分散型台帳テクノロジーの活用事例

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

過去2年間、ブロックチェーンとデジタルアセット業界は、決済分野でのパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティの問題を解決し続け、驚異的な成長を示してきました。

グローバルペイメントの近代化を支援するため、多くの金融機関がブロックチェーンテクノロジーを採用し始めています。ただし、すべてのブロックチェーンが平等に作られているわけではありません。

たとえ、効果的で中央集権的なブロックチェーンが存在しようとも、分散化が行われた事例はあります。中央集権的モデルでは、ネットワークの所有者が利益を上げますが、分散化が起こると、その逆が成り立ちます。スコットランド王立銀行は、分散型台帳技術の利用に際しては、常に分散型あることを支持しており、リップルの分散型モデルへの移行にむけた、責任感をもった努力に賞賛しています。

もしあなたが、なぜそれが重要なことなのか理解に苦しんでいるのであれば、ボーリングマネーブログで使用されている比喩を使用することを許してください。このブログでは、ブロックチェーン上でのトランザクションの認証を、パーソナライズされたレゴをパブリックレゴタワーに加えることに加えることに例えています。
類推を使用して、ブロックチェーンの検証された取引とパブリックレゴタワーにパーソナライズされたレゴレンガを追加する方法を比較できます。分散型ビジネスモデルでは、この「タワー」を持つことに、次のような多くの利点があります。

  • レジリエンス – 単一の障害点が無い
  • 低い手数料 – 手数料を生み出したり、価格設定に大きな力を持つ仲介者や独占者が存在しない
  • アジャイル – 中央コンポーネントの速度で動く必要はありません
  • プライベート – データはセントラルパーティーによって再販売されたり、掘り起こされたりはできません。

しかし、すべてのレゴが中央集権的組織によって管理されている場合、これらの利益は減少する可能性があります。それとともに、分散化のメリットは技術だけでなく、ビジネスモデルにも適用できると、私は信じています。

ビジネスモデルにおける分散化

オーストラリア証券取引所(ASX)が最近発表した、ブロックチェーンを使用する意向とのアナウンスは、なぜ分散型ビジネスモデルが必要であるかを説明する、重要な事例となります。

株式取引所は、株式を交換の希望する、様々な人たちの集まりです。これは、コーヒーハウスでの非公式の集まりから、ASXのような株式の取引を行う会社への参加へと進化してきました。このような人たち、はこの新しい事業体の顧客になり、時間が経つにつれて独立株主を獲得し、そのポジションとネットワーク効果を利用して価格決定力を獲得してきました。

この問題は長年にわたり増しており、株式の交換に限りません。これは、金融の分野でビジネスを行う際に重くのしかかるコストです。さらに、コストは顧客にも影響を与えます。

分散型台帳技術(DLT)またはブロックチェーンにより、セントラルデータベースの必要性を取り除き、中央の事業体(株式取引所)の役割を大幅に縮小します。理解できるように、これはASXの利益にはならないでしょう。

その代わりに、彼らは単に既存のデータベースを分散型台帳に置き換えました。このデータベースの置き換えは、高価な技術のアップグレードに似たものであり、残念ながら集中化の課題を解決したわけではありません。

それは、ASXの決定の背景にある動機が、上記の利点と一致していなかったと言っているわけではありません。しかし、これらのメリットが完全に実現するためには、結果的にはビジネスモデルを変える必要があります。そして、事業体がそれらの変更を進んで行おうとしない限り、その移行にはほとんど意味がありません。言い換えれば、テクノロジーまたはビジネスモデルのいずれかに分散化がある場合は、従来のデータベースアプリケーションで十分です。

ASXクライアントが集合的に独自のレゴタワーを構築し始めるのであるならば、私は分散型のビジネスモデルがあり、そのメリットが実現しうると大きな声で発言したくなるかもしれません。 ASXなどの事業体が確かに発見したように、ブロックチェーンを使用するだけで多くのメリットを享受できます。

著者について

リチャードは、新興テクノロジーとそのアプリケーションをRBS全体で検討する技術者とイノベーターのチームを率いています。現在は、RBSのブロックチェーンを含む分散型台帳テクノロジーの利用に重点を置いています。リチャードは、最大手の金融サービス機関向けに、財務書類や規制報告書の作成の専門家であり、投資銀行業務技術において20年のキャリアを有しています。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

The Case for More Decentralization