仮想通貨(コイン)の Denarius(ディナリウス/DNR)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のDenariusの価格・時価総額・出来高

通貨名Denarius
通貨略号DNR
公開日2017年6月14日
システム
発行上限枚数1000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Cryptopia,Novaexchange,Coins markets,Coin exchange
公式サイト

Denarius()のローソク足リアルタイムチャート

Denarius(ディナリウス)とは?基本情報

Denariusは、2017年7月に取引が始まった仮想通貨で、略号はDNRとなります。Denariusは、サトシナカモトによる当初のBitcoin思想に基づいて作られた仮想通貨です。

Denariusは、ステルスアドレスや暗号メッセージ、PoW(Proof of Work)の新たなハッシュアルゴリズムであり、ASIC耐性のあるTribusなど、多くの特徴・仕組みを取り入れています。

また、PoWとPoS(Proof of Stake)のハイブリッドアルゴリズムを3年間使用し、総供給量は1,000万DNRと取り決めています。そして、その後PoSに移行していく予定となっています。

Denariusは、ローマ時代の通貨システムから取られており、第二次ポエニ戦争中の紀元前211年頃に初めて鋳造された、小さな銀貨のことを言います。

この通貨は、古代ローマ時代に製造されたコインの中で、最も広く一般に流通したコインになります。

Denarius(ディナリウス)の特徴・仕組み

Denariusは、最も一般的に利用される仮想通貨を目指したプロジェクトです。
その特徴・仕組みは以下になります。

  • Tribus
  • 安全性
  • 速さ
  • 信頼性
  • 暗号化メッセージ
  • マルチシグネチャー

Tribus

Tribus(ラテン語の3の意味)は、Denariusで使われるPoWのハッシュアルゴリズムです。

Denariusは、このアルゴリズムを用いた最初の仮想通貨になり、Tribusは最も人気があり、安全な3つの暗号アルゴリズムから構成されています。

安全性

Denariusは、サトシナカモトのBitcoinのコア技術に基づいた、安全かつ安定した仮想通貨です。既存のオープンソーステクノロジーとの統合も簡単に行うことができます。

速さ

Denariusは、現実世界に適応するよう、トランザクションがとても早い仮想通貨であり、ブロック承認時間は30秒、ブロック承認数は10という設定になっています(Bitcoinでは、ブロック承認時間は10分、ブロック承認数は6以上を推奨としています)。

信頼性

Denariusは、ネットワークを確保し、処理するために、PoWとPoSのコンセンサス方法を利用しています。

また、PoWで使われているハッシュアルゴリズムのTribusは、ASIC耐性(※)を持ちます。

※ASIC耐性・・・ASICとは特定用途向け集積回路のことを言い、ASIC耐性があるとはマイニングにASICを導入できない、または導入しても効果がないことを言います。BitcoinのアルゴリズムはASIC耐性がないため、一部の資本家や企業がASICをこぞって導入し、一部によるマイニングの独占と51%アタックの可能性が問題視されています。

暗号化メッセージ

Denariusのネットワークを経由して、利用者は完全に暗号化されたメッセージを送受信することができます。

マルチシグネチャー

Denairusは、マルチシグネチャーをサポートしています。マルチシグネチャーアドレスは、ブロックチェーン上にトランザクションが記録される前に、他の複数のユーザーの承認を必要とします。

Denariusでのマルチシグネチャーは、2つか3つのシグネチャーを必要します。

Denarius(ディナリウス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年7月2日
  • 取引開始時価格:0.17$
  • 直近価格   :2.30$
  • 最高値    :4.38$(2018年1月2日)   取引開始時価格の約25倍!!
  • 最安値    :0.16$(2017年11月7日)

Denariusは、2017年7月に取引が始まりました。

取引開始直後、価格を大きく上げましたが、その後すぐに急落し、低調なまま推移していました。

一時は、最安値を記録するなどしましたが、2917年12月の仮想通貨全体の盛り上がりに合わせ、価格を大幅に上げ、年明けの1月2日は取引開始時価格の約25倍となる最高値を記録しています。

その後、価格は50%程度急落し、非常にボラティリティが高い状態が続いているため、取引の際には注意が必要だと思われます。

Denarius(ディナリウス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Denariusの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Cryptopia,Novaexchange,Coins markets,Coin exchange
※Denariusを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Denarius(ディナリウス)の将来性

Denariusは、Bitcoinの思想を受け継ぎつつ、その技術的欠陥に対処した仮想通貨です。

まだまだ認知度は低いですが、通貨としての利便性を高める様々な工夫がなされています。

一方で、今後通貨として採用されていくには、多くの人が利用し、ネットワークやコミュニティを拡大していく必要があり、そういった点を促すマーケティング戦略が今後の大きなポイントになってくると思います。

Denarius(ディナリウス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

認知度控除のため、2018年1月、マスコットキャラクラターを作り、ウェブサイトの紹介動画を刷新しました。
今後の具体的なロードマップは公表されておりません。

Denarius(ディナリウス/DNR)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる