下げ相場でほとんどの仮想通貨が15%以上下落:その要因とトレンドを探る

Translate this article into English

シェアする

ビットコインの価格が8%以上下落し9,400米ドル以下になり、仮想通貨市場は大きな調整を経験しました。

トレンド

市場に出ているほとんどの仮想通貨が15%以上下落しました。Ripple、Cardano、Bitcoin Cash、Stellarといった主要な仮想通貨は12%から16%下落しています。特に価格が1米ドル未満になるのがこの2週間で2度目となるRippleに対し、アナリストらは懸念を示しています。

ビットコイン投資家にとって1万米ドルが心理的節目になるのと同じように、RippleまたはXRPの投資家にとって1米ドルは節目となります。1米ドル未満に下落した後Rippleの価格は反発していますが、ここ2週間でXRPの価格が2度も1米ドル未満に下落したということは重要です。

その他の仮想通貨も、短期的な回復の兆しを見せることさえ苦しい状況です。Bitcoin CashとCardanoの価格はここ数週間停滞したまま、市場で4番目と5番目に価値のある仮想通貨としての立ち位置を維持しています。この2つの仮想通貨はここ1週間で大きく下落していますが、他の仮想通貨も同じようなトレンドで推移しています。

月ベースでみると、仮想通貨市場全体が5,900億米ドル~4,700億米ドルの水準から1,200億米ドルの水準に縮小しています。通常は大きな調整が入った後でも、月レベルや四半期レベルといった中期的には市場は利益を得る傾向にあります。過去1か月間仮想通貨市場は低迷しており、日々の取引ボリューム、全体の関心、モメンタム指標によると、仮想通貨市場が短期的に大きく増大する見込みは少ないとみられています。

まとめると、新規参入者が仮想通貨市場に参加しやすくなっているものの、投資に最適な時だとは言えません。市場が短期的な回復の兆しを見せた場合は投資の選択肢が出てきますが、現時点では資産を分散しリスクを最小化することが最も重要です。

この低迷の原因は?

仮想通貨市場は一連のネガティブなニュースと動きにより打撃を受けました。韓国や最近ではインドで、仮想通貨の取引が禁止されるのではないかとの懸念からの回復中の地域もあります。

また、仮想通貨市場は主に短期的な利益を目指している投機家と素人の投資家で構成されていました。大部分の仮想通貨の価格が下落したので投機家は市場を離れました。このような投機家と手を切り市場が強化されるということは、長期的な発展として評価される可能性があります。 しかし、短期的には、既存の投資家にとって大きな損失につながる可能性があります。

多くの投資家は、特定の地域や市場の課税政策、インドなどの国の規制状況、および仮想通貨市場の長期的な成長トレンドに関心を持っています。

仮想通貨市場は最高値から約40%下落しています。基本的には市場が40%以上下落した場合、部外者は大きな購入機会を得ることになります。新規の購入者がこの空隙に入れば、仮想通貨市場は回復する可能性がありますが、それまでは市場が回復するのに苦労するかもしれません。

Most Cryptocurrencies Decline by Over 15% in Market Slump: Factors and Trends