英国のBitcoinトレーダー、銃による武装強盗に逢う

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

英国の地元メディアが「英国初のBitcoin強盗」と呼ぶ事件で犠牲者がでました。Bitcoinトレーダー2人が、マスクをした男性によって銃を向けられ、非公開の大量の仮想通貨を強制的にその強盗の口座に移させられたようです。

1月22日に発生したこの事件は、Oxfordshire州のMoulsfordにある小さな村で発生しました。そこでは、仮想通貨トレーダーのDanny Astonとその恋人Amy Jayが乳幼児と一緒に住んでいました。

The Mail on Sundayのレポートによると、バラクラバを着た4人の男が夫婦の家のドアを蹴り破り、夫婦の赤ちゃんを外に連れ出し、AstonとJayに強制的に、保有する仮想通貨資産を移譲するように脅しました。

Aston(31歳)は、仮称 “Goldiath”というトレーダーの下で10万件以上の取引をしたと伝えられており、彼とJay(31歳)は自宅で営業していたAston Digital Currencyを共同所有していました。

「事件の間に重傷を負った者はいなかった」と同紙で、テムズ川警察の広報担当者は述べています。

執筆時点では、逮捕はされていませんが、警察は夫婦が意図的に標的にされたと考えています。報告書によると、英国では、銃器を含む犯罪はロンドン大都市圏の外ではまれであり、しばしば組織犯罪と関連している問題です。

この強盗は、仮想通貨事業に関連する個人を標的とした暴力的な最新の活動です。

12月、ニューヨークの住人Louis Mezaは、仮想通貨の投資家を誘拐し、180万ドル相当を盗んだと言われています。

その月の後半に、仮想通貨取引所EXMOの重役はウクライナで誘拐され、100万ドルの身代金を支払った後に最終的に解放されました。

ちょうど先週、3人の武装強盗がオタワに拠点を置く仮想通貨取引所Canadian Bitcoinsに押し入り、従業員に強制的に資金を移させようとしました。この場合、建物の別の場所の従業員が、電話をかけることで容疑者が盗難を完了する前に警察が到着できました。

UK Bitcoin Traders Robbed at Gunpoint