仮想通貨(コイン)の Trollcoin(トロルコイン/TROLL)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のTrollcoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Trollcoin
通貨略号TROLL
公開日2014年2月11日
システムScrypt
発行上限枚数9億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bleutrade,Novaexchange
公式サイト

Trollcoin()のローソク足リアルタイムチャート

Trollcoinとは?基本情報

TrollCoin(トロルコイン)とは、デジタル通貨の一種です。また、SNSによるコミュニティに注力している仮想通貨でもあります。

TrollCoinは、分散型ネットワークにより構成されており、特定の単一企業・個人によって集中的にコントロールされることはありません。誰でも、TrollCoinソフトウェアを実行することにより、TrollCoinの存在や機能、その価値創造に貢献する事ができます。

TrollCoinは、取引の管理や通貨の発行を全て同一ネットワークで実行し、その処理に誰でも参加できる、という仕組みになっています。このネットワーク及び、それを可能にするオープンソースソフトウェアを含め、TrollCoinと呼びます。

Trollcoinの特徴・仕組み

TrollCoinには以下の2つの特徴があります。

  • PoW、PoSどちらも利用できること
  • SNSによるコミュニティが活発なフランクな仮想通貨であること
  • 近年急速に値を上げた仮想通貨であること

それぞれについて、細かく見ていくこととします。

PoW、PoSどちらも利用できること

TrollCoinは現在Version2.1.0.0が最新版としてリリースされています。アルゴリズムにはScryptを利用しており、PoW、PoSのどちらも利用できるようです。ただ、一般にはTrollCoinはPoS型の仮想通貨として認識されている事が多いようです。

PoW、PoSについて軽く説明します。PoWとPoSはどちらも仮想通貨の取引を検証するための約束事です。PoWはビットコインで採用されているシステムであり、暗号の計算問題を解くことを検証作業として、それにより報酬として一定確率で仮想通貨が得られるシステムです。

一方のPoSはアルトコインなどで採用されているシステムです。こちらは該当する仮想通貨の保有量に比例して新規で発行された仮想通貨が得られる、という仕組みです。Novacoinではこれらのいずれのシステムも利用することができます。

PoSシステムは、PoSシステムは一般的に電力消費効率の面で、PoWシステムより効率的であると言われていますが、近年では、暗号通貨のイニシャルマイニングにおいてはPoWシステムの方が効率的であると言われています。中長期的に見ると効率的とされているシステムをTrollCoinは採用している、というわけです。

SNSによるコミュニティが活発なフランクな仮想通貨であること

TrollCoinはTrollCoinBotと呼ばれるTwitter Botを運用しています。TrollCoinはこのBotを「単なるBotではなくコミュニティ」として運用している、としています。どうやら@TrollCoinBot とリプライをすることによって自動的にタイムラインにリツイートされるようですね。

このようにコミュニティのように利用されているようですが、現在でもおよそ週に1回ほどの頻度で動いているようです。まだ規模としては小さいですが、このようにSNS活用に熱心なのは一つの特徴と言えるでしょう。

また、TrollCoinは自身をとても「くだけた」存在であると称しています。「いつでもどこでも、TrollCoinの意外ときっちりした雰囲気を楽しんで!」というコメントもあります。仮想通貨というと小難しい感じがしますが、このようにフランクな雰囲気なのは好印象です。

このようなフランクさは取り組みからも伺えます。Facebookが「いいね!」の代わりに仮想通貨による投げ銭を可能にするアプリを承認した際、最初に承認された14の仮想通貨のうちの一つがこのTrollCoinでした。SNSの活用といい、とにかくとっつきやすい感じです。

ちなみに、TrollCoinのTwitterには何と日本語版もあります!こちら投稿はわずかに2つ、しかも最新の投稿が2015年6月30日と、全く活発な感じはしないですが、今後盛り上がる可能性はあります。チェックしておいて損はないでしょう。

近年急速に値を上げた仮想通貨であること

こちらは他の仮想通貨でも言えることですが、TrollCoinも近年になって急速に値を上げた通貨です。後ほどチャートで詳しく説明はしますが、2014年に公開されたにも関わらず、値を上げ始めたのは2017年の1月、とかなりの遅咲きです。

その後2018年初頭に再度急騰するのですが、このような値動きはありつつも現在伸長中の仮想通貨であると言っていいでしょう。現在の総発行数は900,000,000と多いので、今の内に保有しておけば将来的に大化けする可能性はあります。ポテンシャル型の仮想通貨としてチェックしておいて損はないでしょう。

Trollcoinの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年9月30日
  • 取引開始時価格:0.000004$
  • 直近価格   :0.002005$(2018年2月18日現在)
  • 最高値    :0.007365$(2018年1月10日)
  • 最安値    :0.000001$(2014年11月12日)

TrollCoinは2014年9月30日に公開されて以降、長く不遇の時代が続きました。一時期は0.000001$(2014年11月12日)の最安値をつけるなど価格は低迷し続け、2017年に入るまで大きな値動きはありませんでした。

その後2017年1月下旬に一度大きく値を上げたのを契機に、次第に価格は上昇し始め、2018年1月10日には0.007365$の最高値を記録しました。これは取引開始価格から1800倍以上の価格変動となります。まさに遅咲きの仮想通貨と言えるでしょう。

Trollcoinの買い方・売り方・購入方法・取引所

Trollcoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bleutrade,Novaexchange
※Trollcoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Trollcoinの将来性

1コイン当たりの単価はまだそう高くはないですが、2014年からの総通貨量は多いです。また、近年急速に値を上げている仮想通貨ですので、今後に期待ができると言えると思います。

SNSを活用したコミュニティに熱心なのも好印象です。今後TrollCoinが順調に成長していけばコミュニティも活性化していき、右肩上がりに発展していく可能性も秘めています。今の内にウォッチしておいて損はないと言えるでしょう。

Trollcoinの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年1月31日、分散型通貨交換所である、CryptoBridgeに登録されました。まさにこれから、という感じです。

Trollcoin(トロルコイン/TROLL)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    tomo ID:e621444fa 返信

    遅咲きの通貨なんですね。大化けの可能性あり?らしいので覚えておきます。

    2018/02/18(日) 14:43:52

他のコメントの書き込みをみる