【仮想通貨取引所】Cryptopia(クリプトピア)の使い方・メリット・デメリット・評判・口コミ

Translate this article into English

シェアする

皆さんが想像する仮想通貨取引所というのはどういった所でしょうか。

日本の取引所ではbitflyerやCoincheckが有名ですね。すでに多くの方が開設し利用されていると思われます。しかし、仮想通貨取引所は日本だけに存在するのではありません。海外にもたくさん存在するのです。

海外取引所は使い方がよく分からないからまだ開設していないという方も多いのではないでしょうか。さらには、海外取引所は、日本語に対応していないし、なんだか危なそうだと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際のところ、登録方法や使い方などに関して国内取引所と差はありません。国内取引所が簡単に開設できたことと同じように、海外取引所を開設も、さほど難しいことではないのです。

それよりも、海外取引所を解説することで得られるメリットはたくさんあるのです。数多くの通貨を取り扱っていること、あるいは手数料が安いことなどメリットも数多く見受けられます。そういったメリットを考えると、国内取引所に限らず、Cryptopiaなどといった海外取引所も同時に開設しておくことが良いと思われます。

また、2018年2月現在、Coincheckでのアルトコインの取引ができない状態になっているため、国内取引所にない通貨を、Cryptopiaのような海外取引所を開設することで取引開始してみてもよいのかもしれません。

そこで今回は海外取引所の開設の第一歩として、海外取引所の一例として、世界最大級の取扱通貨数を誇る取引所である「Cryptopia(クリプトピア)」について、メリットデメリットを含め、登録方法、入金方法、取引方法など、様々な視点から説明していこうと思います。

Cryptopiaの登録はこちら

Cryptopia(クリプトピア)とは

Cryptopiaは、2014年に設立された取引所です。ニュージーランドにあるCryptopia Limitedという会社によって運営されており、500種類以上の通貨を取り扱っているため、大幅な価格上昇が見込まれる通貨を数多く探すことができます。

また、Cryptopiaは、BTCUSDT・NZDT・LTCDOGE建て取引が可能です。

※なお、2018年2月12日現在、LTC建てとDOGE建て取引が停止中で、BTCUSDT・NZDT建てによる取引のみとなっています。

メリット

2018年2月現在、500種類以上の通貨を取り扱いしているCryptopiaでは、国内取引所では取扱していない通貨はもちろんのこと、海外取引所でも知名度の低く、今後の大幅な価格上昇が見込まれる、草コインと呼ばれる通貨も取引することができます。取扱通貨が多いことにより、それだけ投資の幅が広がるといえるのではないでしょうか。

Cryptopiaでは、まだ価格が上がりきっていない通貨も多く取り扱っているため、数日で数百%もの価格上昇をみせたということが頻繁に起こります。

国内取引所ではごくわずか通貨しか取扱しておらず、大幅な値上がりをする通貨がCryptopiaほど多くないと言えるでしょう。

そういった意味でもCryptopiaに登録してトレードするのは非常に賢い選択と言えるのではないでしょうか。取扱通貨の数が多いということは非常に重要であるといえるのです。

Cryptopiaで最近暴騰した通貨一例

Cryptopiaで取引できるPaccoinは、2018年1月2日だけで約50倍もの暴騰をみせました。Paccoinは、日本国内取引所ではもちろんのこと、海外取引所でも取引の少ないマイナーな通貨でした。発行枚数があまりにも多すぎたため、非常に低い価格で低迷していたPaccoinですが、2018年3月1日に発行枚数を大幅に減らすといったアナウンスがなされたことにより、暴騰したです。

このようにCryptopiaでは、まだ価格が上がりきっていない通貨も多く取り扱っているため、ほかの取引所では取扱のない通貨が、短期間で数百%暴騰するということが頻繁に起こるのです。

デメリット

日本語非対応のため、英語のまま取引を行う必要があります。また、Cryptopiaから出金がスムーズにできない、Cryptopiaからのサポートや連絡が遅いなどのデメリットも挙げられます。

Cryptopiaに限ったことではありませんが、仮想通貨における基軸通貨はBTCです。BTCを基軸通貨として取引が行われていくのです。

日本国内の取引所では、日本円での入金が可能ですが、多くの海外取引所ではそうではありません。日本円での入金ができないのが一般的であるといえます。

Cryptopiaも例外ではなく、日本円ので入金に対応していません。そのため、一度国内取引所でBTCなどの通貨を購入し、Cryptopiaに入金しなければなりません。入金に関して、国内取引所と比べた際に、ワンクッション挟まなくてはいけないため、面倒だということができるかもしれません。

評判・口コミ

Cryptopiaの評判に関して、取り扱い通貨が多く、大幅な値上がりをする通貨が多い、価格上昇が期待できる一方で、デメリットで述べたように、Cryptopiaから出金がスムーズにできない、出金したはずなのになかなか反映されないということなどが多く見られるようです。

また、Cryptopiaからの連絡が遅いなどCryptopiaを使う際には十分注意してください。Cryptopiaは日本語に対応していないので、一度トラブルに巻き込まれるとすべて、英語で対応しなくてはいけなくなるため、難易度が高くなってしまうといえるでしょう。取扱通貨数が多いといったメリットもありますが、他の取引所と比べCryptopiaで取引を行うことは、ハイリスク・ハイリターンであるといえるのではないでしょうか。

取扱通貨

現在、日本の取引所では取り扱い数が数個の取引所が多いですが、Cryptopiaは現在500種類を超える通貨を取り扱っています。

メリットで述べたように、国内仮想通貨取引所が取り扱わない仮想通貨はもちろん、海外仮想通貨取引所でもまだまだ知名度の低いような草コインも取引することができます。

取り扱い通貨が多いと、それだけ投資の幅が広がり、価格上昇が見込まれる通貨数が多いため、資産を増やしていける可能性が広がっていくと言えるのではないでしょうか。また、以下の表を見ていただければおわかりいただけるようにBittrex、Poloniex、Binanceなどその他、大手海外取引所と比べても、圧倒的にに多いと言えます。

通貨数
cryptopia 500種類
Bittrex 200種類
Binance 80種類

登録方法

まずはこちらからCryptopiaに進んでください。

Cryptopiaに進んだら、次は、画面右上に表示されている「Register」というボタンをクリックして登録画面に進んでください。なお、Cryptopiaは、日本語非対応のため、英語のまま登録に進みことになります。ですが、以下の手順で登録を行っていただければ、非常にかんたんに登録を完了させることができます。

まずは、「Register」というボタンをクリックして登録画面に進んでください。

登録画面に進んだら、以下の手順で登録していきましょう。

また、詳しい登録の方法はこちらの記事で画像付きで解説しておりますので併せてご覧いただけると幸いです。

Cryptopia(クリプトピア)の登録方法

入金方法

以上の登録方法に従って登録が完了したら、入金を行っていきましょう。入金をおこなうことで取引を行うことができるようになるので、以下の手順で入金を行ってください。入金までの手順は数分で完了しますので、安心して入金に進んでください。

ただし、Cryptopiaが日本語非対応なので注意が必要です。

※まだCryptopiaへの登録が完了していない方は、こちらの記事で詳細を説明しておりますので併せてご覧ください

Cryptopiaのような海外取引所と国内の取引所と決定的に異なる点がひとつあります。

国内取引所では日本円と通貨を交換することにより取引ができます。しかし、Cryptopiaのような海外取引所では、日本円の取り扱いを行っていないため、BTCなどを基軸通貨として、その他の通貨との取引を行うことになります。

そのため、Cryptopiaなどの海外取引所への入金方法としては、日本円をCryptopiなどの海外取引所へ直接入金するのではなく、一度国内取引所でBTCなどの基軸通貨を購入し、Cryptopiaなどの海外取引所へ送るという方法になります。

詳しい入金の方法はこちらの記事で画像付きで解説しておりますので併せてご覧ください。

Cryptopiaへの入金方法

取引方法

入金手順に従って、入金を完了したあとは、実際に取引を開始していくだけです。海外取引所も、国内取引所と同じようにして取引を行っていけばよいのです。

購入方法、売却方法を覚えてしまえば、あとはCryptopiaで取り扱われている500種類以上の通貨の中から自分が購入したいと思った通貨を選んでください。

購入方法、売却方法のやり方についての詳細は、こちらの記事でで説明をしておりますので併せてご覧ください。

Cryptopia(クリプトピア)の取引方法

送金方法

Cryptopiaで購入した通貨が、うまくいけば数週間で数倍になっていることも十分にありえます。では、増えた資産を日本円にしたいと思ったときどのように送金すればよいのでしょうか。

そこでCryptopiaで増やした資産を日本円へ戻すやり方を説明します。まずは、BTCなどの通貨に交換し、国内取引所へ送金する、これだけです。難しいことではありません。

とはいえ、日本語に対応していないCryptopiaでは、送金の手順など不安になる方もいらっしゃるかと思います。こちらの記事で詳細を説明しておりますので、併せてご覧ください。

Cryptopia(クリプトピア)の送金方法

手数料について

仮想通貨取引を行う上で、避けて通れないものが、手数料です。日本を含め、取引所は世界中に多数存在していますが、取引所を選定する上で手数料は非常に重要な判断基準の1つです。

現在、Cryptopiaにおける取引手数料は0.2%となっています。これは、国内取引所やその他の海外取引所と比べた際、比較的標準的であると言えると思われます。

実際に、その他の海外取引所と手数料について比較したのが以下の表となります。

手数料
Cryptopia 0.20%
Bittrex 0.25%
Poloniex 0.15%
Binance 0.05%~0.1%

Cryptopiaの取引手数料は、0.2%となっています。上記のように手数料はBinance<Poloniex<Cryptopia<Bittrexの順に高くなっています。Cryptopiaは手数料について、他の海外取引所と比較した際、平均的な手数料であるということができるでしょう。

また、手数料をその他の海外取引所と比較した際、Binanceが圧倒的に安いということができると思います。Binanceは、Binance Coin(BNB)という独自の基軸通貨を発行しているため、Binance Coin(BNB)で手数料を支払う際に、手数料は0.05%になります。これは、世界中のどの取引所と比べてみても、破格であるといえ、Binanceを利用する最大のメリットになるといえるでしょう。ビットコイン(BTC)で支払う時も、手数料は 0.1%であり、最も手数料の低い取引所と言えるのではないでしょうか。

Binanceの手数料については以下の記事で画像付きで解説しておりますのでご覧ください。Binance(バイナンス)の手数料について

一方で、Cryptopiaは500種類以上の「取扱通貨数」という点で他の取引所を圧倒するという、メリットを持っており、国内仮想通貨取引所では入手できない仮想通貨はもちろん、Binanceなどの海外仮想通貨取引所でもまだまだ珍しく、知名度の低い、大幅な価格上昇が見込まれる草コインと呼ばれる通貨や、まだ価格が上がりきっていない通貨も多数取り扱っているため、投資の幅が広がるというメリットがあると言えるでしょう。こういった点も考慮して、利用する取引所は複数開設し、いつでも利用できるようにしておくと良いのではないでしょうか。

Cryptopia(クリプトピア)の手数料や、Cryptopiaと世界の大手取引所と比較についてはこちらの記事で解説しておりますのでご覧ください。

Cryptopia(クリプトピア)の手数料について

アプリの使い方

現在、Cryptopiaはスマホアプリに対応していません。

国内取引所の多くはスマホアプリに対応していますし、アプリに対応していないCryptopiaのような海外取引所はこの点で、利便性にかけているということが言えるかもしれません。

Cryptopia(クリプトピア)のような海外取引所はアプリには対応していないことが多く、取引する際には、注意が必要となってきます。

価格変動が激しい仮想通貨取引において、スマホアプリに対応していることは非常に重要です。スマホアプリがあればその場で取引が可能になるため、相場が上がりはじめの段階でもスムーズに購入することができ、売買のタイミングを逃しません。仮想通貨取引では、常に情報を収集し、売買のタイミングを図って行くことが重要であるといえるのです。

各取引所のスマホアプリ対応一覧について以下の記事でまとめてみました。よろしければ、こちらの記事をご覧ください。

Cryptopia(クリプトピア)のアプリの使い方