Blockchains 合同会社がネバダ州に67,000エイカーの土地を取得

Translate this article into English

シェアする

グーグル、テスラ、スイッチの各社は、Brockchains合同会社の新しい隣人になるだろう。

読者は、今までBlockchains合同会社について聞いたことがないかもしれない。しかし、同社は直ぐにフィンテック企業として注目を浴びることになるだろう。

同社の事業は拡大しており、ネバダ州北部の有名なエメラルドシティに67,000エーカー(東京ドーム役5800個分)の候補地を選定したところだ。

同社は、分散アプリケーションのための分散型台帳(ブロックチェーン)技術に重点を置いており、本社を過去20年間に花開いた世界最大の工業団地であるネバダ州のタホ・リノ・インダストリアル・センターに移転している。

ネバダ州の工業団地は、74万エーカーの土地を売出し、2018年に総額175百万ドルの土地売却を完了した。その大部分はBlockchains合同会社に売却されたと郡裁判官が報告した。不動産ブローカーのLance Gilman氏は、1週間前にこの取引で第三者預託を完了したと述べたが、Blockchains合同会社の開発計画に関する詳細は分かっていない。

Gilman氏は、「15,000フィート(地上からの視野)から、ブロックチェーン技術のすべての機能を示すことができるようなショーケースとなる製品を構想していると思う」と述べた。

Blockchains合同会社は、イーサリアムブロックチェーン上にデジタル駆動の金融サービスとソフトウェアであるDapps(分散型アプリケーション)を提供することに重点を置いて、社会変革の提唱者として自らを説明している。同社は、ブロックチェーンに基づいたアイデアやビジネスの発展のためのインキュベーターである。

Gillman氏は、数千の家屋やアパート、レンガ造りの小売店で構成されたブロックチェーンベースのコミュニティについて説明した。この開発は、ホテルからトラックの停留所、飲食店までの主要なハイウェイからのアクセスが期待されるサービスにまで及び 「そして、再び、ブロックチェーンの技術基盤を持つすべての人と共にある」と付け加えた。

Blockchains合同会社は、港、自転車道、カジノなどに囲まれた町の中心部にある湖を中心に、ネバダ州の「エメラルド・シティ」と連動した最高レベル開発に注目している。 地元住民のための貯水池。 また、作品にはBlockchains 合同会社の参加を必要とするミニ鉄道がある。

ソフトウェアのスタートアップに関する詳細を含むBlockchains合同会社の研究開発プロジェクトは、来月の公式発表で明らかにされる予定だ。

技術の撹乱者

この土地購入により、2017年に合法的に登録されたスタートアップは、100以上の事業所にまたがる107,000エーカーのキャンパスの主要な位置づけになる。 報告書によると、通貨慣行の共同設立者である弁護士グループBerns WeissのJeffrey Bernsは、Blockchains、LLCの一部の所有者である。

その弁護士は、Blockchains合同会社が2018年第2四半期まで隠密行動を維持するとしていると伝えており同社は2017年にグーグル社よりも広い1,200エーカー以上を取得した。 スイッチ社も2,000エーカーを取得しており、テスラ社は、約3,000エーカーの大規模工場でリチウムイオン電池を生産している。 テスラ社の50億ドルの大規模工場は2018年までに年間50万台の自動車を生産するという同社の目標を支えるように設計されている。

Industry Firm Blockchains, LLC Scoops Up 67,000 Acres in Nevada