【仮想通貨取引所】Cryptopia(クリプトピア)の取扱通貨

Translate this article into English

シェアする

取引所ごとに取り扱い通貨は異なるため、取引所ごとにどの通貨を売買できるかを知っておくことは非常に重要です。

現在、日本の取引所では平均5~8前後ほどの取り扱い数の取引所が大半ですが、Cryptopiaでは現在500種類以上の通貨を取り扱っています。

そのため、国内仮想通貨取引所では入手できない仮想通貨はもちろん、これからの高騰が期待される通貨や、海外仮想通貨取引所でもまだまだ珍しいような草コインも取引することができると言えるでしょう。

そこで今回はCryptopiaの取り扱い通貨の紹介と、各国内取引所と比較をして紹介していくことにします。

主要取引所ごとの取り扱い通貨一覧

Cryptopia coincheck bitflyer Zaif GMOコイン bitbank
ビットコイン BTC
ビットコインキャッシュ BCH
イーサリアム ETH
イーサリアムクラシック ETC
リスク LSK
ファクタム FCT
モネロ XMR
オーガー REP
リップル XRP
ゼットキャッシュ ZEC
ネム XEM
ライトコイン LTC
ダッシュ DASH
モナコイン MONA
ザイフ ZAIF
カウンターパーティー XCP
ビットクリスタルズ BCY
ストレージコインX SJCX
フィスココイン FSCC
ペペキャッシュ PEPECASH
カイカコイン CICC
ネクスコイン NCXC
ゼン JPYZ
コムサ CMS

以上のように、Cryptopiaでは、国内取引所が取り扱うほとんどの通貨(Zaifが取り扱う一部通貨を除く)を取り扱いしていると言えるでしょう。

また、Cryptopiaの取り扱い通貨数は、Bittrex、Poloniex、Binanceなどの世界の取引所と比べても、非常に多いと言えます。

通貨数
cryptopia 400種類
Bittrex 200種類
Binance 80種類

以上のように、現在500種類以上の通貨を取り扱うCryptopiaでは、国内仮想通貨取引所では入手できない仮想通貨はもちろん、海外仮想通貨取引所でもまだまだ珍しいような草コインも取引することができると言えるのです。

国内取引所だけでなく、Cryptopiaも開設し、取引を行うことで、取り扱い通貨が多いことによって、投資先が広がり、すなわち可能性が広がっていくと言えるでしょう。

Cryptopiaの一部取扱通貨について、リンクを貼り付けておきますので、併せてご覧下さい。【Bitcoin】ビットコイン(BTC)
【Ethereum】イーサリアム(ETH)
【Bitcoin Cash】ビットコインキャッシュ(BCH)
【Dash】ダッシュ(DASH)
【Litecoin】ライトコイン(LTC)
【Monero】モネロ(XMR)
【NEO】ネオ(NEO)
【Zcash】ジーキャッシュ(ZEC)
【OmiseGO】オミセゴー(OMG)
【Hshare】エイチシェア(HSR)
【Stratis】ストラティス(STRAT)
【Ark】アーク(ARK)
【Komodo】コモド(KMD)
【Power Ledger】パワーレジャー(POWR)
【Basic Attention token】ベーシックアテンション(BAT)
【TRON】トロン(TRX)
【Ethereum Classic】イーサリアム クラシック(ETC)
【Verge】ヴァージ(XVG)
【Electroneum】エレクトロニアム(ETN)
【ZCoinゼットコイン(XZC)
【Metal】メタル(MTL)
【Ubiq】ユービック(UBQ)
【Paccoin】パックコイン(PAC)
【Centra】セントラ(CTR)
【Nuls】ナルス(NULS)
【Etherparty】イーサパーティ(FUEL)
【Enjin Coin】エンジンコイン(ENJ)
【BlockMason Credit Protocol】(BCPT)
【Comet】コメット(CMT)
【GoByte】ゴーバイト(GBX)
【VIVO】ヴィヴォ(VIVO)
【Etheriya】イーサリヤ(RIYA)
【Unify】ユニフィー(UNIFY)
【DROXNE】ドロクシン(DRXNE)
【BumbaCoin】ブンバコイン(BUMBA)
【SoonCoin】スーンコイン(SOON)
【Litecoin Plus】ライトコインプラス(LCP)