仮想通貨(コイン)の B2BX(ビーツービーエックス/B2B)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のB2BX(ビーツービーエックス/B2B)の価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

B2BXとは?基本情報

B2BXは、信用取引、現物取引、仲介企業への流動性供給のための、仮想通貨流動性プロバイダーです。

目標は、世界初の企業間仮想通貨取引の公式取引所、集約所、取引市場の構築です。そこでは、少なくとも為替直接取引市場と株式市場の5%と提携し、投資家との仮想通貨による為替売買が実現される見込みとなっています。

市場における現在の解決策が個人に焦点を置くことであるのに対し、B2BXは法人へ限定して行います。ここでいう法人とは、株式取引所、仮想通貨取引所、為替直接取引仲介企業、仮想通貨仲介企業、ヘッジファンド等です。

これらの法人に対しては、取引・金融監査機関による監督を行います。顧客が安心して仲介企業を選択できるように、B2BXは仲介企業の信頼保証のためのレーティングを行って公表しています。

B2BXの特徴・仕組み

B2BXの特徴は以下の通りです。

  • 代表的な取引プラットフォームと提携
  • アグリゲーターと提携
  • ECNプラットフォーム最大手のIntegralと提携
  • 一流の仮想通貨取引所と提携

代表的な取引プラットフォームと提携

ゲートウェイ、ブリッジ、オープンAPIを通じて、MetaTrader4, MetaTrader5, PrimeXM Trader, FX Inside, C-Trader等の代表的な取引プラットフォームとの提携を行います。

アグリゲーターと提携

1000を超える為替仲介企業を通じての仮想通貨の流動性を確保、供給を行うために、B2BXはPrimeXM、OneZeroアグリゲーターとの提携を行います。

ECNプラットフォーム最大手のIntegralと提携

銀行、ヘッジファンド、リクイディティープロバイダー(流動性供給者)を通じての仮想通貨流動性の確保、供給を行うために、B2BXはECNプラットフォーム最大手のIntegralとの提携を行います。

一流の仮想通貨取引所と提携

Coinmarketcapのデータに従って仮想通貨市場における最大規模の「深み」を確保するために、他の主要な仲介企業、リクイディティープロバイダー、銀行、ヘッジファンド、一流の仮想通貨取引所等と提携を行います。

B2BXの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2017年11月21日
  • 取引開示価格:1.58$
  • 直近価格  :0.551896$
  • 最高値   :5.26$(2017年12月14日)
  • 最安値   :0.290351$(2017年12月11日)

2017年11月21日に取引を開始、開始直後価格が上昇し1.76$の値をつけたがその後一気に急落、その日の最終値は0.876091$で終了しました。その日以降徐々に下落し、2017年12月11日に最安値となる0.290351$をつけました。

しかし、そこから3日後に急騰し、12月14日の取引の暴騰率は1,171%となりました。その後すぐに急落して2017年2月まで0.5$1〜1,7$の範囲で推移、直近価格は0.551896$の安値圏で推移しています。

B2BXの買い方・売り方・購入方法・取引所

B2BX(ビーツービーエックス/B2B)の購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

B2BXの将来性

世界初の法人を対象にした仮想通貨取引仲介役として作られたトークンであり、他のトークンとは差別化されています。これから仮想通貨が繁栄していくためには法人取引にも仮想通貨が利用されることが大きなポイントになってきます。

信頼性の高い仲介者としてB2BXが仲介することができれば、トークンとしての価値も上がることは間違いないと思われます。またロードマップを見てもわかるように、今後の計画性がしっかりしているので、それを指標に投資を考えてみるのも良いかもしれません。

B2BXの最近のニュース・最新情報・今後の予定

ステージ1 予算500万ユーロ

  • 法的な認可の元で流動性供給を行うための日本のライセンス「JFSA」の取得
  • 日本の東京に代理店を設置
  • チームの拡大:顧問弁護士1人、日本のオフィスでの社員10人、流動性供給の技術的サポート管理者10人、PHP開発者5人をそれぞれ追加
    仮想通貨におけるB2BXアグリゲーターとPrimeXMアグリゲーターとの提携
  • 仮想通貨におけるB2BXアグリゲーターとPrimeXMアグリゲーターとの提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ10以内の取引所4つとの提携と、全ての売買注文と保有金融商品に対するリスク分散の信用取引のための、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix ニューヨークNY4とEquinix東京でのインフラ運用
  • 20種類以上の全自動での入金と出金可能な決済システムとトレーダーズルームの提携
  • 法人向け投資プラットフォームとソーシャルトレーディングシステムのために行う、現在のスタンドアローン型ウェブサイトインターフェースとインラインフレームの改修
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やす

ステージ2 予算1000万ユーロ

  • CySECマーケットメーカーライセンスの取得
  • キプロスのLimassolにオフィスを設置
  • チームの拡大:弁護士1人、キプロスでの社員10人、技術的サポート管理者5人、PHP開発者5人、をそれぞれ追加
  • ECNプラットフォーム最大手のIntegralとB2BXの提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ15以内の新たな取引所4つとの提携追加と、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix ロンドンLD4とEquinix上海SH1でのインフラ運用
  • 新たな10種類以上の全自動での入金と出金可能な決済システムをTraders Roomに統合 全ての業種の仲介企業に9向けた、世界の人気トップ15のトレーディングプラットフォームとの提携 世界トップ5の顧客関係管理企業との提携 Traders RoomのAndroidとiOS用のモバイルアプリを開発 自動対応のコンプライアンスサービスとの提携
  • ソーシャルトレーディング用プラットフォームでの公認企業に向けた、文書の電子署名システムの実装
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やす

ステージ3 予算1500万ユーロ

  • FCAマーケットメーカーライセンスの取得
  • ロンドンにオフィスを設置
  • チームの拡大:弁護士1人、ロンドンオフィスでの社員10人、技術的サポート管理者5人、IT部門での社員6人(経験豊富な開発者3人、アーキテクチャのエンジニア2人、管理役員1人)、ITスタッフ5人(プロジェクトマネージャー1人、テスター1人、デザイナー1人、管理者2人)、をそれぞれ追加
  • OneZeroアグリゲーターとB2BXの提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ15以内の新たな株式取引所3つとの提携追加と、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix ロシアモスクワM9とEquinixドイツフランクフルトFR5でのインフラ運用
  • Traders Roomでのあらゆる種類のパートナーシップ褒賞提供による、本格的なパートナーモジュールの構築 代表的な仮想通貨のPAMM(委託運用)、Traders Roomにおけるソーシャルトレーディングの実行と決済用ゲートウェイの統合 ICO(イニシャル・コインオファリング)キャンペーンに向けた素早い着手とカスタマイズのための、キャビネットプラットフォームの開発
  • 利益計算ウィジェットと投資ポートフォリオ作成ウィジェットの開発 プラットフォームから直接ポートフォリオを作成可能である、代表的な分析サービス全てとの提携
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やす

ステージ4 予算2000万超ユーロ

  • 香港でのSFCライセンスとDFSAライセンスの取得
  • 香港とドバイにオフィスの設置
  • チームの拡大:弁護士3人、香港オフィスでの社員10人、ドバイオフィスでの社員10人、技術的サポート管理者5人、IT部門での社員5人(開発者3人、アーキテクチャのエンジニア2人、管理役員1人)、をそれぞれ追加
  • 最大手のECNシステムとB2BXの提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ20以内の新たな取引所2つとの提携追加と、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix 香港HK1とEquinixドバイDX1でのインフラ運用
  • ICOアグリゲーターの開発とTraders Roomへの統合 素早いセットアップのためのオープンAPIとモジュールを伴った、SAASソリューションとしてのクラウドシステムの開発
  • スタンドアローン版インターフェースの改修と、顧客各位間でのコミュニケーションを伴ったソーシャルトレーディング用プラットフォームの開発
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やす

ステージ5 予算2500万ユーロ

  • ASICライセンスの取得
  • オーストラリア シドニーと中国本土にオフィスを設置
  • チームの拡大:弁護士1人、オーストラリアオフィスでの社員10人、中国オフィスでの社員10人、技術的サポート管理者5人、PHP開発者5人、をそれぞれ追加
  • B2BXとリクイディティープロバイダー、為替直接取引の仲介企業、主要な仲介企業と組織、公認株式仲介企業最大手との提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ20以内の新たな取引所2つとの提携追加と、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix シドニーSY1とEquinixシンガポールSG1でのインフラ運用
  • Traders Roomと著名な全ての分析ポータルサイト、採点システム、分析サービスの統合 シングルAPIの開発と、代表的なサービスと製品全てへの実装 Traders Roomを主要な各海外市場の目玉機能として採用
  • 投資ポートフォリオウィジェット、金、インデックス、仮想通貨等の相場指標と利益の計算支援機能を持った統計表示ウィジェットの開発 将来的な提携に向けたオープンAPIの開発と、全ての仮想通貨仲介企業、株式取引所、為替取引仲介企業、株式直接取引仲介業者と当該オープンAPIの統合
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やす

B2BX(ビーツービーエックス/B2B)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる