Lisk価格、Houbiへの新規上場で20%急騰

Translate this article into English

シェアする

水曜日のbitFlyer上場で65%急増したLiskは、Huobi取引所にも上場したことで、昨日20%急騰しました。Liskは明らかに1週間で2つの取引所に上場したことで、大きな利益を享受しています。

1月31の水曜日は、Bitcoin価格が1万ドル以下まで急落し、仮想通貨マーケット全体の時価総額が1月17日以来初めて、5億ドルを下回るといったことが起こり、仮想通貨マーケットにとって残酷な日でしたが、Liskの価格だけは上昇していました。水曜日の6:00(UTC時刻)直前、LiskはBittrexで21.50ドル前後で取引されていましたが、、25分という短い時間で、その価格は36.27ドルまで上がり、65%以上の上昇を示しました。

価格は,すぐに30ドル以下に戻しましたが、それまでの水準をはるかに上回る水準で取引され続けました。

Huobiへの上場で、2度目の価格上昇

昨日2月2日、LiskはHuobiへの取引所に上場を発表し、トークン所有者はBTCとETHでの取引が可能となりました。coinmarketcapによると、Huobiの上場が発表された直後、価格は16.08ドルから23.42ドルへと一気に戻しました。

Liskの創設者兼CEOマックス・コーデック氏(Max Kordek)は、準備された声明で、

「今日の発表は、水曜日のbitflyerでのデビューに続く、Liskにとって輝かしい1週間を締めくくものだ。」と、述べました。 また、「Huobi取引所にLiskが新規上場することは、2月20日のベルリンでのリローンチイベントへの取り組みに続き、私たちのプラットフォームの地位を大きく高めさせてくれ、さらに、ブロックチェーンテクノロジーを誰にとってもアクセスしやすいものにし、イノベーションの実行者になるという我々の野望の達成を強力に後押ししてくれるものである。」

「この動きは、我々のプラットフォームに対する強い自信と信念を裏付けるものであり、Huobi取引所を通じて、何百万人ものグローバルトレーダーにまでLiskを拡大できることにとても興奮している。」と、コーデック氏は付け加えました。 「開発者や起業家がブロックチェーンテクノロジーの巨大な力を利用できるようにし、新しいイノベーションの時代を到来させる、我々は私たちのコミュニティの成長を楽しみにしています。」

以前はイーサリアム、イーサリアム・クラシック、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、モナコインの5つのアルトコインしかサポートしていなかったため、bitFlyerのリストは注目に値する、とても予想外のものでした。

参考記事:LISK(リスク)がBitFlyer上場により65%高騰

リスクの長期的進歩

Liskの価格は、8月には一桁台の低水準から始まり、10代と20ドル台までに進んでいます。

Liskは、Ethereumのようなメインのブロックチェーンとは対照的に、分散アプリケーションをサイドチェーンに格納するブロックチェーンアプリケーションプラットフォームであり、ユーザーはJavaScriptのメインストリーム言語を使用してゼロからアプリケーションを開発できます。

分散プラットフォームにより、Liskのブロックチェーン上で、サイドチェーンの展開、配布、および収益化が可能になります。 Liskネットワークは、民主的に選出された代表者によって保証される、代表型のプルーフオブステーク(PoS:Proof of Stake)コンセンサスモデルを使用して運営されています。

Lisk(リスク)とは?基本情報 Lisk(リスク)は、分散型アプリケーションプラットフォームであり、その中で利用可能な仮想通貨が...

Lisk Price Jumps 20% On Huobi Exchange Listing