NEM財団、コインチェックで盗まれた仮想通貨は取引所で売却はされていない模様と発表

Translate this article into English

シェアする

NEM財団によると、580億円分のXEMトークンが動いていますが、水曜日には仮想通貨取引所でそれらが売却される動きはありませんでした。

先週、最も大規模な仮想通貨取引所へのハッキングと呼ばれる事件が起きました。日本の仮想通貨取引所Coincheckから約5億ものXEMが盗まれました。 しかし、水曜日の朝に財団が発表した声明によると、相反する報告にもかかわらず、攻撃の背後にある者たちは、まだそれらを売却しようとはしていません。

「盗まれた資金は、いずれの取引所にも送られていない。これらの資金が公的な取引所を離れている限り、特に大量の資金に限っては捌くのは非常に難しいだろう」と同グループは述べています。

ロイター通信は以前、NEM財団副会長のJeff McDonald氏が、ハッカーやハッカー集団が盗んだトークンを6つの異なる取引所に売却しようとし始めたと発言したことを報告していました。

しかし、この情報は完全には正確ではなかったとNEM Europeのプロモーター、Paul Rieger 氏は主張しました。CoinDeskへの電子メールで、NEM財団の子会社メンバーは次のように述べています。

ハッカーアカウントからランダムなアカウントまでは、100件のXEM取引がありましたが、売却されたものはありませんでした。取引所での取引の動きはありません。

Reiger氏は以前、CoinDeskに、彼のグループは盗まれたXEMが入れられている口座にタグを付けると伝えていました。 彼のチームはまた、盗まれたXEMと関係アカウントに自動的にフラグを付けるシステムの開発を支援しました。

水曜日、日本のニュースは、盗まれたXEMが1月26日(金曜日)〜1月30日(火曜日)の5日間にわたって20の異なる口座に移されたことを報道しました。新聞はさらに、警察がこの移動を調査していたせいで実際のハッキングの調査が遅れた可能性があると書いています。

日本のニュースはさらに、9種類の口座それぞれに少なくとも11,000円が送金されたと主張しています。

日本のニュースがどこからこの情報を手に入れたのかは不明です。 NEM財団は、この報告の主張を裏づけることを拒否しました。
声明の中で、NEM財団は、ハッカーが盗まれたXEMの大半を清算することは困難であり、トークンの開発者は、アカウントに関係なく監視し続けていると述べました。
盗難のニュースはXEMの価格に大きな影響を与えませんでしたが、Coincheckが盗まれた資金を投資家に返済するというニュースは、コインの価格をローカルの中では最高値$1.22まで押し上げました。しかし、それからそれは再び落ち始めました。本記事の執筆時点では、より広範な仮想通貨市場の中で約$ 0.76に落ちこみました。