仮想通貨(コイン)の Espers(エスパース/ESP)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のEspersの価格・時価総額・出来高

通貨名Espers(エスパース)
通貨略号ESP
公開日2016年4月28日
システムProof of Work(HMQ1725)+Proof of Stake
発行上限枚数5000億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

coinexchange.io(コインエクスチェンジ)

Livecoin,Novaexchange,Coin exchange
公式サイト

Espers(エスパース)のローソク足リアルタイムチャート

Espers(エスパース)とは?基本情報


Espersは、2016年4月に取引が始まった仮想通貨になり、略号はESPとなります。

Espersは、ブロックチェーンを活用し、安全かつユーザーが利用しやすいメッセージウェブサイトの提供を目的としたブロックチェーンプロジェクトです。

Espersが提供する機能は以下になります。

  • ウィンドウズへの自動アップデート機能
  • 安全なメッセージング機能
  • カスタムマスターノードシステム

自動アップデート機能

現在は、OSがWindowsに限定されておりますが、今後順次拡大されていく予定です。アップデートは定期的に行われ流ようになっており、この機能も随時改良されています。

安全なメッセージング機能

プライバシーを重視し、プライバシーが侵害されているようなところに対し、積極的にこの機能を提供し、プライバシー保護を推進していこうとしています。

カスタムマスターノードシステム

Espersでは、独自仕様のマスターノードを開発しており、新しく構築された特徴に対しても容易に対応できるよう設計されています。

Espers(エスパース)の特徴・仕組み

Espersは、安全性やプライバシーに重きを置いた、メッセージング機能を提供するブロックチェーンプロジェクトです。
その特徴は以下になります。

  • ブロックチェーンテクノロジー
  • チェーン上のウェブサイト
  • 安全なメッセージング機能

ブロックチェーンテクノロジー

ブロックチェーンテクノロジーは、この世界の様々な点を変える可能性を持っており、新時代のインターネットのバックボーンになり得るものです。

ブロックチェーンテクノロジーが、まだ大きなインパクトを与えられていない場所は、ブロックチェーン上に構築されたウェブサイトです。

Espersでは、独自の方法でこの状況を変え、ブロックチェーンの恩恵をウェブの世界にも与えようとしています。

チェーン上のウェブサイト

Espersのブロックチェーンは、サイトの安全性を高いレベルで保ち続け、どんなハッカーでも踏み込めないような場所にします。また、これによってウェブサイトの安全性やセキュリティーについて新たな基準が構築されることになります。

さらにEspersのブロックチェーンテクノロジーでは、何があろうとも、利用者のウェブサイトがダウンしたり、取り除かれたりされないようにします。利用者は、自身のデータの完全なコントロール権を持ち、特筆したサーバーの速さも実現されています。

安全なメッセージング機能

Espersでは、ユーザービリティーにかかる特色を強化しています。

その特色とは、安全なメッセージング機能やマスターノード(ネットワークの健全性を保つようインセンティブ付けられている)、スムーズな同期パッチ、ブロックチェーンの縮小、ライトクライアントなどです。

Espers(エスパース)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年4月29日
  • 取引開始時価格:0.000001$
  • 直近価格   :0.000570$
  • 最高値    :0.002127$(2018年1月8日)  取引開始時価格の約2,127倍!!
  • 最安値    :0.000001$(取引開始日)

Espersは、2016年4月に取引が始まりました。

取引開始時価格は約0.000001$ととても価格が低いのが特徴です。取引開始当初から長らく、価格は低調なまま推移していました。

しかし、2017年5月ごろから大きく価格を上げ始め、6月後半には0.000877$に到達しました(取引開始時価格の877倍!!)。

その後、価格は下げ戻しますが、2017年12月、仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせ、Espersも大きく価格を上げ、年明けの1月8日には、取引開始時価格の約2,127倍となる最高値を記録しました。

現在は、市場の動きを受け、大きく下げ戻していますが、市場動向次第では、さらに最高値を更新していくことも考えられます。

Espers(エスパース)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Espersの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 coinexchange.io(コインエクスチェンジ)Livecoin,Novaexchange,Coin exchange
※Espersを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Espers(エスパース)の将来性

2009年にBitcoinが登場して以来、Bitcoinのためにサトシナカモトによって開発されったブロックチェーンも徐々に認知度を上げ、現在では次の世代を担う技術として、AIなどと並び大きな注目を集めています。

ピアツーピアという非中央集権である分散型を軸とすることによって、大きな効率性を生み出し、この世界に溢れる様々な分野での非効率性を排除しうる可能性があります。

そういった中で、Espersはウェブの世界にこの効率性を適用としており、非常に興味深いプロジェクトだと思います。

Espers(エスパース)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 2018年第1Q
    • ホワイトペーパーの公開
    • モバイルウォレットの導入
    • ライトウェイトクライアントの導入
  • 2018年第2Q
    • Xノードの実装
    • サイドチェーンの開発
    • メッセージング機能のローンチ
  • 2018年第3Q
    • チェーンアプリのローンチ
    • クロスチェーンの導入

Espers(エスパース/ESP)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる