBitFuryグループの継続的な取り組みの一つです。今年の早い段階で、グループは関連する口座を「クラスター分析」(分類手法の一つ)する新しい方法が開発進行中であると発表しました。彼らは詳細なホワイトペーパーを発行しました。その中で彼らは、取引の関連性を判断するための確率モデルを発見して明らかにし、それをオフチェーンデータでテストして、ギャンブル、マイニングプール、薬物取引に関連する口座を特定することを説明しています。ほぼ1ヶ月前のこの最初のホワイトペーパーは、ブロックチェーンの約15%の非匿名化に成功しました。


ホワイトペーパー「自動Bitcoin口座クラスター分析」でのクラスター分析手法を説明する表。

この新しいツールのマーケティング資料によると、Crystalツールはしばらくの間実世界で使用されており、すでにいくつかの高度なプロファイリング調査に影響を与えている可能性があります。最も重要な進歩はCrystalツールのリスクの数値化であり、これは自動化された形で使用されることを意図しており、近い将来に主要な取引所によって実装される可能性があります。

匿名性対策としての可能性?

Bitfuryのブロックチェーンの非匿名化に対する開発は、セキュリティに重点を置いた仮想通貨の魅力を高める可能性を秘めています。すでにマルウェア開発者は、Bitcoin通貨をより追跡しにくい通貨に変換し、その資金を仮想通貨取引所に移す(たとえばWannacryの加害者は仮想通貨Moneroに資金を移しました)ことがわかっています。

リアルタイムでの取引所からの閉め出しを防ぐために、より多くのランサムウェア(利用者のシステムへのアクセスを制限して制限解除のために支払いを求めてくるマルウェアの1種)開発者が他の形式の仮想通貨での支払いを要求し、隠れてドルに戻ってくる可能性があります。

BitFury Launches Blockchain Investigation Tool to Fight Bitcoin Crime