なぜ韓国の仮想通貨取引所で取引されている仮想通貨の種類は少ないのか?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

多くの投資家、特に韓国の仮想通貨市場以外のトレーダーは、BithumbやKorbitのような韓国の仮想通貨取引所が登録している仮想通貨が少ないのはなぜなのか不思議に思っています。

低供給

Bithumbは、2017年の手数料から3億ドル以上の利益を生み出した韓国最大の仮想通貨取引所で、そのプラットフォームには12の仮想通貨しか登録されていません。ローカル市場で3番目に大きい仮想通貨取引所であるKorbitは、Bithumbよりも少ない仮想通貨を登録しています。

韓国の仮想通貨取引所は、新しい仮想通貨を統合する際に、非常に慎重です。なぜなら市場の特定の仮想通貨の需要を慎重に分析するからです。ローカル市場では大きなプレミアムを示しているように、韓国の市場では、仮想通貨の需要は大きく、供給は少なくなっています。

その結果、投資家は仮想通貨の供給不足のために、世界の平均レートよりも高いレートで仮想通貨を購入します。

具体的には、QtumとZcashを追加する前に、Bithumbはリスク評価と分析を数ヶ月行ったと言われ、長期間に渡って2つの仮想通貨の需要が持続できるようにしました。

韓国の投資家は、市場のすべての仮想通貨に関心があるというわけではありません。たとえば、Bithumbで例を挙げると、Bithumb上でEOSはBitcoin、Bitcoin Cash、Litecoin、Dash、Monero、およびZcashを合わせた取引量よりも日々の取引量が大きいです。したがって、Bithumbの場合、7つの主要な仮想通貨よりも普及している仮想通貨を登録することは、7つの仮想通貨のサポートを追加するよりも、企業にとって有益です。

また、韓国市場は、政府が合法として認可した仮想通貨を外国人が取引することはもはや許可されていないという意味で制限されています。外国人の取引禁止が1月20日に課せられる以前から、外国人は仮想通貨取引所で、政府が合法とした仮想通貨の取引を制限されていました。

したがって、もしローカルの仮想通貨取引所の需要が少ないが供給が大きい場合、取引所が注文書を維持し、その特定の仮想通貨を継続してサポートすることは困難になります。

他の地域では、マイナーが取引でかなりの量の仮想通貨を供給するので、ほとんどの仮想通貨の流動性が高まっています。韓国市場では、大規模なマイニング施設が存在しないため、世界市場で扱われるすべての仮想通貨の供給が少ないです。 外国人や海外のマイナーは韓国市場に仮想通貨を持ち込むことができないため、供給は現地市場から行わなければなりません。

12月には、中国のいくつかのマイナーが韓国の仮想通貨市場で中国でマイニングしたビットコインや他の仮想通貨を販売して韓国で逮捕されました。

もし韓国の仮想通貨取引所が急に需要と供給の低い仮想通貨を追加したなら、その特定の仮想通貨のための注文書を処理することができず、潜在的に取引所自体および地元の投資家にとって深刻な問題を引き起こすでしょう。

仮想通貨取引所UpBit

韓国の仮想通貨取引所に登録されている仮想通貨の量が少ないおかげで、UpBitのデビューは韓国の投資家から非常に期待され、数ヶ月でBithumbに次ぐ2番目に大きな仮想通貨取引所となりました。

KakaoTalkと、KakaoPayを運営するKakaoの子会社Dunamu、この2社が運営するUpBitはBittrexと提携しており、Bittrexに登録されているすべての仮想通貨を一覧表示することができます。今日まで、UpBitは100以上の仮想通貨をサポートしている韓国で唯一の仮想通貨取引所でありつづけています。

Why do South Korean Cryptocurrency Exchanges Only List a Few Tokens?