ブロックチェーンの周期表:トークンの分類方法

Translate this article into English

シェアする

地球は土、火、水、空気の4種類の元素で構成されると長い間信じられてきた。1750年頃になって科学者は、火は元素ではなく作用の結果だと理解するようになった。

その後1869年にドミトリ・メンデレーエフは元素の周期表を発表した。周期表は実際に存在できる化学元素を地球上に無いものも含めて示したものだ。メンデレーエフの業績は未知の元素の探索や元素合成につながり、様々な産業分野に飛躍的な進歩をもたらした。

今日、デジタル資産でも同じことが行われているように感じる。つまりデジタル資産に、従来型の暗号通貨、ICOトークン、ユーティリティートークン、などと名前を付けているのだ。このことがメディアや大衆が混乱する原因となっている。

彼らは暗号通貨、あるいはトークンを含むあらゆるものは魔術で新しい機能や金融モデルを有する、と信じ始めている。規制機関が追いつくのは一番最後で、革新的だと見られるものすべてを詳しく調査することもなく許可することもある。

デジタル資産の分類に一定の基準を定義することは産業全体を前進させ、投資家や規制機関の仕事を簡略化することになるだろう。

定義と前提条件

デジタル資産はバイナリ形式で存在し使用権が付随する。

デジタル資産は希少である。つまり、どの瞬間を見てもその資産の明白な所有者(あるいは所有者のグループ)は一人だけである。

トークンは所有者が保有する特定の資産の残高を表す会計単位である。

分類の原則

デジタル資産の会計システムでは5つの処理が行われる。この会計システムは少なくとも3つの状態(中央管理、分散管理、処理不能)があり、以下の1つまたは別々の役割で管理できる。

・統治(Governance)
・保管(Custody)
・発行と分配(Issuance and distribution)
・取引処理(Transaction processing)
・監査(Audit)

これらの処理を様々に組み合わせることで、様々な種類のデジタル資産(ここでは分散型周期表と呼ぶ)が導かれる。

以下に挙げるのは、現在のところもっとも一般的に使われている用語、あるいは意味が確立している用語である。

暗号通貨

通貨の発行と初期分配を行うネットワーク。分散化された方法で行われる取引処理に加え、安全で検証可能な数学的アルゴリズムを利用する。

5つの処理はすべてこのアルゴリズムが管理し、参加者ごとに個別に実行される。暗号通貨の重要な性質は分散化の度合い(参加者の数と参加者の決定したことの相関)である。

もう一つの重要な性質は許可なしで参加できることで、そのためには検閲のないシステムが必要となる。

暗号通貨の極限状態を以下に挙げる。
・参加者と検証者の数が未定義
・完全に匿名な者
・属性のない者
・そして取引が完全に非公開のもの

ビットコインやモネロのようなプルーフ・オブ・ワークに基づく暗号通貨がこの好例である。

中央銀行が発行する通貨

5つの処理すべてを中央銀行が集中管理するシステムのことで、デジタル通貨はその国の通貨と1対1でペッグしている。

デジタル通貨

システムの中には、取引の検証や手数料の設定、更新のような処理を分散化されたユーザーネットワークが行い、その一方で通貨の発行と初期分配は中央管理組織が行う、というものがある。

担保するものがまったくないので保管処理はない。

例としてRipple、Stellar、IOTAがある。

商品に裏打ちされたトークン

商品とは欲求や要求を満たすために作られるものである。商品に裏打ちされたトークンは特定の量の商品に対する所有権を表す。トークンは中央統治、保管、発行の機能を持ったシステムで管理される。これらの処理はサービス・プロバイダー、または実体を持つ商品の保管者が実行する。

一つのトークンは常に決まった量の商品で裏打ちされ、指定された者が1対1の比率で交換することを保証している。

例として、1971年以前の米ドルではトークンは金または倉庫証券を表しており、この場合は取引処理と監査もまた中央管理組織が行う。

暗号通貨の世界での例としてはTetherがある。Tetherの処理は分散化されている。

エクイティ・トークン

セキュリティは代替可能な金融商品で、ある種の経済的価値を表す。

エクイティは企業内での所有や収入への流れの関与を表す。セキュリティ・トークンは内在するセキュリティの所有権、またはシステムが生成するキャッシュフローの共有における所有権を表す。

トークンは中央統治、保管、発行の機能を持ったシステムで管理される。これらの処理は保管庫または企業自体が実行する。一つのトークンは常に一定数の共有あるいはキャッシュ・フローの割合を表す。処理は保管庫が中央管理的な手法で実施する。

暗号通貨の世界での例としてはDAOトークンがあり、分散的に処理される。

会計トークン

会計トークンは会計にとって意味のあるものを表すが、譲渡には意味をなさない。

統治、発行、保管、監査は中央管理されている。身元、評価、格付けがそのような資産の例である。

Web of trustのIDはこの範疇に入るが、その場合は発行、保管、監査は分散化される。

デジタル・コレクティブル

コレクティブルはコレクターの価値や興味に存在するものと見なされるオブジェクトのことである。

これらのオブジェクトは独特で代替可能ではない。トークンは特定のオブジェクトの所有権を表す。統治と発行は中央管理される。

そのような資産の例としてCryptoKittiesがある。

ユーティリティ・トークン

ユーティリティはオブジェクトの利便性のことである。ユーティリティ・トークンはシステムの機能を使う権利を表す。ユーティリティ・トークンの役割はこのトークンがなかったときよりもシステムを簡単に使えるようにすることだが、一定の条件下では確かに簡単になる。

ユーティリティ・トークンは、内部通貨やシステム価値の累積、会計といったいくつかの機能を提供する。長期的にはユーティリティ・トークンはデジタル通貨、セキュリティ・トークン、会計トークンに分裂しなければならない。統治と発行は中央管理化されている。

デジタル資産の種類を判定する方法

トークンが属するカテゴリーを把握するための問いを以下に挙げる。

・そのトークンは指定した資産を表現するか?
1. 資産は代替可能か?
2. 出処が重要か?

・トークンの発行は数学的アルゴリズム(規約)で定義済みか?
1. ユーザーが規約を変更する処理が存在するか?

・所有者の間でトークンを移動することに意味があるか?

・トークンを所有することは、システムが生成した利益(価値やビジネスモデル)への関与を意味しているか?

・サービスを提供し資産の保管を保証する特定の所有者がシステムに存在するか?

・トークンを伴う取引がシステム内のすべての参加者に影響するか?

・トークンを所有することで特定のビジネスで共有することになるか?

・トークンの価格が無制限に上昇することに意味があるか?
1. そのことが手数料に与える影響は?
2. システムがサービスを提供している場合、サービス価格が高くなりすぎることはないか?

・トークンなしでシステムは機能できるか?
1. 支払いや報酬の目的で他のトークン(暗号通貨など)を使用できるか?
2. 独自の金融政策(需給調整)がシステムに必要か?
3. トークンがDDoS攻撃の防止に使われる場合、防止のための代替策はないか?

分析

ビットコインが登場するまでは、5つの処理はすべて中央集権的なやり方でなければ実施できないと考えられていた。

しかしビットコインは、分散化された金融システムを構築することは十分に可能だということを明らかにした。

各処理が3つの方法(中央管理、分散管理、処理不能)で実行できると言った場合、その結果は何百もの可能な組合せが存在する、ということになる。

いくつか実際に調べてみよう。

・全処理が中央管理:問題ない。中央銀行の通貨が思い浮かぶ。

・全処理が分散管理:ビットコイン

・最初の4つは分散化されるが監査だけは処理不能:実際に存在する。暗号通貨のmonero(やzcash)など。

・最初の4つは分散化されるが監査だけは中央管理:可能である。例えば、zcashの初期セキュア・パラメーターが破壊されていなかった場合(事実だと思う人もいるだろう)。

・統治と発行は中央管理されているが、保管、取引処理、監査は分散管理:RippleやStellar

・全処理が中央管理されるが取引は不能:PKI(Public Key Infrastructure、中央管理された公開鍵暗号基盤)

・統治は中央管理、保管、発行、監査は分散管理、取引は不能:ブロックチェーンの識別に相当する。

・取引は不能で他のすべては分散管理(監査は不能の可能性あり):Web of Trust

・保管は不能、発行や他の処理は中央管理:土地の登記

・保管は不能、発行と統治は中央管理、取引と監査は分散管理:ブロックチェーン上の土地登記

奇妙な新世界

私たちはトークナイゼーションの新しいビジネスモデルと応用の大躍進を目の当たりにしようとしている。このような大躍進が可能になったのは、暗号通貨の手法(効率的な準同型暗号、短時間で高速に処理可能なゼロ知識証明、秘匿性の高いマルチパーティ計算、量子計算)、メッシュ・ネットワーク、ネットワーク基盤などが技術的に進化したおかげだ。

このような新しいビジネスモデルは新しいタイプの合成された資産に大きく依存し、経済的社会的に影響の大きな変革を必然的に伴う。そのような変革の意味を理解するために正確な語彙を持つことが大切だ。

https://www.coindesk.com/periodic-table-blockchain-classify-tokens/