エンロン2.0:仮想通貨は次のメルトダウンをどのように引き起こすか

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨は、私たちの経済に対する見方を変えました。 仮想通貨のアントプレナーは、時間から不動産に至るまであらゆるものをトークン化する方法を見つけました。私の注意を最も引いたのは、権力のトークン化です。コモディティー化する力は、何も新しいものではありません。この考え方は、電力それ自体と同じくらいの長さで存在し続け、このマーケットの流動性は、米国内外で強力なインフラ整備につながりました。

権力のトークン化について私が恐怖を感じるのは、わずか17年前に起こったことです。その年月は、今日の多くの卓越した仮想通貨投資家の記憶の外に追いやるには十分の長さであり、結果的に現在、この事件は仮想通貨を保有している大部分の人に忘れ去られているでしょう。この事件とは、私はエンロンを指しています。エンロンは、歴史上、最大の企業倒産でした。このスキャンダルは、少なくとも1件の自殺、議会の聴聞会、幹部数名の逮捕、数千億ドルの市場価値の喪失を招きました。

エンロンの不正な会計慣行やインサイダー取引の横行、投資家への虚偽の財務情報の提供、エンロンの中央集権化による腐敗、これらはブロックチェーンで解決しようとしている問題ではあるが、これらを挙げると、仮想通貨の買い手筋はすぐさま、不当な比較をしていると非難するでしょう。彼らの批判は正しいと思います。しかし、彼らは私のポイントを見逃してもいるだろう。エンロンの行動にかかわらず、同社は依然としてお金を失っていました。なぜ彼らがお金を失っていたのかは、ここで留意すべき重要なことであり、これをカバーするために行われたことではありません。

エンロンリフレッシュ

エンロンのスキャンダルが巻き起こった時に、私たちの読者の多くがまだ幼少期だったという事実を考慮し、簡潔にその要点を整理します。エンロンは、1980年代に2つのエネルギーコングロマリットの合併によってできた会社であり、これにより新設会社での大規模な組織再編と既存事業の部分で長くチェアマンとCEO職に留まる、ケン・レイ(Ken Lay)の登場をもたらしました。当初、エンロンの主事業は、ガスパイプラインでした。これは、ジェフ・スキリング(Jeff Skilling)が登場するまで、マーケットキャップが小さい、どこか退屈な事業でした。その当時コンサルタントであったジェフ・スキリングは、消費者間で天然ガスを商品に転換する、天然ガス販売の促進を提案しました。当初、エンロンの仕事は、トレーダー間でこのガスの移動を促進することでした。これは、とても儲かる事業であることが分かりましたが、これはちょうど始まったばかりのスキリングとレイの野心に近いものでした。

1990年代の強気相場の中で、エンロンは単に天然ガスの生産と輸送から完全に形成された金融機関に移行しました。エンロンは、アンドリュー・ファストー(Andrew Fastow)を連れてきました。彼は、資産担保証券の早期援助者であり、読者の中には2008年の金融危機につながった要因であったことを思い出す人もいるかもしれません。ファストーの複雑な金融商品に関する専門性は、何も得ることもなく、何十億ドルも失うことになったものです。スキャンダルの際の彼の役割によて、ファストーは6年間刑務所に収監されました。

1994年、エンロンはエネルギー市場の規制緩和の動きからアドバンテージを得始め、小売エネルギー市場に移行しました。この部門は、エンロンの中で最も収益性が高い部門になりました。また、トレーダー軍団により、エンロンは最終的に2000年第1四半期の120億ドルから、次年度の同四半期に400億ドル以上の売り上げを記録し、収入を4倍にすることができました。この市場の露骨な操作は、カリフォルニア州で30回以上の停電を引き起こしました。これにより、ジョージ・W・ブッシュ、アーノルド・シュワルツェネッガーなどの大きなロビー活動や抗議行動を巻き起こしました。これは記事の範囲を超えていますが、その規模感は注目に値するものです。

エネルギー市場への拡大から数年以内に、エンロンは何かとあらゆることのトレードを熱望していました。そこで、オンライン取引プラットフォーム、エンロンオンライン(EnronOnline)を設立しました。ここで何かとあらゆることのトレードが、行われました。ブロードバンド、貨物、水、マルチメディア、さらには天候デリバティブなども取引され、処理された取引数量は毎日数十億ドルにも登りました。

その後数年の間に、会社は分断されました。エンロンの経営幹部と会計士による数十億ドルの損害賠償が明らかになったことで、株価は約1年半の間に90.56ドルから1ドル未満に下落しました。ケン・レイは、有罪判決前に死亡し、スキリングはホワイトカラー犯罪の歴史で最長の判決を言い渡した。これは数年前のバーニー・マドフ(Bernie Madoff)の判決まで、その記録を保持しました。しかし、底値が下がり、株価が0.45ドルに至った後でさえも、そのビジネスモデル基礎構造は、「ニューエコノミー」として賞賛されていました。現在世界中の仮想通貨のプロジェクトを行う会社で復活してきている、エンロンのコンセプトは、未だ生き残っていました。

仮想通貨の繋がり

仮想通貨に対するエンロンの最初の教訓は、基礎資産に対するトレーダーの影響の行動です。仮想通貨トレーダーは、強気であることはよく知られています。特定の仮想通貨コミュニティ(あなたが尋ねる人次第ではカルト集団のようかもしれないが)のメンバーは、 「ホールド(HODL)」を唱え、ランボルギーニの写真でお互いを励まし、今後あらゆるものを手に入れるつもりです。これは何千もの個人投資家を伴うテレグラムグループではうまくいきますが、現実世界の現実のマーケットでは、自由市場の気まぐれによる急激な価格変動や電気料金の変動などに対処することはできません。
これは、ソーラーコイン(SolarCoin)やウィーパワー(WePower)のような仮想通貨に直面する継続的な課題であり、ブロックチェーンは、ピアツーピアの小売エネルギープロバイダーのように機能します。エンロンに最も似通っている仮想通貨は、パワー・レジャー(PowerLedger)です。

パワー・レジャーは、特に興味深いケースです。急激にトップ100に登場し、ピーク時の時価総額で5億ドルにまで達しました。パワー・レジャーはまた、エネルギー取引プラットフォームを誇っています。これらの市場の大部分と同様に、パワーレジャーは、電力をトレードできるトークン、POWR上で動作します。他の全てのエネルギートークンや、過去エンロンによって提供された自由なトレードが可能なエネルギーサービスに類似して、POWRは、価格が急激に変動する可能性があります。通常の状況で2桁の価格変動が日々起こると、消費者市場で、この商品がどのように公平であり得るか疑問に思われます。消費者の圧力(カリフォルニアでの抗議を思い出す)と組み合わさって、これは不安定な形で電力を商品化したコインに対し、厳格な規制をもたらす可能性があります。

主要な取り組み

小売トークン化が直面している問題の外に、一般に大量のトークン化が直面する問題もあります。この記事の冒頭で述べたように、トークン化は時代からeSportsまであらゆることをトレードすることを可能とします。これは、FUD(Fear、Uncertainty、Doubtの頭文字をとって作られた造語。恐怖、不安、疑念を表す)とFOMO(Fear of missing outの略、好機を逃すことが怖いという意味)の両方に極端に陥る傾向がある、大半の小規模な投資家と組み合わされ、Enron Onlineの崩壊を引き起こす狂気につなが流可能性があります。元エンロンのコンサルタント、ロバート・マクドナルド(Robert McDonald)は、エンロンが欠けていたもの(そして、私が今日のトークンが欠いていると思うこと)は「価格に対する先進的な金融ツール…デリバティブ」であると述べています。仮想通貨の分散化という性質の結果として、これは仮想通貨マーケットでは不可能なことです。

コモディティーが直面してきた歴史的なリスクにもかかわらず、このボラティリティの高い市場に参入するのであるなら、エンロンの運命を回避するためにできることがいくつかあります。あなたが損失として許容できる以上の額を投資をするな、というバフェット風の投資アドバイスを超えて、あなたがこの種の投資に対して、特別にできることがいくつかあります。これは、エンロンの失敗に触発されたものです。

2002年にエンロンについて書き、この種のコモディティー商品の提唱者でもあるデール・カトニック(Dale Kutnick)は、「エンロンは、市場の非効率性に賭け、その賭けをヘッジすることで非常にうまくいく可能性がある」と述べました。言い換えれば、エネルギーのトークンを見るときに、そのユニットの実際のエネルギーの価値と比較してみるということです。歴史的なエネルギー価格を見て、決める。あなたがエネルギーを交換することを決めるのなら、他のリスクの高いコモディティートークンでヘッジするということです。注意し、過去の過ちを繰り返さないでください。エンロンを勉強することは、私たちが未知の領域に向かうときに得られる、最良の投資ガイドになるかもしれません。

Enron 2.0: How Cryptocurrency Could Lead to Another Meltdown