仮想通貨(コイン)の Moin(モイン/MOIN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Moin
通貨略号MOIN
公開日2015年10月9日
システムProof of Stake
発行上限枚数2100万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Livecoin,Cryptopia,Ccex,Coin exchange,Novaexchange
公式サイト

Moin()のローソク足リアルタイムチャート

Moin(モイン)とは?基本情報

Moinは、2016年1月に取引が始まった、比較的歴史の長い仮想通貨になります。

2018年1月には取引開始時価格の2,171倍となる最高値を記録するなど、活発に取引されています。

Moinは、テクノロジーやデザインに大きな情熱を持つ、仮想通貨の愛好家チームによって作られたデジタルマネーです。

Moinの開発チームでは、様々な新しい方法を組み合わせ、試行錯誤しながら、既存のソリューションを改定、精製、改良し、利用者の繊細なニーズに沿った分散型テクノロジーがメインストリームで採用されるよう、挑戦し続けています。

Moin(モイン)の特徴・仕組み

Moinは、熱狂的なブロックチェーンやデザインの愛好家によって作られた仮想通貨です。

その特徴は以下になります。

  • ハードウォレット
  • ShadowSend
  • 暗号化されたチャット
  • PoS(Proof of Stake)3.0
  • HTML5クライアント

ハードウォレット

システム障害が発生した場合に、ユーザーのMoinを安全に保つために必要なのは、シンプルな24語のニーモニック・フレーズ(※)です。

これらの24語を使用すると、利用者は、ウォレット全体を再生成し、Moinへのアクセスを復元することができます。

※ニーモニック・・・プログラムを実行させるための機械語を、人間が理解しやすいように英単語や記号などに置き換えて表したもの。

ShadowSend

プライベートに資金の送金や受け取りをしたい場合、Moinではそのオプションを提供しています。

プライバシーは権利であって特権ではなく、ShadowSendシステムはデジタルマネーの権利が保護されていることを保証します。

暗号化されたチャット

Moinの暗号化されたチャットシステムでは、安全性が確保され、プライバシーが保護された状態で、1対1やグループでチャットをすることができます。

公的に検証可能なオープンソースのコードベースは、ユーザーのセキュリティを確保するために、しっかりと確立された暗号プロトコルを使用しています。

PoS(Proof of Stake)3.0

Moinでは、コンセンサスアルゴリズムにPoS(Proof of Stake)3.0プロトコルを利用しています。

ユーザーは、ウォレットを稼働状態にしておくだけで、ネットワークのセキュリティに貢献することができ、さらにそれによって報酬を受け取ることができます。

銀行に預けておくだけでは、利用者はもう利子を受け取ることはできないかもしれませんが、Moinであれば利子を得ることができます。

HTML5クライアント

ユーザーは、デジタルマネーを管理するためのソフトウェアに、1990年代の延長線上に位置するようなソフトウェアをもう使う必要はありません。

Moinの最先端の応答性の高いHTML5ウォレットは、使いやすさと最新のデザインを組み合わせて、最高のユーザーエクスペリエンスを提供するよう設計されています。

Moin(モイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年1月5日
  • 取引開始時価格:0.000594$
  • 直近価格   :0.256723$
  • 最高値    :1.29$(2018年1月11日) 取引開始時価格の約2171倍!!
  • 最安値    :0.000355$(2016年1月18日)

Moinは、2016年1月に取引が始まりました。取引開始当初、非常に緩やかな上昇基調のまま価格が上がっていきます。

2017年4月から徐々に上昇幅大きくなり、この時点で取引開始時価格から約100倍近く値上がりしています。

そして、2017年12月後半、価格は急激な上昇を始め、2週間程度で10倍以上値上がります。年明けの1月11日には取引開始時価格の約2,171倍となる最高値を記録しています。

現在は、仮想通貨業界全体の落ち込みで価格は下がっておりますが、今後の市況次第では最高値をさらに更新していくことも考えられます。

Moin(モイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Moinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Livecoin,Cryptopia,Ccex,Coin exchange,Novaexchange
※Moinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Moin(モイン)の将来性

2009年のBitcoinの誕生は、中央集権制を排除し、一般市民によって分散されて維持される通貨として、今日に至るまで大きなインパクトを与えてきました。

一方で、スケーラビリティーやプライバシーの問題、ブロック承認時間の長さや未承認ブロックの溜まり、さらにはマイニングによる大量の電力使用や51%アタックなど、多くの問題も指摘されています。

現在、数多ある仮想通貨プロジェクトの多くは、Bitcoinのこういった問題点を解消することを目的に様々な研究や開発、テクノロジーの実装などが行われています。

そういった中でMoinは、PoS3.0の採用やハードウォレットの導入など、新たなチャレンジをしています。

現在はまだプラットフォームの開発状況もそこまで進展していませんが、今後プラットフォームが充実していくことでさらに大きな注目を集めていくことも考えらえます。

Moin(モイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

現在のMoinのプラットフォーム開発状況は、23%にとどまっています。今後、新たな機能が随時ローンチされていく予定です。

Moin(モイン/MOIN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる