仮想通貨(コイン)の Rimbit(リムビット/RBT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRimbitの価格・時価総額・出来高

通貨名Rimbit
通貨略号RBT
公開日2014年5月28日
システムProof of Stake
発行上限枚数3億8000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Yobit,,Novaexchange
公式サイト

Rimbit()のローソク足リアルタイムチャート

Rimbit(リムビット)とは?基本情報

Rimbitは世界初の100%還元型の仮想通貨です。2017年11月以来PEOPLE ONLYというマイニングコミュニティーによって管理されています。

2014年10月から約4年にわたって使われている通貨であり、この取引の長さが、Rimbitの安全性の高さや利便性の高さを表しているとも言えます。PEOPLE ONLYというマイニングコミュニティーは「富の貯蓄」という目的のもとに活動する団体です。

RimbitはBitcoinの良い部分を採用しつつ、個人やコミュニティーなどで所有や利用をすることができるため、Bitcoinマーケットを支配する大規模なマイナーなどにも対抗することができます。

現在では20カ国以上で使われていて、成長性も非常に高いです。

Rimbit(リムビット)の特徴・仕組み

Rimbitは以上のように、非常に先進的な仮想通貨であり、歴史も長い仮想通貨です。その特徴は下記になります。

  • 将来的にマイニングにコストがかからなくなる
  • Rimbitのマニフェスト
  • 誰でも扱うことができる

将来的にマイニングにコストがかからなくなる

Rimbitのような仮想通貨は、ディベロッパーによって事前にマイニングされている必要があるため、このマイニングが十分に行われた後では、余計なマイニングコストがリムビット自体の価値に影響を与えるようなことはなくなると考えられています。

Rimbitのマニフェスト

Rimbitの開発者の一人であるマークは、Rimbitについて以下のようにSNSに投稿しています。

「リムビットのウォレットを手に入れよう。まだまだ新しい分野である仮想通貨世界の中でRimbitを選び、仮想通貨取引を始めよう。

我々は、仮想通貨、そしてRimbitの価値は年々上がっていくと考えていく。あなたが手に入れたRimbitの価値は、2014年8月22日までに2倍に膨れ上がるだろう。」

実際に、Rimbitの価値の上昇は短期的なものでは終わりませんでした。Rimbitのテスト期間は終わり、今後はユーザー間の迅速なトランザクションを行うフェーズへと進んでいます。

誰でも扱うことができる

Bitcoinが、テクノロジーに精通した裕福なマイナーたちにより、高額の取引手数料のもと多くのシェアが占有されている一方で、Rimbitはすべての人のための仮想通貨を目標に作られた仮想通貨であり、誰もがこのコインの発展に貢献したり、このコインを購入したりすることができます。

Rimbit(リムビット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年10月26日
  • 取引開始時価格:0.01$
  • 直近価格   :0.009920$
  • 最高値    :0.059414$(2016年4月15日)
  • 最安値    :0.000288$(2017年6月22日)

Rimbitは、2014年10月に取引が始まって以降、順調に価格は上昇し始め、2016年4月には一時大きく価格をあげました。その後、その反動により大きく下げましたが、6月にまた価格が上がり始め、直近の2018年1月では最高値を更新し続けています。

直近では、仮想通貨業界が非常にボラティリティが大きく推移しており、今後の価格動向は極めて不透明だと言えます。引き続き取引には最新の注意が必要だと思われます。

Rimbit(リムビット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Rimbitの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Yobit,,Novaexchange
※Rimbitを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Rimbit(リムビット)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、このような流れ中で、仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーに多くの問題が指摘されているのまた事実です。

例えば、Bitcoinだけでも、ASIC(特定用途向け集積回路)の利用による寡占化されたマイニング、それによる51%アタック問題の危険性、マイニングにかかる消費電力の大きさといったマイニング関連の問題から、ピアツーピアシステムによるブロックチェーン上の情報のパブリック性、非匿名性、さらには2017年の高騰と2018年初旬に見られる下落という価格のボラティリティの大きさなど、多くの問題が指摘されています。

こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。

今仮想通貨業界は、熾烈な競争の中、数多くの問題に遭遇し、それらを解決しようとする真っ只中にいます。

これら数多くの問題が山積の業界で、Rimbitがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

Rimbit(リムビット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Rimbit(リムビット/RBT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる