テキサス州、R2Bコインに停止勧告発令

Translate this article into English

シェアする

テキサス州の証券規制当局は、仮想通貨関連の活動について、新たな停止勧告を出しました。

1月24日に調印された緊急勧告によれば、テキサス州証券規制当局(TSSB)はR2Bコインと呼ばれる香港に拠点を置く企業を対象にしています。R2Bコインは誤った誤解を招く情報を流してテキサス州住民に未登録証券を発行していると主張しています。

R2Bのウェブサイトによると、同社は、事前にマイニングされた仮想通貨の「R2Bコイン」の提供価格は、0.008ドルから188ドルになるとしています。さらに、「R2Bコインは取引開始後3ヶ月以内に200ドルに達し、1〜1年半後にはトップ10の通貨になる」と主張しています。

州政府機関は、「誤解を招く虚偽の情報」によって促進されているそのような募集は有価証券の定義に反していると述べています。

R2Bは国際的に認証されていると主張していますが、テキサスの規制当局は、同社はその管轄区域に登録されておらず、一連の電話会議を通じてテキサスから投資家を募集することは証券規制に違反していると述べました。

この文書はさらに、同社が米国、スウェーデン、イタリア、インドなど34カ国から14,500人の投資家がこのプロジェクトに参加していると主張していることを記述しています。また、同社は誤解を招くような約束をしてR2Bコインの成長を促進しています。例えば、投資家は、香港またはニューヨークの取引所で公開株式とこのトークンを交換することができるという約束をしています。

このように、テキサス州政府機関は、テキサス州の住民を対象としたR2Bコインの活動を停止する緊急勧告を求めています。R2Bコインは、控訴を提出するよう勧告されてから31日経っています。 同社はCoinDeskからコメントのために送られた電子メールの問い合わせに答えませんでした。

この停止措置は、昨年12月以来、仮想通貨関連会社に対する州の3つ目の政策であり、政府機関が投資関連の仮想通貨に対する監視を強化していることを示しています。これまで、ドバイに本拠を置くUSI-TechやBitConnectにも同様の勧告を出していましたが、その後BitConnectは閉鎖され、現在は集団訴訟に直面しています。

Texas Takes Aim at Overseas ICO with Cease-and-Desist – CoinDesk