仮想通貨(コイン)の Ripple(リップル/XRP)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRippleの価格・時価総額・出来高

通貨名Ripple(リップル)
通貨略号XRP
公開日
システムRipple Ledger Consensus
発行上限枚数1000億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

Bithumb,Bittrex,Poloniex,Coinone,Korbit,,Bitstamp,Huobi,Hitbtc,Bitcoin indonesia,Exmo,Cex,Bx thailand,Bitso,Gate,Anx,Qryptos,Abucoins
公式サイトリップルの公式サイト

Ripple(リップル)のローソク足リアルタイムチャート

Ripple(リップル)とは?基本情報

Ripple(リップル)【単位:XRP】とは、リップル社という会社が発行している仮想通貨で、2018年1月現在、800以上ある仮想通貨の中で時価総額2位のメジャーな仮想通貨です。

ひとことでいうと、「銀行などの企業間における即決性の高い送金システム」を目指している金融プラットフォームです。XRPはこのリップルネットワーク内で使われるブリッジ通貨のことを指します。

※速報!2018年1月24日、アメリカ格付け機関「Weiss」による仮想通貨レーティング(格付け)が発表され、リップルは「C」を獲得。なお、その他の同ランクは「イーサリアムクラシック(ETC)」、「リスク(LSK)」など。

リップル社ってどういう会社?

リップル自体の開発は、カナダのウェブ開発者である Ryan Fugger によって開発が始められ、その後プロジェクトの指揮権は Ryan Fugger から Ripple Inc.(旧OpenCoin Inc.)に譲渡されました。

リップルの発行・仕組み

予め、1,000億XRPという上限枚数が決められており、すでに全て発行されています。ビットコインではマイニングと呼ばれる方法で、10分ごとに生成されるブロックにトランザクション(取引情報)が格納されていきますが、リップルでは『XRP Ledger』と呼ばれる独自のシステムによって運営されています。

XRP Ledger

ビットコインではPoW(プルーフ・オブ・ワーク)によって、より速く計算できたマイナーに報酬が与えられるシステムです。

対して、XRP Ledgerは独自に開発されたコンセンサス・システム「PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)」という仕組みで動いています。PoCはリップルネットワークにおいて、一部の人の承認によって、合意させていく方法です。

送金を目的としているリップルにおいて、スピードはとても重要な指標です。PoWでは10分に1度というブロックチェーンのルールがあるため、どうしても時間がかかってしまいます。またビットコインは人口と取引量が増えると時間がかかってしまう致命的な問題をもっています。

対してPoCでは承認によってシステム合意を取るため、約4秒という送金時間を可能にしています。現状においては、承認者はリップル社によって決められています。

これによってビットコインの致命的な弱点であるスケーラビリティや消費電力といった問題を克服することもできます。

また、XRPは一度使用したら消滅する習性を持っているため、時間の進行とともに、1000億XRPは徐々に減っていくこととなります。(逆に、XRPの希少性は高まっていきます)

Ripple(リップル)の特徴・仕組み

ブリッジ通貨

リップルは「ブリッジ通貨」としての機能も持っています。ブリッジ通貨とは、ある通貨とある通貨を瞬時に交換してくれる橋渡しという意味です。

例えば、USドル→XRP→円や、BTC→XRP→円、などを瞬時に交換し送金してくれます。

海外に行く場合など、日本で外貨に変える・海外で外貨に変える、どちらにしても手数料がかかってきてしまいます。また、長蛇の列などで待たされてしまい、うんざりすることもありますね。

リップルは『即金性』と『ブリッジ通貨』という側面をもっているので、変えたい通貨に瞬時にトレードできるので時間・手数料の減少をしてくれることを期待されています。

実際の取引は、IOUと呼ばれる「Rippleのネットワークの中で貸し借りした証明書」が発行されて、取引が実施されています。

リップル社が60%のXRPを保有

リップルの特徴・仕組み的な点として、やや中央集権的に通貨が偏っていることが挙げられます。1000億XRPが発行されている内、Ripple社が646億XRP所有しています。

通常の考え方ですと、Ripple社が大量に市場に手放すことで需要と供給のバランスが崩れ価格のボラティリティ(変動率)が高くなり、通貨の偏りは非常にリスクとも言えます。

しかし、そのような価格変動が起きないようにリップル社はロックアップを発表しています。

12月8日本日リップル(XRP)保有する630億XRPのうち90%の550億XRPがロックアップが完了しました。

2018年以降は毎月一日に550億XRPのうち、10億XRP分がロックアップ期限を迎え、リップル社がXRPをその分市場に放出することができます。

また、その月で10億XRPに到達しなかった場合余ったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされます。

また、リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていたと発表しています。

coinpost

この発表により、価格変動が段階的であり、計画を見通せることから価格変動に対して安心感がもたらされることとなりました。

決済時間がとにかく速い

前述のPoC、XRP Ledgerを使用することで4秒という送金システムを構築しています。

Ripple(リップル)の相場・チャート・高騰/暴落情報

【12月14日】ついに暴騰!

12月14日に前日比+64%と急騰し、52円という値がつきました。これまでも2017年5月に大手銀行との提携やロックアップの発表があっため40円代後半まで高騰しましたが、一旦落ち着き、約半年ぶりに過去最高値を更新しました。時価総額も4位まで上昇しています。

Ripple(リップル)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Rippleの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス)Bithumb,Bittrex,Poloniex,Coinone,Korbit,,Bitstamp,Huobi,Hitbtc,Bitcoin indonesia,Exmo,Cex,Bx thailand,Bitso,Gate,Anx,Qryptos,Abucoins

Rippleを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Rippleを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Rippleの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Ripple(リップル)の将来性

大手銀行との連携が深まることで、送金システムとしてのリップルネットワークはより強固なものになると想像できます。送金においては頭一つ抜けた通貨という印象があります。今後もおもしろいニュースが盛りだくさんのリップルは早めに購入しておいても良いかもしれませんね。

Ripple(リップル)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

年金積立なので、非課税でXRPを積立することができます。

玲奈が英語の記事を訳してまとめています!

全供給量(1000億)のうち半数以上をRipple社が保有し、市場に流通す総量を制限することで、好循環をもたらすと発表しています。

実験を始める連合体はSBIホールディングスと、SBIリップルアジアが取りまとめる「内外為替一元化コンソーシアム」。

連合体にはこのほど三菱東京UFJ銀行や滋賀銀行なども新たに加わり、4月26日時点で56行が参加している。

Rippleを利用する企業・団体の最新の状況はこちらをご確認ください。

SBIホールディングス株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した次世代決済基盤を開発、提供しているRipple Labs Inc.(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Chris Larsen、以下「リップル社」)と共同で、日本を含むアジア地域を事業対象としたSBI Ripple Asia株式会社を設立しました。

仮想通貨のRipple(リップル)とは?ニュースや今後についてまとめてみた!

Ripple(リップル/XRP)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 29件

  1. 28

    ryoma0731 ID:0a0b172da 返信

    リップルニュースが多いですね。今のうちに買おうか迷います。

    2018/02/19(月) 20:05:58

  2. 27

    tomo ID:fef28fd42 返信

    >>26
    そうなんですか〜。(期待)
    ドカーンといって欲しいです

    2018/02/19(月) 12:46:00

  3. 26

    ryoma0731 ID:244f7a0a2 返信

    2月26日にリップルのなんかの説明があるみたいですね!その後に上がるのが間違いないと情報がありました!どの程度上がるのかわかりませんが。

    2018/02/18(日) 22:54:34

  4. 25

    tomo ID:7bfcdc571 返信

    >>24
    いってほしいですね500円。
    今は強制ホールド中ですがその間にどんどん上がればいいなぁ

    2018/02/17(土) 22:00:54

  5. 24

    ネムお ID:4d7ed0603 返信

    リップルも年末には500円行くでしょう

    2018/02/17(土) 14:43:37

  6. 23

    ネムお ID:f39b64baa 返信

    >>22
    そうなんだよね。
    まあ大丈夫だと思うけど

    2018/02/16(金) 17:17:10

  7. 22

    めんたいこ ID:a0e2c1200 返信

    >>21
    こんなに価格変動したら金融に使えるのか疑問です。

    2018/02/15(木) 23:18:27

  8. 21

    tomo ID:1df03fd35 返信

    国内金融機関や海外の金融機関とも数々の提携話が進んでおり、SBIグループもリップル押しなので今後の伸びしろに期待が持てる通貨だと思う。

    2018/02/15(木) 22:14:09

  9. 20

    ネムお ID:caf729c21 返信

    >>18
    マネーグラムと提携もあるしプラス要因しかないよね

    2018/02/14(水) 10:12:31

  10. 19

    ネムお ID:653d607b0 返信

    G20が終わるまでは、ヨコヨコじゃないかな?

    2018/02/14(水) 00:47:56

他のコメントの書き込みをみる