仮想通貨(コイン)の Franko(フランコ/FRK)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のFrankoの価格・時価総額・出来高

通貨名Franko
通貨略号FRK
公開日2013年5月11日
システムScrypt
発行上限枚数1120万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

公式サイト

Franko()のローソク足リアルタイムチャート

Franko(フランコ)とは?基本情報


Frankoは、2013年6月に取引が始まった、仮想通貨業界の中でも歴史の長い仮想通貨です。略号表記はFRKです。

Frankoは、所有権に対し、ブロックチェーンを利用することで、革新的なアプローチを行う仮想通貨プロジェクトです。単なる仮想通貨と言う人もいますが、Frankoは仮想通貨の未来だという人もいます。

Frankoは、ブロックチェーンテクノロジーで構築されたピアツーピアのペイメントネットワークです。ブロックチェーンは、Frankoの所有権を監視する機能と同期される、パブリック台帳です。

Frankoは、ある面ではFrankoペイメントネットワークで使用される金融商品とも言え、電子メールを送信するような単純な作業で送金することができ、費用はほとんどかかりません。

このFrankoは、一部の特権を持つ人だけが利用できるものではなく、世界中の誰でも簡単に行うことができます。新たに生み出されるFrankoは、二重支払いを防ぐためのネットワークの保証という側面もあるため、インセンティブとして30秒ごとに0.25Franko(1日あたり720 FRK)が生成されます。

Franko(フランコ)の特徴・仕組み

Frankoのブロックチェーンは、コンピュータのグローバルネットワークに格納されているパブリック台帳です。ブロックチェーンはペイメントシステムとしてもその役割を果たします。このブロックチェーンは、取引を記録したり、公的にデータを登録したりする真に優れた方法です。Frankoのブロックチェーンの特徴は以下になります。

  • Frankoのブロックチェーンは「オープン」です。どのウォレットにどのくらいの資金が入っているかなどの必要な情報は一定のルールのもとに誰でも入力し、または確認することができます。
  • Frankoブロックチェーンは、「信頼できる第三者」(銀行やレジストラなど)によって集中管理されるものではなく、ネットワークの中で広く「分散」され、維持管理されています。理論上、その情報をプリントして読むことさえできます。
  • Frankoブロックチェーンは高い安全を持ちます。ブロックチェーンに入力されたすべての取引は、事実上永久的であり、壊れにくく、改竄することができません。

Franko(フランコ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2013年6月9日
  • 取引開始時価格:0.153527$
  • 直近価格   :0.123694$
  • 最高値    :10.49$(2013年12月1日) 取引開始時価格の約68倍!!
  • 最安値    :0.004971$(2017年1月17日) 取引開始時価格から約97%下落!!

Frankoは、2013年6月に取引が始まりました。

取引開始当初から、ボラティリティが大きく、価格の上昇と下落を繰り返します。2013年7月と12月に大きな高騰を見せます。12月1日には取引開始時価格の約68倍となる最高値を記録しますが、すぐに下落基調へと転じ、継続的に価格が下落していきます。

ところどころで一時的な反発を見せるも全体的な下落基調は止まらず、丁重な価格帯で推移します。2016年12月にはさらなる下落が起き、翌年の2017年1月17日には取引開始時価格から約97%も下落した最安値を記録します。

しかし、2017年4月ごろから大きな上昇を見せ、価格が回復していきます。12月にも仮想通貨業界の盛り上がりもあり、価格を上げますが、2018年4月4日を持って、取引が中止されております。今後の展開は公表されておりません。

Franko(フランコ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Frankoの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

※Frankoを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Franko(フランコ)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、このような流れ中で、仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーに多くの問題が指摘されているのまた事実です。

例えば、Bitcoinだけでも、ASIC(特定用途向け集積回路)の利用による寡占化されたマイニング、それによる51%アタック問題の危険性、マイニングにかかる消費電力の大きさといったマイニング関連の問題から、ピアツーピアシステムによるブロックチェーン上の情報のパブリック性、非匿名性、さらには2017年の高騰と2018年初旬に見られる下落という価格のボラティリティの大きさなど、多くの問題が指摘されています。

こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。

今仮想通貨業界は、熾烈な競争の中、数多くの問題に遭遇し、それらを解決しようとする真っ只中にいます。

これら数多くの問題が山積の業界で、Frankoがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

Franko(フランコ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Franko(フランコ/FRK)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる