仮想通貨(コイン)の ATLANT(アトラント/ATL)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のATLANTの価格・時価総額・出来高

通貨名ATLANT
通貨略号ATL
公開日2017年8月31日
システム
発行上限枚数5420万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Hitbtc,Ether delta,Mercatox
公式サイト

ATLANT()のローソク足リアルタイムチャート

ATLANT(アトラント)とは?基本情報


ATLANTは、2017年11月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略称はATLです。

ATLANTプラットフォームは、ブロックチェーンテクノロジーに基づいた、次世代のグローバル不動産プラットフォームを構築しています。

従来のベンチャーキャピタルとは対照的に、ATLANTのプロダクトおよび資金調達を行うために、クラウドセールのメカニズムを利用しています。

ブロックチェーンをベースにした安全で改ざんのないシステムを使用することで、ユーザーはATLANTのプラットフォーム上で、安心して不動産の譲渡を行うことができ、ピアツーピアネットワークを利用することで、仲介業者の仲介を迂回してすることができます。

不動産は、世界で最大の資産クラスであり、最も非効率的な資産クラスでもあります。ATLANTの目標は、2017年の1兆4,000億ドルのグローバルな不動産市場217兆ドルに、より透明かつ流動的な投資と取引を可能とする方法を探求し続けることです。

ATLANTプラットフォームは、不動産を個々の小さなトークンに細分化し、そしてPTO(Property Token Offering)をサポートし、イーサリアムのスマートコントラクトに基づく分散型取引を始めとした取引所に上場することを目指しています。

ATLANTの努力は、所有権の移転を容易にし、制約を最小限に抑え、小口保有を簡単にし、税金の非効率性を改善し、国境を越えた取引を可能とし、不必要な仲買人による搾取を排除するものです。

ATLANT(アトラント)の特徴・仕組み

ATLANTは、不動産市場に特化したブロックチェーンプロジェクトです。その特徴は下記になります。

  • 保証
  • 価格発見機能
  • アクセシビリティ
  • 流動性
  • 低い手数料
  • 改ざん不可

保証

資産の所有権または賃貸契約は、ブロックチェーンテクノロジーによって保証されています。これは、改ざんできない分散された記録の保存を可能とし、その機能を提供します。

価格発見機能

不動産資産はトークン化され、自由な取引を可能とし、価格の透明性と発見機能を保証します。

アクセシビリティ

投資は分割可能なトークンで表され、ユーザーは資産保有を多様化し、適度なポートフォリオサイズで投資することを可能とします。

流動性

買い手と売り手は、資産価格を大幅に変更することなく、資産トークンを取引することができます。

低い手数料

過剰性が解消され、ユーザーはスマートコントラクトによって処理された購入取引とレンタル取引の両方で、手数料を大幅に低くすることができます。

改ざん不可

取引の決済と評価はブロックチェーン上で認証され、紛争を解消し不動産市場の効率性を改善するために、作成後に変更することはできないようになっています。

ATLANT(アトラント)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年11月2日
  • 取引開始時価格:0.415951$
  • 直近価格   :0.183522$
  • 最高値    :2.64$(2018年1月13日) 取引開始時価格の約6.3倍!!
  • 最安値    :0.130616$(2017年12月16日)

ATLANTは、2017年11月に取引が始まりました。

取引開始当初から、価格が急落し、取引開始時価格の1/3程度の価格に落ち着きます。その後、緩やかながら価格が回復し始めますが、12月16日に一時的な暴落が起こり、最安値となる0.130616$を記録します。

この暴落があるも、価格はすぐに戻し、年明けには価格が急激に上がり始めます。そして、1月13日に取引開始時価格の約6.3倍となる最高値を記録します。

その後、仮想通貨業界全体の落ち込みに合わせ、価格が下がり始め、現在まで下落基調が続いております。今後の推移には変わらず不透明感が付きまとうため、取引には注意が必要だと思われます。

ATLANT(アトラント)の買い方・売り方・購入方法・取引所

ATLANTの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Hitbtc,Ether delta,Mercatox
※ATLANTを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

ATLANT(アトラント)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

そういった中で、多様な分野での応用がすでに進められています。

ATLASも不動産業界でのブロックチェーンテクノロジーの利用を見据えたものであり、今後プラットフォームなどが具体化していくことで、この業界に大きな変革を起こす可能性もあり、非常に楽しみなプロジェクトです。

ATLANT(アトラント)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後は、プラットフォームの構築を第一に活動していく予定です。

ATLANT(アトラント/ATL)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる