【仮想通貨取引所】Coincheck(コインチェック)の送金方法

Translate this article into English

シェアする

コインチェックにて保有している仮想通貨は「送金」することができます。通貨ですから、AさんからBさん、というように送金することができます。

また、ご自身でお持ちの銀行口座間で送金することもありますね、たとえば三井住友銀行から住信SBIネット銀行へ少しお金を移しておく、など実際にやったことがある方も多いでしょう。そういったイメージで通貨を自分の口座から別の自分の口座へ送金することができます。

送金する理由は様々ですが、「取引手数料が安い取引所に移し、そちらで通貨のトレードを行いたい」場合、また「特定の取引所でしか扱いのない通貨を購入したい」時が、最も多い理由でしょう。こういったメリットを享受するためにも、取引所は多く開設しておいた方が良いでしょう。(パスワードはそれぞれ異なるものにするなど、管理は徹底して行いましょう)

まずは送金方法をご紹介します。
簡単ではありますが、間違えると取り返しがつかない事態になってしまうため、間違えないようにしっかり覚えましょう。

※ビットコイン(BTC)を送金する、という例です。

ビットコインの送金方法(パソコン操作)

まずコインチェックにアクセスし、画面上部の「ウォレット」をクリックします。

画面が切り替わったら、画面左側の「コインを送る」をクリックします。

ここから重要です。

まず、下の画像の①「ビットコインを送る」が選択されていることを確認しましょう。(デフォルトでビットコインが選択されているはずですが、念のため確認してください)

次に②「送金先リストの編集」をクリックして下さい。

そうしますと、「新規ラベル」「新規宛先」という記入欄が出現します。「新規ラベル」は自分がわかりやすいもので設定しておくのが良いでしょう。役割としては、わかりやすく言うと「送金先リスト」です、電話帳のようなもので、登録しておけば次回以降に操作が簡単になります。

そして、「新規宛先」という欄が極めて重要です。(どれだけトレード歴を重ねても、ここだけは常に慎重に操作してください)

今回はビットコイン(BTC)を送金しますので、新規宛先には「ビットコインアドレス」というものを記入します。わかりやすく言うと「ビットコインが保管されている口座番号」です。口座番号ですので、みなさん自分専用の世界に1つしか存在しないビットコインアドレスを持っている取引所の数だけ保有しており、そのアドレスを新規宛先欄に記入します。

  • コインチェックでの、あなた専用のビットコインアドレス
  • ビットフライヤーでの、あなた専用のビットコインアドレス
  • Zaifでの、あなた専用のビットコインアドレス

といった具合です。銀行口座番号と同じです。

ビットコインアドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字で構成されており、下記のような構成になっています。

  • 1BitAAbcccDeFghII9k6LmmmmmNoPqRsss

上記は適当に打ちましたが、このアドレスも、もしかしたら「誰かのビットコインアドレス」かもしれないのです。しかし、ビットコインアドレスと「誰か」を紐付けることはできないため、誤ったビットコインアドレスを打ち込んでしまうと、ほぼ「二度と戻ってこない」という認識を持って下さい。そのため、ここは非常に重要でナイーブなポイントなのです。

さて、取引所ごとにこのビットコインアドレスをみなさんはすでに持っています。

そのビットコインアドレスを、先ほどの「新規宛先」に記入して「追加ボタン」をクリックします。(念のため、もう一度画像を貼ります)

その後下の画像の画面となりますので、送りたい金額(BTC)を打ち込み、手数料を設定して「送金する」ボタンをクリックし完了となります。手数料は高く設定すると送金が早くなりますが、一旦は最低の手数料設定にしておくのが良いでしょう。余裕を持って送金しましょう。

ビットコインの送金方法(スマホアプリ操作)

スマホアプリでも基本のやり方は全く同じです。
まずはアプリトップから、左上の三本線をタップします。

画面左側からメニューが開きますので、「送金」をタップします。

パソコン同様に「宛先」にビットコインアドレスを貼り付けて、送金したい金額を記入して完了です。

また、宛先の横のQRコードをタップしますと、カメラが起動してQRコードでビットコインアドレスを読み取ることも可能です。ビットコインアドレスは最大34文字と長く、また、複雑性も高いためミスも発生しやすいです。そんな時QRコードで読み取れるのは非常に便利です。

コインの受け取り方法

もちろんコインを受け取ることもできます。自分の別で利用している取引所からコインチェックへ送金、また、友人から送金してもらう、など、の時にコインチェックの自分のビットコインアドレスはどこに記載されているのかを覚えておきましょう。

「ウォレット」の「コインを受け取る」をクリックします。

遷移後の画面で「ビットコイン」が選択されていることを確認し、「ビットコイン通常入金用アドレス」のビットコインアドレスがあなた専用のアドレスになります。あなたのウォレットに送金したい人がいたら、このアドレスに送金してもらえばビットコインが届きます。

スマホは先ほど同様に、メニューを開き「受け取る」をタップします。

タップするとQRコードが表示されますので、QRコードを読み取るか、「アドレスをコピー」をタップしてアドレスを保存し、送金したい人に渡せば完了します。

これでビットコインの「送金方法」「受け取り方法」をマスターできたはずです。慣れてきたらビットコイン以外のものを送金してみるのも良いですし、取引手数料が安い取引所に移すのも良いでしょう。特定の取引所でしか扱いのない通貨もたくさんあるので、取引所は複数開いて管理しておきましょう。