仮想通貨(コイン)の SPINDLE(スピンドル)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のSPINDLEの価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

SPINDLE(スピンドル)とは?基本情報

SPINDLEは、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた投資・運用のプラットフォームのICOプロジェクトです。

プロジェクトメンバーには、シンガーソングライターで俳優のGACKT氏が参画されていることで大きな話題を呼んでいます。

GACKさんはこれまで本名を出さずに芸能活動をされてきて、CDシングル48枚・アルバム19枚をリリース、男性ソロアーティスト・シングルTOP10獲得数は現在も歴代1位の記録を保有する日本を代表するトップアーティストです。また、日本の映画やドラマはもちろん、ハリウッド映画、アジア映画、などにも多数出演するなど、世界で活躍される方です。

SPINDLEはまだホワイトペーパーなどが公開されておらず詳しいことはわかりませんが、SPINDLE上で、投資者が運用者に投資することができる、従来の「投資」のスキームを変えるサービスと思われます。

SPINDLE(スピンドル)の特徴・仕組み

SPINDLEの特徴・仕組みは「従来の投資スキームの不透明さ、信用性の乏しさを、ブロックチェーン技術を用いて透明で公平なスキームに変える」という特徴があります。

まず従来の投資までのスキームですが、投資者が銀行または証券会社の担当者から投資先を提案され、情報を聞き、投資可否の判断を行うのが一般的です。

その際、銀行・証券会社が間に介在したため、銀行・証券会社のポジショントーク(自社の利益が大きい方の判断を下すように話を誘導すること)を含むノイズが少なからず入るとされていました。そのため、投資者は正しい投資判断をするためには、担当者と関係値を築き、ノイズのない情報を仕入れる必要がありました。

運用者と投資者が直接つながるプラットフォーム

SPINDLEは、SPINDLEのブロックチェーン上で運用者と投資者が直接つながり、改ざんすることのできないデータをもとに正しい投資判断を行うことができるようにするということです。

投資者は、SPINDLEのブロックチェーン上に記録されている、運用者の運用計画書・運用履歴・運用成績などを元に、ノイズのない透明性と公平性を保った投資判断を下すことをできるようになります。

世界的な暗号通貨投資の運用者を揃える

名前は明かされていませんが、スタートのタイミングから世界的な暗号通貨、仮想通貨投資の運用者を揃えているとのことです。結局投資者が溢れてしまうとやむを得なく、従来の投資スキームへ投資者が戻ってしまうため、想定される投資者をさばききれるだけの投資者を集めのではと推測されます。

また、たとえ腕の良いファンドだとしても、営業が不得意なことが多々あり、本当なら利益を出せるのに投資者がいないために撤退を余儀なくされる、というパターンが多くあります。そういったファンド集団もSPINDLEへは参加をしたいのではないかと思われます。

運営会社は「BLACKSTAR GROUP」という日本の法人

事業内容は仮想通貨周りのサービスを行っているようです。

  1. ICO / Crypto finance consultancy次世代型資金調達における研究・ストラクチャー
  2. Monitoring cryptocurrency暗号通貨モニタリング(技術・インフラ)
  3. Token economy structureトークン経済圏の研究・ストラクチャー
  4. 仮想通貨ヘッジファンドの設計、モニタリング・国内外法律関係者とのストラクチャー
  5. 暗号通貨を中心としたインベストメントアドバイザリー
  6. 暗号通貨プライベートバンキングサービス

プロジェクトメンバーには、GACKT氏が参画中

シンガーソングライターで俳優のGACKTこと「大城ガクト氏(本名)」がプロジェクトメンバーとして参画しており、プロジェクトページはもちろん、自身のブログでも2017年12月26日に発表し、意気込みをコメントしています。

仮想通貨というものを
もはや受け入れるかどうかなどと
議論をしているレベルではない。
【仮想通貨】と【ブロックチェーン】の出現により
世界は大きく変わり始めた。
国境を超えて世界がものすごいスピードで変容している。
ここから10年後、
紙幣もなくなる世の中が必ず訪れる。
銀行の建物も
ほとんどが街から姿を消すことになるだろう。

【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】

SPINDLE(スピンドル)の相場・チャート・高騰/暴落情報

SPINDLE(スピンドル)の買い方・売り方・購入方法・取引所

SPINDLEの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

SPINDLE(スピンドル)の将来性

昨今ICOで投資関連の内容は非常に増えており注目のジャンルと言えます。また、GACKT氏の絶大な告知パワーがあるため、中堅ICOよりもかなり大きい話題になるのではないかと推測されます。

懸念として挙げるとすれば、「サービスとしての実力」と「日本語」の2点です。
現在SPINDLEの内容は素晴らしく社会的にも非常に価値のあるサービスと言えます。あとは実際にサービスをスタートさせた後、理想を体現できているのか、ユーザーの期待を超えていくことができるのか、この点は非常に重要です。

また、サイトが基本日本語のため、海外からお金を集めるのは難しいかもしれません。ホワイトペーパーがまだ発表されていないためわかりかねる」ところではありますが、ホワイトペーパーが英語翻訳もされていれば、海外からお金を集めることも可能でしょう。

WINCOINの最近のニュース・最新情報・今後の予定

※随時更新予定

公式サイト

SPINDLE(スピンドル)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 2件

  1. 1

    ドシロウト ID:150114073 返信

    儲け中心の人が集まると、将来裏切られそう…

    2018/02/09(金) 12:24:39

  2. 0

    ドシロウト ID:150114073 返信

    広告塔としてのGACKTは凄くインパクトがあるけど、逆に不安な気もします。

    2018/02/09(金) 12:23:56

他のコメントの書き込みをみる