EUがブロックチェーンテクノロジーの「最先端」として『The EU Blockchain Observatory and Forum』を発足

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

欧州委員会は、EUにおけるブロックチェーンのイニシアチブを統合、拡大するために、The Blockchain Observatory and Forum(BOF)を発足した。

BOFは、欧州議会の議員であり、近年における仮想通貨の調査を担当しているジェイコブ・ボン・ウェーズサカー氏が、同議会協力のもと、発案した実験的なプロジェクトである。このプロジェクトは、欧州委員会の金融技術に関する研究を支援することを目的としている。このような試みは、大きく進化を遂げるブロックチェーンテクノロジーを際立たせており、ヨーロッパに住む当該技術の関係者たちを後押しすることで、ブロックチェーンの拡大と浸透を加速させるという。

「デジタルイノベーションを推進している多くのテクノロジーの中でも、ブロックチェーンは、金融業界において、変革をもたらす可能性を有しています。The Blockchain Observatory and Forumは、ブロックチェーンの発展を観測していき、そして、それに伴った政策や方針を提供していきます」と欧州委員会副委員長で、金融安定・金融サービス・資本市場同盟担当委員でもあるヴァルディス・ドンブロウスキス氏は述べている。

多くのEU加盟国が、ブロックチェーンテクノロジーのイニシアチブを公表してきた。そのようなことから、EUはこれらのプロジェクトが、国境を越えて専門家を統一し、ディスメディテーション・信託・証券・トレースビリティなどの課題に対処できる取り組みになるように目指している。懸念される点としては、銀行・保険会社・証券取引所・その他の事業部門など、共同歩調を取ることができない多様な分野に多くのイニシアチブが点在していることだ。

Digital Economy and Society(EC)の理事であるマライヤ・ガブリエルは、「私は、ブロックチェーンが変革をもたらすものであると考えており、ヨーロッパがその発展の最前線であってほしいと思っています。そのためには、間に合わせのイニシアチブではなく、全市民が利益を得られるデジタル上での単一市場を可能にする環境を整える必要があります。そのような意味で、The EU Blockchain Observatory and Forumは重要な一歩になります」と主張している。

2017年7月に行われた入札要請では、ConsenSys社がヨーロッパにおける観測活動のパートナーとして、EUに選ばれている。

Bitcoin Magazineにて、「ConsenSys社のミッションは、市民と金融機関と政府が偽りなく協力できる体制を可能にすることです」と、ConsenSys France社のケン・ティムシット氏は述べ、そして、「EUは、加盟する全ての国が協力できるようにと設立されたのですから」と語っている。共有されたこのようなビジョンが、より良いパートナーシップを築き上げているのだ。

ティムシット氏によれば、ConsenSys社は欧州委員会との協力の中で、イニシアチブの管理を行い、研究や調査のコーディネートをするという。また、数多くの出資者から意見やフィードバックを得るためのワークショップやイベントも計画予定だ。

同委員会は、2013年からブロックチェーンに関するプロジェクトの資金調達をEU内で行っており、2020年には425万ドルに達する見込みだ。

Blockchain Observatory and Forum to Bring EU to “Forefront” of Blockchain Tech