仮想通貨マーケット、回復前の一休み

Translate this article into English

シェアする

ここ数日、仮想通貨市場から1200億ドルを消え去り、590ドルから470億ドルまで下がるという困難な1年の始まりに、仮想通貨市場は遭遇しましたが、これを耐え抜きつつあり、好転の兆しを見せつつあります。

Coinmarketcapによると、執筆時点でBitcoin価格は、過去24時間で約8%増え、9,000ドル近辺に到達しています。仮想通貨市場の時価総額の約35%を占める最大のデジタル通貨は、昨日だけで8,369ドルにまで下落し、1日で17%の低下を記録しました。昨年12月に約20,000ドルの過去最高値を記録した一方で、Bitcoinの劇的なスライドは、15,000ドル、12,000ドルの重要なサポートラインを連続で超え、最終的には10,000ドルを下回りました。最近の市場の動きは、この波に押し寄せられている通貨のためのいくつかの安心材料を提供します。

Ethereumは、約10%増え、1,000ドル近辺に到達しています。Ethereumは、1月10日には史上最高の高値を記録しましたが、その時市場の潮目が大きく変わろうとしている時でした。血液が流れ続けたことで、仮想通貨マーケットが深刻な調整期に入ったことがわかり、Ethereumも2度にわたり、800ドルを下回りました。

最近の落ち込みの中で、12月中旬には最大の時価総額である6,530億ドルからほぼ半減し、仮想通貨の投資家たちはやっとの安堵を楽しんでいます。しかし、ここ最近の好転が持続できるかどうかはまだ分かりません。

市場は、ここ数週間、数々の逆風に直面しています。韓国は、仮想通貨取引やおそらくはデジタル通貨自体を禁止するという空気に満たされた数ヶ月を経た後。最終的に1月の終わりに匿名取引を禁止することに決めました。世界で3番目に大きい市場を構成したるため、韓国の決定は、多くの投資家に安心感を与えました。

わずか2日前、インドのアルン・ジャイトレー財務大臣は、物品やサービスを支払うための合法的手段として、あるいは合法的法貨として仮想通貨を受け入れることを拒否するという、仮想通貨に関する政府の立場を公表しました。

政府は仮想通貨を法定通貨または硬貨とはみなさず、違法な資金調達での使用や支払いシステムの一環としての利用を排除するために、あらゆる措置を講じるだろう、と述べています。

1月26日には、東京に本拠地を置く仮想通貨取引所、コインチェック社がハッキングされ、5億3000万ドル相当のNEMが盗まれたと報告されました。ひどくびっくりしたことに、コインチェック社は、保有するNEMのほとんどを、その技術的困難さを理由に、コールドウォレットに預けて置かなかったことを認めています。また、セキュリティの追加レイヤーであるNEMのマルチシグスマートコントラクトシステムの実装もしていませんでした。このハッキングは、仮想通貨市場、最高の被害額です。

1月18日に、CBOEの最初のBitcoin先物取引が行われ、ベアが手堅く利益を獲得し、10,900ドルで落ち着きました。 Bitcoinの価格はそのニュースで暴落しました。先物契約が仮想通貨をショートする最初の機会となりることで、新しい金融商品やウォールストリートが市場に悪影響を及ぼし、ましてや投資家と争う備えをしていのではないかと、多くの投資家を不安にしました。

1月29日の月曜日、ビットフィネックス(Bitfinex)とその監査法人フリードマンLLPが、関係を断つと報告されました。多くの予想されていた監査は、仮想通貨コミュニティにとっては、関心の的でした。というのも、23億ドルの規模を持つ米ドルで裏付けられているTetherが、実際に法定通貨を保持することで裏付けているかについて、論争が巻き起こっていたためです。

Bitfinexが少なくとも短期間に監査を公表と発表したことから、Bitfinexとこの通貨を発行するTether社は、12月6日に米国商品先物取引委員会(CFTC)によって召喚されたと報告されました。

2015年以来、毎年1月は仮想通貨にとって弱気な月となっています。その多くは、旧正月のためにアジアマーケットで投資家が安値での売りを行うということに起因します。

しかし、今年はもっと多くの論点が市場にあるようです。現在の一時的な猶予が勢いを集め、仮想通貨の愛好家の中で、再度自信が回復してくれることを祈りましょう。

Cryptocurrency Markets Post Recovery in Weekend Trading Respite