仮想通貨(コイン)の OracleChain(オラクルチェーン/OCT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のOracleChainの価格・時価総額・出来高

通貨名OracleChain
通貨略号OCT
公開日2017年6月14日
システム
発行上限枚数3000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト公式サイト

OracleChain()のローソク足リアルタイムチャート

OracleChainとは?基本情報

OracleChainとは、2017年7月から取引が開始された、中国初の仮想通貨です。

システムはEOSエコスペース(収益構造)上に構築されており、これは世界でも初の試みとなっています。また、現実世界のデータを提供するOracle本体のサービスに加えて、クロスチェーン・データ(異なるブロックチェーンからのデータ)を提供するOracleサービスも提供されます。

Oraclechainは「Link Data,Link World」をミッションとして掲げており、中長期的には、現実の世界とブロックチェーンの世界を結ぶインフラストラクチャとなることを目指しています。

OracleChainの特徴・仕組み

OracleChain(オラクルチェーン)は、以下のような特徴を備えています。

  • EOS・ブロックチェーン・プラットフォーム
  • OCTのクローズド・ループによる効果的なデータ・フィード
  • データの科学的な評価

EOSブロックチェーン・プラットフォーム

Oraclechainは、EOSブロックチェーン・プラットフォーム上に構築されています。EOSは、Ethereum(イーサリアム)のように、アプリケーションのプラットフォームの役割を果たす仮想通貨のことです。

EOSブロックチェーン・プラットフォームは、長期間にわたって検証・テストされています。EOSブロックチェーンの目標は、数百万人のユーザーをサポートすること。また、無料で使用できる上に、簡単なアップグレード、バグの克服が可能です。また、低レイテンシ(通信の遅延が少ないこと)を保ちつつ、連続的なパフォーマンスと並行的なパフォーマンスを統合することができます。

また、Oraclechainは、高いスループットを効率的に達成することができます。Oracleの高い処理能力と低い待ち時間のデータによって、ロボ・アドバイザーなどの金融アプリケーションを可能にする、ブロックチェーンアプリケーション用のサービスを作成することができます。

OCTのクローズド・ループによる効果的なデータ・フィード

OracleChainは、効果的なデータフィードサービスを提供するための効果的な報酬およびペナルティ・メカニズムを持っています。

すべてのデータフィーダは、定期的にデータフィードに参加することで高い評価を得て、OracleChainトークン(OCT)による報酬を得ます。逆に、不規則または詐欺的なデータフィーダは評価が低くなり、OracleChainに入金したOCTリスクファンドを失う仕組みになっています。

この2つのメカニズムによって、オラクルチェーンは実害を及ぼすような悪質なデータフィーダから身を守ることができるのです。

利用者はサービスを利用する際にもOCTを払う必要があるので、OCTはクローズド・ループの中を循環することになります。

データの科学的な評価

OracleChainはブロックチェーン内の「データの価値」という概念を提案しています。 OracleChainは、ブロックチェーンアプリケーション用のデータサービスを提供し、データコンシューマーの需要をみたしています。また、それによってデータの価値を反映しています。

OracleChainの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年7月
  • 取引開始価格:0.202599USD
  • 直近価格:0.349029USD
  • 最高値:1.16USD
  • 最安値:0.0995USD

2017年7月に取引を開始し、同年11月あたりまで1OCT=0.2USDあたりを維持していました。12月に入って0.9USDほどまで上昇した後、現在は0.3~0.4USDあたりで落ち着いています。

OracleChainの買い方・売り方・購入方法・取引所

OracleChainの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

OracleChainの将来性

Oraclechainの将来性について、まず「ブロックチェーン上での予測」へ力を入れていることが挙げられます。これによって、より通貨の運用にバリエーションが生まれることでしょう。
また、中国で通貨として実際に用いられることも視野に入れており、農産物の価格付けに利用することと合わせて、保険業への応用・金融業でのロボ・アドバイザーの開発もできるとされています。

また、その予測特性を踏まえて、スポーツ界に関連するギャンブル事業への参入に対しても積極的な姿勢を見せています。

OracleChainの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年6月に開発を開始したOracleChainのデモシステムは年末に開始される予定です。また、公式システムの運用開始は2018年の7月に予定されています。研究・開発プロセス全体を通じて、OracleChainチームはEOSプロジェクトの開発進捗状況の詳細の追跡と、プロジェクトの進行を同時に進めていくとしています。

最近の特筆すべきニュースとしては、ブロックチェーン関連の特許を14個、中国の国家知的所有権局に提出していることがあげられます。

また、Oraclechainは、公式サイトがかなり充実しているため、そこから随時最新情報を参照することも可能です。

OracleChain(オラクルチェーン/OCT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる