仮想通貨(コイン)の Kobocoin(コボコイン/KOBO)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKobocoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Kobocoin
通貨略号KOBO
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Kobocoin()のローソク足リアルタイムチャート

Kobocoin(コボコイン)とは?基本情報


Kobocoinは、2015年2月に取引が始まった、仮想通貨業界の中では歴史の長い仮想通貨になります。略号表記はKOBOです。

Kobocoinは、アフリカの貴重な資産となるよう構築された、Bitcoinに類似したデジタル通貨と支払いシステムです。すべてのノードは、ブロックチェーンと呼ばれるパブリック分散台帳上で、そのトランザクションを検証します。このパブリック台帳では、独自の通貨単位を使用しており、それがKobocoinとなります。

Kobocoinのブロックチェーンは、それぞれのKobocoinの所有者や所有量をそれぞれ独立して検証するために、分散されています。利用者のデバイスウォレットは、このノードになります。このシステムにより、ブロックチェーンのセキュリティと完全性を他のすべてのノードとともに維持します。中央集権的なデータベースは一切存在しません。これはKobocoinのエコシステムの分散化という性質を表します。

Kobocoinのエコシステムでは、ウォレットを保持している人(またはより正確には資金を供給されたKobocoinのアドレス)が、1人のステークホルダーとなります。これにより、ブロックチェーンの完全性を維持するための報酬として、毎年Kobocoin(年率10%程度)が与えられます。

ステークホルダーは、Kobocoinの総供給量がマーケットに投入されるまでの間、継続的にKobocoinを受け取ることができます。そう供給量に達し後の報酬は、エコシステム内で生成された取引手数料によって決定されます。

Kobocoin(コボコイン)の特徴・仕組み

Kobocoinは、アフリカ地域内で利用される仮想通貨になることを目指し、作られた仮想通貨です。その特徴は下記になります。

  • ファスト
  • プライベート
  • 安全
  • 最小コスト

ファスト

Kobocoinの支払いは、送金がなされるとすぐに、受取手が世界中のどこにいようとも即座に完了します。

プライベート

支払いとメッセージはプライベートに保たれています。誰も利用者を追跡することはできず、利用に際しての個人情報の登録も必要ありません。利用に必要なのは、Kobocoinのウォレットだけです。

安全

Kobocoinエコシステムは、完全なセキュリティと安心のために高度な暗号テクノロジーを使用しています。また、Kobocoinは偽造することはできません。

最小コスト

Kobocoinの取引手数料は、銀行やクレジットカードと比較して無視できる金額に設定されています。また、場合によっては無料となります。

Kobocoin(コボコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2015年2月16日
  • 取引開始時価格:0.000759$
  • 直近価格   :0.058539$
  • 最高値    :0.155463$(2017年7月21日) 取引開始時価格の約204倍!!
  • 最安値    :0.000097$(2015年5月6日) 取引開始時価格から約90%下落11

Kobocoinは、2015年2月取引が始まりました。

取引開始当初から大きく価格が変動しますが、5月6日にいきなり急落し、取引開始時価格から約90%下落した最安値を記録します。その後も大きな変動を伴いつつも、この最安値を境に価格は緩やかに上昇していきます。

2016年7月と2017年1月に大きな高騰とそれに伴う調整が起こった後、2017年7月に今までにない大きな高騰を見せます。そして7月21日には取引開始時価格の約204倍となる最高値を記録します。

その後、2017年12月から1月にかけて仮想通貨相場全体の盛り上がりに合わせて価格を大きく上げましたが、最高値更新には至らりませんでした。現在では、仮想通貨業界全体の落ち込みにより、価格を大きく下げており、今後の動向には大きな不透明感が伴っています。

Kobocoin(コボコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Kobocoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Kobocoin(コボコイン)の将来性

2009年にBitcoinの開発理念は、国家や中央銀行のような中央集権機構に支配されない通貨を生み出すということです。そして、そのBitcoinの認知度や価格が上昇していく過程にあったのもまた、国家や法定通貨への不振でした。

2009年にリーマンショックが発生し、その後ギリシャをはじめとするEU危機がおき、この間世界の多くの政府は経済を刺激するためにお金をひたすら剃り続け、貨幣価値を下げようとしてきました。2018年現在でもアメリカはこの金融緩和策からの早期回復を目指している状態であり、日本はまだその状態にも達しておらず、過度な金融緩和策を続けています。

そういった中で、アフリカを基盤とする仮想通貨とならんとするKobocoinは、非常に興味深いプロジェクトです。昨年のジンバブエでのハイパーインフレーションなど、アフリカでは未だ不安定な状態にある国家が多く、そういった中で中央集権機構に依存しない仮想通貨は、一般市民の利便性を考えたときに非常に適するものだと思います。

一国家の破綻では無価値にならない通貨は、アフリカでこそ本当の真価を発揮するかもしれません。今後のKobocoinの普及に期待です。

Kobocoin(コボコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Kobocoin(コボコイン/KOBO)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる