NIST、初心者に向けたブロックチェーン報告書を公開

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

アメリカの商務省の非規制局であるNIST(The National Institute of Standards and Technology )は、ブロックチェーン技術の限界や、多くの人が抱いている誤解を含む中心的な特徴を明らかにする目的で、その概要を公開しました。

公開された資料は、ブロックチェーン初心者、特にその技術の採用を視野に入れている機関や、ブロックチェーンを取り巻く「過大広告」をも超えていこうとする機関に向けられています。著者は、新しい技術が出てくると事業はそれに引き付けられるものだが、ブロックチェーンに関しても、飛び込んでみる前にその実施が本当にふさわしいものかどうかを見極める必要がある、と警告しています。

「企業のITマネージャーは、我々はブロックチェーンを理解しており、明確な理解に基づいて、企業は利用する必要があるか否かを主張できる、と言えるようにしておく必要があります。」そう語るのは、資料の製作者の一人である、コンピューター科学者のDylan Yaga氏です。

発表された資料では、ブロックチェーンがID管理と信用のコントロールに関わっているという認識が、ブロックチェーンについての一番の誤解であると述べています。つまり、実際はブロックチェーンは分散され、中央組織が管理していないにもかかわらず、開発者がシステムのクリエイター、メンテナーとしてブロックチェーンの管理の一定レベルを動かしていると誤認されているということです。

同様に、ブロックチェーンは利用者の活動の管理に不足があり、「トランザクションの規定と明細」を実行する権利しか有していないのです。資料の述べるところによると、人々はよく、ブロックチェーンが、現実世界のID情報をプライベートキーに連合させてそこに帰する手段を提供しているものと勘違いしています。

著者はさらに、ブロックチェーンが信用できないシステムであると誤解されていると指摘しています。つまり、ブロックチェーンが機能するためには、システムにおける多大な信用、開発者と利用者の協力が必要不可欠である、と続けています。

システムの限界に関しては、NISTがブロックチェーンの電力に必要である膨大なエネルギーと通信帯域幅を問題視しています。さらに、利用者がプライベートキーを自己管理しなければならないので、万が一紛失した場合に、集積化されたプラットフォームでユーザー名やパスワードを失うよりも高いリスクが発生することになります。

NIST Releases Blockchain Report for Business Beginners