Ethereum財団のエグゼクティブ・ディレクターに日系のAya Miyaguchi氏が就任

Translate this article into English

シェアする

私たちは、Ethereum財団のエグゼクティブ・ディレクターを約3年間務めていたMing Chanが財団を離れることを悲しく思っています。2015年に彼女が財団に来て以来、彼女は財団の発展と成功に重要な役割を果たしてきました。彼女が財団にもたらしてきたリーダーシップやコミットメント、誠実さがもう見れないと思うとさびしく思います。彼女の専門的に携わったサービスと、以下のような重要な業績に感謝したいです。

  • 財団の複数回の再編成と効率の大幅な向上、コスト削減
  • IC3などの学術グループとの関係構築
  • DAOのハッキングや2016年のDoS攻撃を含む複数の難しい課題を通じた財団のナビゲートとサポート
  • ホームステッドとメトロポリスを含む複数の主要なハードフォーク(該当仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用すること)を監督して成功に導いた
  • 3つのDevconのイベントを監督して成功させた

財団の現在および将来のリーダーシップのニーズに対応するため、我々はふさわしい後継者の探索をすでに完了しています。2018年2月1日より、Aya MiyaguchiがEthereum財団のエグゼクティブディレクターを務める予定です。Ayaはブロックチェーン分野のベテランであり、最近ではKraken Japanのマネージングディレクターでした。彼女は何年もの組織でのリーダーシップ経験をもたらし、非営利で社会的な事業に対する情熱を持っています。私たちは彼女が私たちに参加して新しい役割に彼女を暖かく迎え入れられることをうれしく思います。

ブロックチェーンのエコシステム(ビジネスの分野で、特定の業界全体の収益構造を表す単語)のさまざまな層に携わってきた私は、Ethereumプラットフォームの中核レベルで必要とされる改善があることを認識しており、これらの改善は強力なコミュニティのサポートでのみ成し遂げられる可能性があります。私はこの役割を担い、研究開発の努力とコミュニティ内の関係をサポートすることにわくわくしています。

とAyaは述べました。

私たちはAyaと協力して、今後数年間に財団が発展し、成長し続けるのを楽しみにしています。私たちのエコシステムには多くのエキサイティングな発展があり、今後そして近い将来の飛躍を目指しています。

Farewell and Welcome – Ethereum Blog