【仮想通貨取引所】Cryptopia(クリプトピア)の登録方法・本人確認・二段階認証の設定方法

Translate this article into English

シェアする

500種類以上の通貨を取り扱いしているCryptopiaの登録を行い、取引を開始すれば、国内取引所では入手できない仮想通貨だけでなく、海外仮取引所でもまだまだ知名度の低い草コインと呼ばれる通貨も取引することができます。取扱通貨が多いと、それだけ投資先の幅が広がり、資産を増やしていける可能性が広がって行くと言えるでしょう。

Cryptopiaでは、まだ価格が上がりきっていない通貨も多数取り扱っているため、「一日で100%値を上げた」「一週間で価格が10倍になったので、入れていた10万円が100万円になった」ということが頻繁に起こります。

国内取引所では、すでに一定の通貨に資金が集まってしまっていることが多いため、大幅な値上がりをする通貨がCryptopiaほど多くないと言えるでしょう。また、2018年2月現在、国内大手取引所であるコインチェックでのアルトコインの取引が停止してしまっているため、日本国内取引所では、購入できない通貨を購入し、投資の幅を広げていくためにもCryptopiaのような海外取引所を登録しておいて、取引を開始すると良いのではないでしょうか。

そういった意味でもCryptopiaに登録してトレードするのは非常に賢い選択と言えるのではないでしょうか。取り扱い通貨の数は非常に重要であると言えるのです。

準備するもの

Cryptopiaの登録のために準備するものは、メールアドレスのみです。アカウントの登録の際、日本の取引所のような本人確認資料等は必要ありません。

ただし、Cryptopiaでは、アカウント登録しか行わない場合には、一日の送金制限が$5000.00NZD(日本円で約40万円)と設定されてしまいます。

パスポートや免許証を提出し本人確認を行えば$50000.00NZD(日本円で約400万円)に上限をあげることができるので、ぜひ行ってみるとよいでしょう。

「登録完了」までの流れ

まずはこちらからCryptopiaへアクセスします。

アクセスしたら画面右上の「Register」というボタンをクリックして登録画面に進んでください。

なお、Cryptopiaは、日本語非対応のため、英語のまま登録に進みことになります。「Register」というボタンが登録ボタンです。

登録画面に進んだら、以下の手順で登録していきましょう。

  1. UserName!に使用したい名前を記入します。
  2. Email Addressに自分のEメールアドレスを記入します。
  3. Passwordに使用したいパスワードを記入します。
  4. Confirm passwordでパスワードの確認を行ってください。
  5. Please choose a 4-8 digit Pincodeでは好きな4~8桁の数字を入力してください。 (この数字は、ログイン時に必要になります。)
  6. Registerをクリックして登録完了です。

「本人確認」の流れ

基本的には、取引を行う際に本人確認は必要ありません。ただし、本人確認を行わないと、一日に行える送金額に制限が設けられてしまいます。

アカウント登録だけの場合、上限は$5000.00NZD(日本円で約40万円)ですが、パスポートや免許証を提出し本人確認を行えば、$50000.00NZD(日本円で約400万円)に上限を引きあげることが可能です。

それでは、本人確認の方法を説明していくことにします。まず、ログイン後に表示されるBalancesメニューをクリックしてください

すると、画面上部にdairy limit という文字が表示されるので、そこをクリックして本人確認に進んでください。

下のような本人確認画面に進むので、本人確認を進めていきましょう。

アカウント登録だけの場合、Verification Level 1であり、一日に行える送金額に$5000.00NZD(日本円で約40万円)までの制限が設けられています。

本人確認を行うことで、Verification Level2に移行し、送金額上限を$50000.00NZD(日本円で約400万円)に引きあげることが可能というわけです。氏名、誕生日、性別、国籍、住所、郵便番号を入力して、それらを証明するパスポートや免許証をアップロードしてください。

また、提出資料を撮影してアップロードしますが、その時気を付けなければならないのが「本人も一緒に写った写真」でなければならないということです。資料のみの写真では審査に通らないので気を付けましょう。その分、Cryptopiaがセキュリティに徹底しているとも言えるでしょう。

「2段階認証」設定の流れ

二段階認証は、取引を行う個人ができる最低限のセキュリティ対策ということができるの、皆さん確実に行うようにしてください。Cryptopiaにおける二段階認証の設定方法は以下の手順となっています。

まず、ログイン後にSettingsメニューをクリックします。

次にSecurityメニューを開きます。すると、Pin Codeの入力が要求されるので、登録の際に使用したPin Codeを入力してください。

Pin Codeを入力すると、二段階認証設定画面に移動します。Cryptopiaでは、設定、ログインなどに個別に二段階認証をかけることが出来ます。設定やログインなど個別に二段階認証をかけることができるのは、セキュリティ対策という面で見たときに非常に評価できるポイントだと思われます。Cryptopiaを安心して使用できる点であるということができるでしょう。

今回は、Login TwoFactor(ログイン時の二段階認証)を例にして説明していくことにします。

まず、Login TwoFactorの欄にある、Remove TwoFactorをクリックしてください。ここでも、Pin Codeの入力が要求されますが、先程と同様に、登録の際に使用したPin Codeを入力してください。

すると、Login TwoFactorの欄にある、Remove TwoFactorが、Setup TwoFactorに変わると思うので、そこをクリックしてください。

最後に二段階認証のタイプを選びます。メールなどによるの方法もありますが今回は「Authenticator」という二段階パスコードで使えるGoogleのアプリを使用して二段階認証を設定しようと思います。

GoogleのAuthenticatorアプリ起動後、二段階認証設定画面に表示されているQRコードを読み取ります。

この時重要なことが2つありますので覚えておきましょう。

  1. QRコードと表示されているパスコードは必ずメモしておいてください。QRコードは現在使っていないスマホやカメラで撮影しておくと良いでしょう。
  2. QRコードとコードは誰にも見せないよう、あなただけで管理してください。

以上で二段階認証の設定は完了です。

「パスワード変更」の流れ

パスワード変更について、先程説明した二段階認証設定と同様に、まずは、ログイン後にSettingsメニューをクリックしてください。

次にSecurityメニューを開きます。すると、Pin Codeの入力が要求されるので、登録の際に使用したPin Codeを入力してください。

すると、先程の二段階認証設定画面に移動すると思います。ですが、画面を下にスクロールしていくと下のようなパスワード変更画面が現れます。そこで、現在のパスワードと新しいパスワードを入力してパスワードの変更を行ってください。

以上が、Cryptopiaの登録方法の一連の流れとなっています。