仮想通貨(コイン)の Giga Watt Token(ギガワットトークン/WTT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のGiga Watt Tokenの価格・時価総額・出来高

通貨名Giga Watt Token
通貨略号WTT
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Giga Watt Token()のローソク足リアルタイムチャート

Giga Watt Tokenとは?基本情報

ギガワットトークンは、世界最大のマイニング企業である、メガビッグパワーによって発行されているトークンです。メガビックパワーは、非常に大規模な計算ができる設備を保有し、ビットコインなどのマイニングを行っています。

ギガワットトークンは、メガビッグパワーが資金調達をするために、ICOによって販売されたときに始めて世に出ました。メガビッグパワーはICOに成功し、15億円以上を調達しました

ただ、ギガワットトークンは資金調達のためだけに作られたのではありません。ギガワットトークンを購入し、一定量保有することとで、様々なオプションを手に入れることができます。

  • 仮想通貨名(単位) : Giga Watt Token(WTT)
  • 公開日 : 2017年6月1日
  • 埋蔵量 : 17,300,000 WTT
  • 循環量 : 2,900,000 WTT
  • 公式サイト : https://www.giga-watt.com/

Giga Watt Tokenの特徴・仕組み

ギガワットトークンは、メガビッグパワーというマイニング企業によって発行されています。そして、メガビッグパワーは世界最大規模のマイニング能力を保有しています。

ギガワットトークンの使い道は、仮想通貨市場で売買できるだけではありません。ギガワットトークンを保有することで、マイニングにおいて非常に有利な立ち位置を獲得することができます。

ギガワットトークンの特徴は以下になります。

  • メガビッグパワーへのアクセスが可能となる
  • メガビッグパワーへのアクセス権をレンタルすることができる
  • アクセスできる設備はマイニングには最高の環境

メガビッグパワーへのアクセスが可能となる

個人で仮想通貨のマイニングを行う場合、専門のマイニング機器が必要です。しかし、個人用のマイニング機器では持続的な大量計算に耐えることができず、故障してしまうことがあります。

ギガワットトークンを保有することで、メガビッグパワーの設備へアクセスすることができます。そして、メガビッグパワーへアクセスすると、メガビッグパワーの設備の一部をレンタルすることができます。

設備をレンタルすると、自分のパソコンなどを使うことなく、マイニングをすることができます。そのため、自宅でのマイニングによる電気の消費や、機器の故障による修理を防ぐことができます。

レンタル権はギガワットトークンを保有してから50年続きますが、設備にアクセスするためにはメガビッグパワーが販売している専用機器を買う必要があります。アクセス用の専門機器は、ギガワットトークンの公式サイトから購入できます。

メガビッグパワーへのアクセス権をレンタルすることができる

ギガワットトークンを保有することで、効果的なマイニングができるようになります。しかし、仮想通貨に興味がある人すべてが、マイニングをするわけではありません。また、メガビッグパワーの設備へアクセスするためには、専門機器も必要になります。

ギガワットトークンを保有しながらマイニングに参加しない場合、メガビッグパワーへのアクセス権をレンタルすることができます。

アクセス権をレンタルするときには、ギガワットトークンの貸し出しが行われます。ギガワットトークンを保有しながらマイニングをしない人は、トークンの貸し出しにより利息を得ることができます。

アクセスできる設備はマイニングには最高の環境

メガビッグパワーの設備は、アメリカ北部のシアトル市近郊にあります。設備の付近は気温が低く、膨大な計算によるハードウェアの過熱を防ぎやすくなっています。また、設備は電気代が非常に安い場所にあるので、経費の削減が見込まれます。

メガビッグパワーの設備は、一般的な住居よりマイニングがしやすくなるよう工夫されています。ギガワットトークンを保有することで、非常に効率的な設備にオンラインでアクセスできるようになります。

Giga Watt Tokenの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2017年6月1日(CoinMarketCapで確認できるのは2017年9月3日)
  • 開始価格 : 1$(2017年6月1日)
  • 最高価格 : 6.81$(2017年9月4日)
  • 最低価格 : 0.850235$(2018年2月2日)
  • 現在価格 : 1.19$(2018年3月3日)

CoinMarketCapで価格が確認できるのは2017年9月3日からですが、実際には2017年6月1日に、ICOによってギガワットトークンの販売は始まっていました。2017年6月1日のICOでは、ギガワットトークンは1WTTあたり1$で販売が始まっています。

ギガワットトークンが仮想通貨市場で取引できるようになると、価格は大きく上昇します。2017年9月4日には、開始価格の6倍以上である、1WTTあたり6.81$を記録しています。

最高を記録してからは、ギガワットトークンの価格は下落します。しかし、2017年12月には再び価格が上昇し、3.85$を記録しています。ただ、2018年に入ると価格は再び下がり、2018年2月2日には最低の0.850235$を記録してしまいます。

現在は、開始価格より若干高い、1WTTあたり1.2$前後で取引されています。

Giga Watt Tokenの買い方・売り方・購入方法・取引所

Giga Watt Tokenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Giga Watt Tokenの将来性

ギガワットトークンの価格は、メガビッグパワーの注目度に大きく比例しています。一時期、メガビッグパワーの設備投資には大きな遅れがあり、ギガワットトークンの価格は大きく下降してしまいました。

しかし、ギガワットトークンの価格は大きな値下がりを経験しておらず、メガビッグパワーの設備投資も現在では着々と進んでいます。ギガワットトークンの価格は、今後も堅実な成長を見せる可能性があります。

Giga Watt Tokenの最近のニュース・最新情報・今後の予定

メガビッグパワーの設備構築は、若干の遅れが生じています。しかし、設備の完成は着々と進んでおり、さらなる充実が予定されています。

Giga Watt Token(ギガワットトークン/WTT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる