LISK(リスク)がBitFlyer上場により65%高騰

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

リスクの価格が65%も価格高騰

水曜日の暗号通貨市場は残酷そのものであった。 1月17日以来初めて暗号通貨時価総額は5億ドル以下となり、ビットコインの価格はついに1万ドルを下回った。

しかし、とある1つのトークンがこの傾向を打破し、ドルに対して強い前進をもたらした。その正体とは、サイドチェーンに分散アプリケーションを格納するブロックチェーンプラットフォームであるリスクであり、日中の取引中に価格を高騰させた。(リスクはイーサリアムのようなメインブロックチェーンとは対照的である。)

午前6時(UTC)にさしかかる直前、リスクはBittrexにて約21.50ドルで取引されていた。現時点では急激なスパイクが発生し、25分以内にリスクの価格は36.27ドルとなり、65%以上の高騰をたたき出した。その後すぐにリスクの価格は30ドル以下に下降したが、これは以前の水準をはるかに上回るものとなた。現在、リスクはBittrexで26.56ドルとなっている。Bittrexは約24%の単日増加率であり、31億ドルの時価総額に相当するという。

LSK Price Chart

バイナンスは複数のリスク取引を行っており、そのうちトークンはビットコインとの取引を行っている。一方で、韓国Upbitのリスク/韓国ウォン市場はリスクを最大の取引ペアとしている。残リスクの大半はビットコインとイーサリアムの取引ペアに集中している。

Source: CoinMarketCap

リスク高騰余波の背景にあるBitFlyerリスク上場

リスクの価格回復は、日本最大級の暗号通貨取引所であるBitFlyerにおけるトークンのリスト上場に直接結びついているようだ。

同取引所は、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインの5つのアルトコインのみサポートしていなかったため、この上場は注目に値するものであった。

BitFlyerに上場されるということは、リスクを世界最大の暗号通貨市場に導くだけでなく、BitFlyerが日本円取引をサポートしているために、トークンに新しい取引ペアを提供することとなる。

この取引所は、リスク取引が行われるというアナウンス直後に、サービス一時停止を数時間の内に複数回報告したため、BitFlyerのサーバ容量に大きな負担がかかったようである。

bitFlyerが新たにLISKの取扱をすることを発表しました。 【リスク(LISK)取扱い開始のお知らせ】ア...

Lisk Price Spikes 65% on BitFlyer Listing