仮想通貨(コイン)の Karma(カルマ/KRM)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKarmaの価格・時価総額・出来高

通貨名Karma
通貨略号KARMA
公開日2014年2月4日
システムScrypt
発行上限枚数920億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

公式サイト公式サイト

Karma()のローソク足リアルタイムチャート

Karma(カルマ)とは?基本情報

Karmaは、2018年1月に取引が始まった、まだかなり歴史の浅い仮想通貨になります。略号表記は、KRMです。

Karmaは、ピアツーピアを利用した分散型クロスボーダーローンエコシステムであり、そのビジョンは、高いレベルでの相互信頼性を内包するグローバルコミュニティを構築することです。

今日の中小企業の起業の90%程度までが、プライベートカンパニーで行われ、そのうち90%のビジネスローンが、大企業によって行われており、この資本の出し手が大企業に偏った中小企業の資本へのアクセシビリティの問題を解決したいとKarmaでは考えています。

複数の国では、預金への利子率は低く、-0.75%〜0.1%程度、ローンの金利は、1%程度から始まります。

一方で、世界の30億人以上の人々が、高いローン金利、20%〜30%程度の国で暮らしています

Karmaは、エコシステムです。

あらゆる参加者は、お互いに直接働きかけることができます。

人々は、様々な種類の関係性を構築することができ、自身の選択で、様々な関係性を取捨選択することができます。

Karma(カルマ)の特徴・仕組み

Karmaは、世界中で大きな乖離が起こっているローン金利に着目した仮想通貨プロジェクトであり、ローンを足がかりに人々が様々な関係を構築できる環境を作ろうとするプラットフォームプロジェクトになります。

Karmaの特徴は下記になります。

  • 役割の分散化
  • 分散型の取引ルール
  • 位置の分散化
  • データとアプリケーションの分散化

役割の分散化

Karmaのエコシステムでは、誰もがそれぞれの役割を果たすことができます。

すなはち、新しいメンバー、エスクロー、取引の移送、分析、得点、引受、保険、為替ヘッジ、弁護士などです。

それぞれのメンバーは、人々の役に立つ行動を取ることで、お金や評判を得ることができます。

そして、それは新しい投資家や良質な借り手、高いスコア、アセットマネジメント、分析、保険などをもたらします。

分散型の取引ルール

Karmaでは、投資家は自身の資金を直接、借り手に貸すことができます。

コミュニティメンバーは、いかなるローン条件でも提示することができます。つまり、付帯条項の有無や金利の有無、強制的返済条項の有無などを自由に決めることができます。

オープンマーケットと多数の入札が、Karmaの進歩を後押しします。

人々は、自身の状況にあった、最もベストな関係性を選択することができます。

位置の分散化

ラテンアメリカの中小企業経営者は、自国でマイナス金利の影響を受けているスイスの投資家からローンを引き出すことができます。

今後、何千ものヘッジファンドと為替リスクの保険者のエコシステムは、リスクを最小化するための最善の選択肢を作り出す競争に参加することになるでしょう。

地元の弁護士は、正しい電子契約を提供し、現地代理店は債務回収を行います。

データとアプリケーションの分散化

ブロックチェーンテクノロジーのおかげで、Karmaは単一のサーバやホスティングプロバイダーに頼らずに、持続的なサービスを提供することができます。

データは分散型ネットワークで安全に保存されます。

Karmaのアプリケーションも分散型がであり、異なるサーバ間で機能します。

だれでも、Karmaのネットワークに繋がることができ、データの保存や処理を行うことで、お金を稼ぐことができます。

Karma(カルマ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2018年1月13日
  • 取引開始時価格:0.067261$
  • 直近価格   :0.028057$
  • 最高値    :0.081813$(2018年1月20日)
  • 最安値    :0.13053$(2018年2月5日) 取引開始時価格から約80%下落!!

Karmaは、2018年1月に取引が開始されたばかりの仮想通貨になります。

取引開始当初、大きな乱高下があるものの、相場全体の下落基調の影響を受けてか、底値がどんどん下がっていきます。

2月5日には、取引開始時価格から80%程度下落した最安値を記録しています。

現在は0.03$前後で落ち着いておりますが、今後の市況次第では、上がることも下がることも考えられ、取引には注意が必要だと思われます。

Karma(カルマ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Karmaの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

※Karmaを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Karma(カルマ)の将来性

ローンに焦点をあてたKarmaのプロジェクトは非常に興味深いと思います。

現在、多くの国が劇的な金融緩和策をとっており、銀行に預けておりても資金はほとんど増えません。国によっては、口座維持手数料などを支払う必要させあります。

そういった中で、世界中から資金の借りてを確保できるサービスと、契約内容がしっかりと残され、改ざんができないブロックチェーンの結びつきを行うKarmaは、非常に先見性のある取り組みだと思います。

一方で、金融の分野はどこの国も規制が厳しく、その点を合法的にどうやって対処していくか、が今後のポイントになるように思います。

Karma(カルマ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ロードマップは公表されておりません。

Karma(カルマ/KRM)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    krm ID:27cd7dd43 返信

    こんにちは。
    KarmaはYobitには上場しておりませんよ。他の通貨とお間違いではないでしょうか?
    現在はOpenledgerやRudex、韓国のCoinLinkなどに上場しており、
    2018年4月下旬にHitBTCに上場予定です。

    2018/04/20(金) 20:37:46

他のコメントの書き込みをみる