国際通貨基金(IMF)のマネージングディレクター、マイニングのエネルギー消費量と仮想通貨の負の一面を懸念

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Bitcoinマイニングはエネルギー集約的すぎる – それは国際通貨基金(IMF)のマネージングディレクター、Christine Lagarde氏が主要仮想通貨に関して提唱したメッセージです。

Bitcoinマイニングはエネルギー集約的すぎる:IMFディレクターLagarde

ダボスから世界経済フォーラムで講演していたLagarde氏は、BitcoinマイニングはIMFが懸念する “エネルギーの怒り”の産業だと語りました。

Bloomberg TVのインタビューで、「このBitcoinマイニングは、コンピュータを加速させて利用して、実際に価値を決定する誘発的メカニズム機能であり、”エネルギーの怒り”です」と述べました。 「このままいけば2018年には、アルゼンチンと同じくらい多くの電力を実際に消費することになる」

Bloombergによると、Bitcoinマイニングの集団電力消費量は2017年に3倍になり、12月に1日の電力使用量のピークである43GWhに達しました。

多くのアナリストや環境保護主義者は、業界の電力使用量に警鐘を鳴らし、Lagarde氏は、世界がすでに気候変動問題に取り組まなければならない状況であることを考えると「大きな懸念」になっていると述べました。

「気候変動の時代に、実際にいくつかの中国の地方でBitcoinをマイニングするために使用されている石炭の量を見ると、これは大きな懸念すべき問題である」と彼女は結論づけました。

しかし、そのような声明にもかかわらず、他のアナリストは、業界のエネルギー消費が過度に高まっていると言いました。先週のCredit Suisseの報道によると、マイナーの電力使用量は利益が残っている限り増加するが、実際の予測は「おそらく一部の人が恐れていた電力と環境アルマゲドンからかけ離れている」といいます。

ブロックチェーンは魅力的だが、Bitcoinには「ダークサイド」がある

しかし、Lagarde氏はたびたび、Bitcoinから「仮想通貨の技術」を分離しようとしていました。彼女はこれまでに言ったように、この技術が「大規模な混乱」をもたらすであろうことが、今回のインタビューで彼女が再考した予測です。

同氏は、「仮想通貨について魅力的なことは、その下にある技術であり、識別、信頼性、取引の認証を仲介なしに保証するこの分散型元帳技術であって、これは元のBitcoin発明者の夢だと思う」とおそらくBitcoinの起源についての知識を持たずに述べました。

Lagarde氏は、無数の中央銀行が、新しい通貨単位を管理し、発行する権限を犠牲にすることなく、分散元帳技術(DLT)を自社の業務に統合する方法を実験し始めたと指摘しました。

しかし、仮想通貨は、大量のエネルギー消費を超える暗い側面を持っている、とLagarde氏は主張しています。

「仮想通貨の匿名性はマネーロンダリングのような暗いマネーの動きを助長するだろう。金融の安定性と金融取引の透明性を求めているなら、それは誰も喜ばないことである。そこが仮想通貨の暗い側面だ」と彼女は指摘します。

この脅威に対応して、IMFは最近、様々なG20諸国の金融監督当局と同様の懇願に加わり、仮想通貨の規制に関する国際協力を呼びかけました。

IMF’s Lagarde Says That Bitcoin Mining Consumes Too Much Electricity