仮想通貨(コイン)の BlockCDN(ブロックシーディーエヌ/BCDN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBlockCDNの価格・時価総額・出来高

通貨名BlockCDN
通貨略号BCDN
公開日2016年11月9日
システム
発行上限枚数10億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Gate
公式サイト公式サイト

BlockCDN()のローソク足リアルタイムチャート

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)とは?基本情報

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)は、ブロックチェーンテクノロジーをベースにしたCDNトレーディングのプラットフォームです。

CDNとはコンテンツデリバリーネットワークの略で、画像・音楽・動画・ゲームなど大容量のデジタルコンテンツをインターネット上で、大量配信するネットワークのことです。

BlockCDNは、このネットワークをブロックチェーン技術を使い、アイドル状態(使われていない状態)のIT機器をCDNデータキャッシュノードとして使うことにより、コンテンツ供給者とクライアントをつなぎ、より早く快適にデジタルコンテンツのデータをクライアントがダウンロードできることを目的に作られました。

BlockCDNのプラットフォーム内で使われるトークンBlockCDNは、2017年12月に取引が始まったまだ新しい仮想通貨で、略号はBCDNです。

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)の特徴・仕組み

BlockCDNの特徴は以下になります。

  • CDNより安全で早いにコンテンツ配信
  • ノードシェアで利益
  • 低価格
  • スマートコントラクトの利用
  • グローバルなスーパーノード

CDNより安全で早いコンテンツ配信

BlockCDNは、ブロックチェーン技術を使って、アイドル状態(使われていない状態)のパソコンやスマートフォン、タブレット端末、TVセットトップボックスなどをCDNデータキャッシュノード、つまりデータのやり取りの中継地点のような役割として、シェアしてもらうことにより、大容量のデジタルコンテツをCDNより早く、安全に配信を可能にすることを目的に作られたプラットフォームです。

データ量が多いことにより速度が遅くなるなどのネットワークの弱点を改善することにより、CDNより10倍早くダウンロードを可能にすると言われています。

ノードシェアで利益

パソコンやスマートフォン、タブレット端末、TVセットトップボックスなどのIT機器を使用していない時に、CDNサプライヤー(CDNの供給者)としてノード(通信ネットワークの中継地点)シェア(提供)をすると、利益を得ることができます。

低価格を実現

ビデオ、ライブ、オンラインゲームなどのコンテンツ業者は、BlockCDNをプラットフォームとして使うことにより、CDNサービスのコストを大幅に削減できます。

スマートコントラクトの利用

スマートコントラクトを使い、自動マッチングシステムをプログラム化しました。

スマートコントラクトとはコントラクト(契約)をプログラム化して、自動的に実行される仕組みのことで、イーサリアムが使っていることで有名ですが、プログラムは自動的に機械認証を実行するため、そのオープン性と透明性から、偽造などを防ぎ安全だといわれています

グローバルなスーパーノード

スーパーノードによる高い処理能力がスケジューリングを可能にします。

2019年1月にはグローバルスーパ―ノードプログラムの立ち上げが予定されています。

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年12月6日
  • 取引開始価格:0.077341USD
  • 直近価格:0.020478USD
  • 最高値:0.299849USD
  • 最安値:0.010272USD

2017年12月に取引を開始し、順調に価格を上げ、2018年1月初めに取引開始より15倍近くの最高値0.299849USDをつけました。

その後価格を徐々に下げた後、現在は大きな変化なく推移しています。

BlockCDNの買い方・売り方・購入方法・取引所

BlockCDNの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Gate
※BlockCDNを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)の将来性

インターネットの急速な普及の中で、デジタルコンテンツを扱うCDNの世界市場規模はさらに拡大する見込みです。

大きくなる市場で起きている問題点をブロックチェーンの技術を利用して、解決しようするBlockCDNのプロジェクトはとても興味深く、今後の活躍に期待をしたいです。

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

開発経路と今後の計画

  • 2016.2 初期研究と実験
  • 2016.5 初期資金調達の代理地ラウンドを獲得、、プロジェクトが正式に設立される
  • 2016.8 公開クライアントのプロトタイプ
  • 2016.10 Windowsノードクライアントのベータテスト(内部テスト)終了
  • 2016.10 Unixノードクライアントのベータテスト終了
  • 2016.11 Android TVセットトップボックスノードクライアントのベータテスト終了
  • 2016.11 イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンが仕事を導く
  • 2017.3 中国重慶郵電大学と協力開始
  • 2017.5 中国電子科学技術大学との協力を提携
  • 2017.8 上海第4ブロックチャーン国際サミットに参加
  • 2018.1 正式APPリリース
  • 2018.1 マイニング開始
  • 2018.3 Windows Linuxのマイニングターミナルリリース
  • 2018.4 第6回アジア太平洋CDNサミットに参加
  • 2018.5 BlockCDNスマート契約取引システムリリース
  • 2019.1 グローバルスーパーノードプログラムの計画開始

BlockCDN(ブロックシーディーエヌ/BCDN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる