中国ビットコイン取引所のHuobiが米国に事務所を開設

Translate this article into English

シェアする

中国最大規模の暗号通貨取引所のひとつで、中国に本社を置く Hunobiは、サンフランシスコに事務所を開設する予定である。

最高戦略責任者の Cai Kailoing氏は、米中ブロックチェーン会議である 1月26日に実際されたBlocakchain Connect でこの動きを明らかにした。同氏はそれを準備するため会議の前週に米国に来たと、語った。

Huobiは国際的に成長することを目指しているとCai氏は述べており、「米国が現在焦点になるだろう」と述べている。

Huobiの広報担当者は、同社がシリコンバレー地区に新しい本社を建設していることを確認した。担当者は、事務所開設の目的を詳細に説明しなかった。

Huobiは、中国の規制当局が全国の取引所を締め付け、そのため事業を海外にシフトし、暗号通貨の取引を提供した昨年、元ベースの暗号通貨取引を提供することをやめた。

米国の事務所は、国際的に拡大するためのHuobiの足がかりとなるだろう。先月、Huobiは投資会社のSBI Groupと提携し、円ベースのサービスを提供するために日本で暗号暗号交換を開始すると発表した。

SBI Virtual Currencies社とHuobi Japan 社は、それぞれの立上げのための確定的な日程を発表していないが、Hunobi 会長の Li Lin 会長とSBIグループの北尾会長が署名した協力協定が確認された。

この開発はまた、Huobiが独自のトークンを発行しているというニュースに続いているが、同社は新規仮想通貨公開を計画するつもりはないと述べている。

Bitcoin Exchange Huobi to Open US Office