仮想通貨(コイン)の Janus(ジャヌス/JNS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のJanusの価格・時価総額・出来高

通貨名Janus(ジャヌス)
通貨略号JNS
公開日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ccex
公式サイト

Janus(ジャヌス)のローソク足リアルタイムチャート

Janus(ジャヌス)とは?基本情報

Janusは、2017年1月に取引が始まった、比較的歴史の浅い仮想通になり、略号はJNSです。

Janusトークンの開発チームは、Janusトークンユーザーへのメンバーシップオプションや開発チーム予算の基礎収入を提供するために、さまざまな収益源を作り出すアプリケーションを継続的に作り出しています。

この一環で作り出されたのがJNSHashモデルであり、現在のモデルでは、仮想通貨コミュニティにJNSハッシュマイニングメンバーシップに登録するオプションを提供しています。

メンバーシップオプションは、100,000Janusトークンを所有するところから始まります。

Janusuのマイニングが、一定レベルまで成長すると、Janusトークンはハッシュパワーの代理となることができますが、このレベルに到達するまでの成長率は、2018年までの予測成長率に基づいています。

トークンをハッシュパワーに交換するのと同じように、この詳細は、このオペレーションが2018年以降に最適化したのちに、明らかにされる予定です。

Janus(ジャヌス)の特徴・仕組み

Janusのビジョンは、一般的なテクノロジープラットフォームを利用するソフトウェアとサービスの会社を作ることであり、注意深く選別されたいくつかのマーケットをターゲットにする、はっきりとしたプロジェクトを素早く実行して行く企業を目指しています。

Janusの特徴は以下になります。

  • 開発のための共通プラットフォーム
  • Ardorの利用
  • ブロックチェーンへの熱意

開発のための共通プラットフォーム

Janusの開発チームでは、アイディアの実行を確実に行っていくための、基本的なインフラストラクチャーを提供し、安全性、柔軟性、高いパフォーマンス性を持ったテクノロジープラットフォームを開発しました。

これにより、Janusの開発チームでは、プロジェクトの機能的側面の実装に注力することができ、フレームワークで扱われる基本コードの実装にリソースを費やす必要がなくなります。

Ardorの利用

Janusでは、提供されるテクノロジーの機能などからArdorを利用しています。

Ardorは、安定性が評価されており、将来のビジネスシーンの利用での大きなポテンシャルを持った、最も興味深いブロックチェーンソリューションの1つと位置付けられています。

Janusでは、Ardorの既に証明された安定性や安全性を、Janusのブロックチェーン活動の重要な基盤とみなし、Janusでのプロジェクトに利用して行く予定です。

ブロックチェーンへの熱意

Janusでは、この数年の間、ブロックチェーンに対し大きな熱意を持ってきました。

不変性やプログラム化されたお金という発想を大いに好み、ブロックチェーンの開発空間から生じるイノベーションによって、ワクワクするような新たなユースケースがどんどん提供され、革新的なアプリケーションがどんどん作られると考えています。

Janus(ジャヌス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年1月26日
  • 取引開始時価格:0.008524$
  • 直近価格   :0.032336$
  • 最高値    :1.41$(2018年1月12日)  取引開始時価格の約165倍!!
  • 最安値    :0.008524$(取引開始日)

Janusは、2017年1月に取引が始まりました。

取引開始後から緩やかに上昇していき、2017年6月には取引開始時価格の約40倍程度まで価格が上昇しました。

その後、価格が下がり、低調なまま推移するも、2017年12月と年明けの2018年1月に2度、大きく価格が上昇し、2018年1月12日には取引開始時価格の約165倍となる最高値を記録しました。

現在は、大きく価格を戻しており、ボラティリティが非常に高いため、取引には注意が必要だと思います。

Janus(ジャヌス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Janusの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ccex
※Janusを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Janus(ジャヌス)の将来性

2009年にBitcoinが登場して以来、Bitcoinのためにサトシナカモトによって開発されたブロックチェーンも徐々に認知度を上げ、現在では次の世代を担う技術として、AIなどと並び大きな注目を集めています。

ピアツーピアという非中央集権である分散型を軸とすることによって、大きな効率性を生み出し、この世界に溢れる様々な分野での非効率性を排除しうる可能性があります。

そういった中で、Janusの開発チームをまたこのブロックチェーンに大きく魅せられ、様々な開発を行なっております。

まだまだ始まったばかりのプロジェクトですが、今後のプロダクト次第では大きな注目を浴びて行くことも十分考えられ、まずはプロダクトに注目して行くと面白いと思います。

Janus(ジャヌス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

現在、ソーシャルフィンテックサイトを含む4つのサイトを構築しています。

Janus(ジャヌス/JNS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる