ヴィタリック氏:イーサリアムの「シャーディング」ロードマップの第一部がほぼ完成

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサリアムはネットワークの拡張を可能にする新技術の導入に近づいているという。

ヴィタリック・ブテリン氏は、「フェーズ1のパート1のようなものがすでに始まったようだ」と、開発者会議で語った。

シャーディング(全ノードのうち、ほんの少しの割合のノードしか、全てのトランザクションをモニターし処理しないようにする手法。これにより多くのトランザクションを同時並行で処理することができる)と呼ばれるこの技術は、イーサリアムブロックチェーンのデータをより管理しやすい部分に分割しようとする。 Githubに投稿された初期仕様を指し示しブテリン氏は言った:

「最小限のシャーディングがどのように見えるかという理論的には良い仕様です。」

イーサリアムはプラットフォームの人気が高まっていることから圧力がかかっており、トランザクション時間が遅くなり、処理手数料が高くなっている。渋滞により、すでにいくつかのトークンベースのプロジェクトがStellarなどの他のブロックチェーンの上に構築されている。

ブテリン氏は、4段階スケーリング提案の次の段階が「1か月で完了する」と述べ,、 さらに、プラットフォームの完全な履歴を処理する必要のないイーサリアムソフトウェアの一種であるステートレスクライアントに開発作業が回り込む可能性があると付け加えた。

「そこから我々は、テストネットワークの一種である実用的なテストに挑戦しようとしている」と、イーサリアム創設者のブテリン氏は語った。

この会合では、ブテリン氏は現在テスト中のCasper ethereumの新しいコンセンサスプロトコルにも反映されている。

CoinDeskが詳述するように、テストネットワークは導入されたソフトウェアに関する問題によって脱線している。しかし、ブテリン氏によれば、ちょっとした問題にもかかわらず、このプロジェクトの中核は健全である、あるいは彼はそれを次のように述べている:「CasperプロジェクトのCasperの側面は完全に成功している」

それでも、異なるイーサリアムソフトウェアクライアント間での使用に適合させるコードはまだない。

“これは今のところ、少し後退している。”

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Part One of Ethereum’s Sharding Roadmap Is Nearly Done